長続きしないカップルがやりがち!仲を壊す「LINEの使い方」4つ

最近の恋愛において「LINEの使い方」は、重要になってきましたよね。カップルそれぞれに、独自のLINEルールがあったりします。でも、そのルールの中には、長続きしないカップルがやりがちな、ふたりの仲を壊してしまう可能性のあるものも! みなさんは、こんなLINEの使い方、していませんか?

1:浮気の疑い&追及

「彼氏と連絡が取れない……。そういえば最近なんだか様子がおかしかったような気もするし、まさか浮気してる?」なんて妄想が膨らんでしまうことってありますよね。

でも、ふたりが離れているときに「浮気の疑い&追及LINE」を送るのはとっても危険! 相手が何をしているのか、どういう気分や状況なのかなど、はっきりしない中で急に浮気を疑われるLINEが届くんです。もし、タイミングが悪かったら、彼の怒りに触れてしまいますよね。

また、本当に浮気だったとしても、LINEのメッセージ上では、いくらでもウソがつけます。そして、そのウソを見抜くことはできません。

だから、もし、いくら怒りが沸いてきても、LINEで問い詰めず、直接彼に会えるまで我慢しましょう。

 

2:スタンプのみ

かわいくてとってもべんりな「スタンプ」。ついつい使いたくなってしまうのは分かりますが……お互い文章を打つのさえめんどうになっているサインかも。

もちろん、たまにスタンプだけの返信があったり、文章のあとにスタンプを使うのは問題ありません。でも、「何を送ってもスタンプしか返ってこない……」というのは黄色信号です。

相手への思いやりや伝えたいことが伝わらなかったり、すれ違いやケンカの原因にもなりかねません。

 

3:片方からだけ連投

彼氏からLINEの返事が来ていないにも関わらず「LINEの連投」をしてしまっていませんか? これには、相手はうんざりしちゃうかもしれません。

「後で返事をしようと思っていただけなのに、LINEが連続で来ると返事したくなくなっちゃう……」という意見も。急用でもない限り、相手からの返事をおとなしく待つのも大人のマナーですね。

また、仕事中にスタンプなど、無意味なLINEがたくさん来るのも不快だそう。マナーモードにしていても、ちょっとしたバイブの振動で集中力が途切れてしまうようです。

 

4:嫉妬させたい……

明らかに嫉妬させようとするLINE、送ってしまったことありませんか? 彼氏がかまってくれないから、自分にもっと興味をもってもらいたいからなど、理由は様々なようですが……。

LINEのメッセージでは、言葉のニュアンスまでは伝わりにくいので、勘違いやケンカに発展しがち。

わざと嫉妬させるような内容を送るのは控えたほうが無難ですよ。

 

仲をこわすLINE、いかがでしたか?

カップルによってルールや関係性は様々なので、一概には言い切れませんが、気をつけてみてくださいね。せっかくのお付き合いをLINEで失敗するなんて、もったいないですよ!

 



В интеренете нашел классный веб портал со статьями про SP Stanoject dopingman.com.ua/