「男が嫌いな女」と「女が嫌いな女」特徴7個ずつ…その違いがついに判明!

「男が嫌いな女」と「女が嫌いな女」って、天と地ほどの差がありますよね……。どちらにも嫌われたくないですが、あまり「嫌われない」ことばかりに意識が行き過ぎると、どちらからも「好かれもしない」なんてことも? 今回は「男が嫌いな女」と「女が嫌いな女」の違いについて、調査していきましょう。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:周囲に嫌いな女友達いる?

みなさんは周囲に嫌いな女友達がいますか? 「いません。みんな大好き。一生みんなズッ友ですっ!」なんて人は少ないと思います。

やっぱり、個性があるかぎり、好きな友達もいれば嫌いな友達もいますよね。それでは、どんなタイプの女性が「嫌われタイプ」なのでしょうか? 男女別にその性格や特徴を探ってみましょう。

 

2:女が嫌いな女のタイプ・特徴7個

(1)褒めが公平じゃない

女友達の間では、「かわいいー」だとか「それ、いいね!」などの褒め言葉は公平に言い合わなければなりません。

たとえ圧倒的な実力差があったとしても、褒めてくれた相手のことは褒め返す必要があります。この公平な褒め合いができない女は、嫌われる傾向にあります。

(2)自意識過剰が透けて見える

また、言動に「自意識過剰」が透けて見えてしまったとき、「嫌われキャラ」が完成してしまいます。

ちょっと男性に親切にされるだけで「あの人って私のこと、好きみたいなんだよね……、困る……」と言ってみたり、「私って○○な人だからさ~」なんていう自己分析してみたり。聞かされたこっちは呆れてしまい、「どうでもいい」「知らんがな」と思うのです。

(3)みんながあえて言わないことを、私は言える!系

みんながあえて口に出して言わないようなことを、正直ぶって言っちゃうような子も、女性からは嫌われがちです。

はしたないエロ話や、明らかに誰かが傷つくように伝わる悪口などをズバッと言うと、一部の男性からは「サバサバした子だ」なんて好感をもたれることもあります。でも、女性からは総スカン。

みんながあえて言わないことには、言わないだけの理由があります。「これはいっちゃイケナイことだな」と思っているから、言わないのです。

それを、わかっていて禁を破るのであれば、相当性格が悪いですし、わかっていないのであれば、相当頭が悪いということなので、同性からは嫌われてしまいます。

(4)ブリッコ

「ブリッコは同性から嫌われる」とよく言われます。「女はブリッコが嫌い」というのは、やはり正しいのでしょうか? これは半分正解で、半分間違いです。

正しく説明すると、「女性は本気で嫌いな相手(女性)のことを、“ブリッコ”という言葉で悪口を言う」。

「あの子、男の前だとさー……」というブリッコ呼ばわり的な悪口は、暗に「人格的にウソつき、男に媚びてる女の敵なブス」ということをほのめかしているのです。

女性が「あの子はブリッコ」と言っているのを聞いたら、「その子のことが本当に嫌いなんだな」と思うようにするといいでしょう。

(5)キャラのゴリ押し

グループ内でのキャラというのは、そのグループの人たちが決めていくものです。決めるというよりは、仲良くなるにつれて、関係性から自然と決まっていきます。

自ら「前の職場では“姫”と呼ばれてたの!」とか「彼氏からは“お嬢”と呼ばれているんだ」などの発言をし、違うコミュニティでの自分キャラをゴリ押ししてくるような女は、同性から敬遠されます。

(6)写真が下手

インスタなど、SNSに写真を載せることが当たり前の現代では、女性にとって「写真の上手・下手」は死活問題。大事な場面で女友達に撮ってもらった写真がブレブレだったり、ブスに写ってたりしたら、「こいつ、わざとか?」と腹が立ち、嫌われます。

その下手さがガチだったとしても、「こいつ、なんでこんなに不器用なんだよ」と嫌われます。

現代の技術でも修正が追いつかないくらい下手だなんて、よほどのこと。心当たりのある人は気をつけてみましょう。ちょっと練習すれば、すぐに上達できますよ。

(7)「自分への悪口」を利用して、同類を傷つける

「私、本当にデブだからさ、これ以上デブったら一生彼氏できなくなっちゃう!」……という自分悪口を、もっとデブの友達がいる前で言う。

年齢パターンも多いですよね、「やだー……、明日でもう26なの。ババアすぎてもうムリ」……なんてことを30歳過ぎてる友達がいる前で言う。

気付いた誰かが、「悪気はなかったんだろうから、しかたないよ」なんて、フォローのように言うことがありますが、これは「悪気がないかもしれない人間を責めると自分が悪者になってしまう」ため。

被害者にフォローされるという最悪の自爆コンボ「もっとヒドい友達がいるのに、自分悪口を言う」女は、女から嫌われます。

 

3:男が嫌いな女のタイプ・特徴7個

(1)女子力イベントに巻き込む

スイーツデートくらいなら、甘党の男性も多いので平気かもしれませんが、ロハスデートなどになると、「ついていけない」というのが男は多数。

女子力が高いのはよくても、「自分が巻き込まれるのはまっぴらごめん」というのが、男の本音でしょう。

(2)求めていないのに断ってくる

2人組をナンパしたら、どうでもいい方が「そういうのムリなんで!」と勝手に断ってきた……という話はよく聞く話。見てもいないのに「変な目で見ないでください!」という態度をされたり……。

眼中にない相手の自意識過剰は、男がもっとも嫌う女のパターンのひとつです。

(3)イケメン好きでずっと彼氏がいない

好みのタイプは「イケメン」。ハードルが高すぎるのか、ずっと彼氏がいない……。このタイプの女も、男に嫌われがちです。せっかくこっちがイケメンと思う友達を紹介しても、「ちょっと違う……」発動で、打つ手なし。

「鏡と現実をちゃんと直視してください!」が厳しいけれど男たちの本音。

(4)ダイエット中でイライラしてる

「とにかくダイエット中の女は恐い。禁煙中の人間と同じレベルで、本人気付かないままイラついている。しかもイラついていることを指摘すると怒る」……多くの男が同意するであろう、この意見。それもそのはず、多くの女が「現在ダイエット中」であるからです。気をつけましょう。

(5)ほかの男とラブラブ

ほかの男とラブラブな女も、男が嫌うタイプのひとつ。「問題解決」が好きな男にとって、自分には関係のないノロケ話はまったく興味がわきません。

悩みがあるなら、アドバイスしたり慰めたりできますが、オチのないラブラブエピソードを聞いても、「へぇそうなんだ、で?」となるだけなのです。

(6)好きな女の敵

男は自分の大好きな女が「あの子、ムカつく! ヒドいことされた!」と言うと、それを鵜呑みにし、愚痴で言っただけのつもりの当人よりも、その相手のことが嫌いになる場合があります。

まぁ、この男の馬鹿さ加減を悪用する悪い女も多いですね。

(7)仕事に「女の武器」を持ち込む

「ちょいかわいい」くらいのレベルの女でも、彼氏にはワガママをたっぷり聞いてもらえます。しかし、それに勘違いし、自分のレベルを過大評価して、職場でも「女の武器」を駆使してワガママ放題。これは嫌われます。

男性みんなから「えこひいき」されるくらいの子になるには、男性みんなに愛嬌を振りまく必要があります。彼氏にだけ愛されているレベルでは、「なんだあいつ?」と嫌われ対象になるのが関の山です。

 

4:男に嫌われる女・女に嫌われる女の違いは?

男に嫌われる女と、女に嫌われる女の特徴を、それぞれ7個あげていきました。

男に嫌われる女は「自分に実害を及ぼす女」。女に嫌われる女は「繊細な空気が読めない女」という特徴があるように思われます。

 

女に嫌われない女であるためには、グループみんなに嫌われないよう四方八方に注意を払う必要があります。一方、対男の場合は、とりあえずその彼に嫌われないように集中すればいい……ということになります。

例えば、男女のグループの中で気になる人がいて、彼の気を引きたいときには目立つ必要がありますが、女友達からの反感を買う可能性大。

この場合は、行動に移す前に、女友達に「あの人、気になっているけど、どうしたらいいかな?」などと相談し、「好きならアプローチしたほうがいいよ!」と女友達にゴーサインを出させておく……などの根回しをしてから動くと、全体においてスムーズに好かれることができるでしょうね。