好きな男に「酔っぱらってヤっちゃった」女の失敗談3つ

お酒を飲む人なら、1度や2度ぐらいは、ちょっと恥ずかしいことをしてしまったことがあるのではないでしょうか。その相手が女友達なら「ゴメン」で済むところですが、好きな男性だったら後悔先に立たず……。今回は、反面教師の意味も込めて、“好きな男に酔っぱらってヤっちゃった女の失敗談3つ”を紹介することにします!

1:彼をタグ付してFacebookで気持ちを告白

お酒が大好きな筆者は、毎週末のように友達と集まって一緒に飲んでいるので、周りから数々の“武勇伝”を耳にすることがあります。

まず、“好きな男に酔っぱらってヤっちゃった女の失敗談”として紹介するのは、「意中の彼をタグ付けして、Facebookで気持ちを告白してしまった」友達のエピソード。

おそらく酔っぱらったときに、その子の頭の中は、大好きな彼のことでいっぱいだったのでしょう。

彼の名前をタグ付けして、「もっと一緒にいたいのに……」とか何とか、“Like”や“Love”という言葉こそ使わなかったものの、誰が見ても彼女が彼のことが好きだとわかることを書いて投稿してしまったのです!

本人はまったく記憶がなかったのですが、彼女の友達がその投稿を見て、「うわ~! こりゃ酔っぱらって打ったな」と思って、すぐに忠告するLINEを彼女に送信。

ところが、本人は二日酔いで寝込んでいたため、忠告LINEに気付いたときは、Facebookに投稿してから相当時間が経ってしまっていたのです。

当然ながら、しっかり彼に投稿を見られてしまい「タグを外して投稿も削除してくれる?」と連絡が来て……。彼女の片想いは悲しい結果に終わってしまいました。

 

2:何度もLINE電話をかけまくり!

お次は、「酔っぱらってLINE電話をかけまくってしまった」友達の話です。

その相手は、まだ「オフィシャルに付き合おう」という話にはなっていないけれど、何度かデートを重ねて、ある程度は関係が確立されていた男性。

普段、その彼と連絡を取るときはLINEでテキストしか送らないのですが、彼からLINEの返信がなかなか来なかったので、酔った勢いで、何度も彼にLINE電話をかけてしまったのだそう。

そして、朝起きてLINEを開くと、電話をかけた通知が何個も残っていて、「やっちまったぁ~!」状態に……。

その電話の返信として、彼からLINEが入っている訳でもなく、彼女はか~なり後悔。

すぐに謝罪のLINEを送って返事が来なかったら、ますます焦ってしまうと思った彼女は、あえて時間を置いて、自分の気持ちが落ち着いた段階で、彼に「酔って何度も電話をかけてしまってゴメン」とテキストを送信。

「そんなことだろうと思ってた」と、彼が笑って済ませてくれたので事なきを得ましたが、やはり酔っぱらったときにスマホを手にしたら、危険極まりないことを覚えておきましょう。

 

3:元カレの家に押しかけちゃった!

最後は、「酔っぱらって元カレの家に押しかけちゃった」女友達の話です。

飲みが終わって友達と別れた彼女は、そのまま家に帰るはずのところを、酩酊状態だったため、こともあろうか元カレのマンションへ!

そして、彼の部屋の扉をドンドンと何度も叩いて、寝ていた彼を叩き起こしてしまったのだとか。

その過程もウロ覚えだったという彼女が、目を覚ましてビックリ!

最初、一体どこに自分がいるのか分からなかったそう。酔っぱらった彼女を追い返そうにも追い返せなかった元カレが、家に泊めてくれていたのです。

もう彼女は、ひたすら平謝りで謝るしかなくて、相当恥ずかしい思いを経験することに……。

そして、彼に未練タラタラだった彼女ですが、あまりにも恥ずかしいことをしてしまったばかりに、「完全に復縁のチャンスを潰してしまった」と悟って、この件を機に、前に進めるようになったそうです。結果オーライ!?

 

いかがでしたか!?

酔っぱらって、気になる彼に後悔するような言動をしてしまったら、自己嫌悪マックスですよね。

せっかくの恋のチャンスを潰してしまわないためにも、飲み過ぎには十分気を付けましょうね!

 


Наш нужный портал с информацией про https://vy-doctor.com.ua.
У нашей организации интересный веб сайт , он описывает в статьях про Parabolan http://dopingman.com.ua/