【人気口紅ランキング】30代40代グロスランキング…プチプラ&ブランド

みなさんは、リップグロスを使いこなしていますか? プチプラからブランドまで、たくさんのアイテムが巷に溢れていますよね。今回は時短美容家の並木まきが「モテるリップ」を基準に選んだ、「年代別のリップグロスランキング」と「落ちないリップに仕上げるコツ」をお届けします。

1:人気口紅ランキング「リップグロス」特集

みなさんは、日々のメイクに“リップグロス”を使っていますか?

ギトギトに塗りたくったグロスメイクは流行らないけれど、少し塗れば“ちゅるん”とした唇になりますし、男子の「キスしたい!」を誘う秘策にもなります。

(1)透明リップグロス、ブランドとプチプラの違いは?

いかにも「塗りました!」なギトギト感が出てしまった時点で「アウト!」ですので、透明リップグロスが便利です。

透明なグロスは、各有名ブランドからも出ているほか、プチプラブランドにも種類が豊富!

有効成分が異なることもあるけれど「絶対に有名ブランドアイテムがいい」と言い切れるほどの大きな違いはないので、自分が“なりたい質感”が得られるグロスを選ぶのがベター!

(2)「安い」「落ちない」のほかに選ぶポイントは?

コストパフォーマンスを重視して「安さ」で選ぶのもアリだけれど、加えて“落ちにくい仕様”のアイテムを選んだほうが、デートでも重宝します。

そして、ベースに塗った口紅を活かしてくれる質感がベスト。

値段に関わらず、滲ませない仕様の透明グロスをセレクトすると安心です!

 

2:リップグロスランキング!年代別ベスト5

サンプルが提供されていない商品だったりインターネットショッピングで購入したいといった場合、「いいグロスになかなか巡り会えない!」ということも。

そこで、時短美容協会代表で時短美容家の並木まきが、年代別のリップグロスランキングをお届けします。

独断と偏見で選びまくりのランキングですが、お買い物に役立てていただければ幸いです!

(1)30代プチプラTOP5

5位.セザンヌ『ジェルグロスリップ』

ベタつかずに潤いをプラスしてくれるセザンの『ジェルグロスリップ』。程よい着色でみずみずしいリップを演出してくれる存在。

ひと塗りでしっかり潤うので、デート中の時短お直しにも役立ちます!

4位.ケイト『カラーエナメルグロス』

ケイトの『カラーエナメルグロス』は、艶やかな発色が特徴。

塗るだけで立体感のあるリップを狙えるので、デートメイクにピッタリ。

ブルー系カラーが展開されていたりと、カラーバリエーションが豊富なのも、自分に合った色味を選びやすく便利です。

3位.キャンメイク『ボリュームアップレディグロス』

潤いもぷっくり感も絶妙なキャンメイクの『ボリュームアップレディグロス』。

保湿成分がたっぷり入っているのが特徴で、ひと塗りでプルプルに仕上がります。

ブルー系とピンク系が展開されているので、その日のメイクに合わせて“なりたい顔”に仕上げて。

2位.ヴィセ『ヴィセ アヴァン オイルイン リップティント』

いかにも「塗りました!」感にならず、自然な発色に仕上がるのがヴィセの『ヴィセ アヴァン オイルイン リップティント』。

軽いナチュラルな“ちゅるんリップ”になり、オイルが配合されているので、潤いが持続しやすいのがポイント。

1位.ボンボン『ティントグロス』

塗ってからしばらくすると、ほのかに発色してくれるティント系のグロスは、仕事メイクにもプライベートメイクにも大重宝。

ボンボンの『ティントグロス』は、ほどよい潤いでツヤツヤリップを長時間キープしてくれるので、私も絶賛愛用中です。

定価1,000円以下と超プチプラなのに、この実力は超優秀!

(2)30代ブランドグロスTOP3

続いては、30代女子にぴったりの“ブランド系グロス”をご紹介します。

5位.マキアージュ『ウオータリールージュ』

マキアージュの『ウオータリールージュ』は、唇を表面から“染めて”色づくので、自然な色みが美しい仕上がり。

ウォーターベースで、サラッとした仕上がりなのに、ベタつかずみずみずしいリップに。

4位.RMK『リップジェリーグロス』

プルプルな唇になれる濃密なジェルが特徴のRMK『リップジェリーグロス』は、厚みのあるリップに仕上げたい日にぴったり。

唇に吸い付くようなジェルの質感がセクシーリップを演出してくれます。

3位.ディオール『ディオール アディクト グロス』

カラー展開が豊富で、ファッションやその日のメイクに合わせてセレクトしやすいディオールの『ディオール アディクト グロス』。

軽いテクスチャなのにしっかりとした輝きを持続してくれるので、デートメイクにも最適です。

2位.THREE『シマリングリップ ジャム』

ゴージャスなのにナチュラルなツヤ感を演出してくれる軽いテクスチャのTHREE『シマリングリップ ジャム』は、潤いが持続するからデートにもオススメ!

塗るだけで立体感アップが狙え、オトナなリップに仕上がります。

1位.クラランス『コンフォート リップオイル』

私も長く愛用しているクラランスの『コンフォート リップオイル』。とにかくツヤ感が絶妙!

ひと塗りで“ちゅるんリップ”に仕上がるのに、落ちにくいのも優秀すぎます。

(3)40代プチプラ

5位.ビューティマインズ『オイルケアティント』

美容液のような質感が40代の唇を優しくサポートしてくれるビューティマインズの『オイルケアティント』。

ティントタイプなので、唇そのものが色づいているような仕上がりで、ナチュラルな“ちゅるんリップ”に仕上がります。

4位.ベビーピンク『ベビーピンクプラス リップグロス』

ベビーピンクの『ベビーピンクプラス リップグロス』は、繊細なラメ入り。加齢によって痩せてきた40代リップをゴージャスに変身させてくれる嬉しいグロスです。

サラサラの使い心地なので、デイリー使いに重宝です。

3位.インテグレート『ジューシーバームグロス』

透け感のある発色がナチュラルな仕上がりになるインテグレートの『ジューシーバームグロス』。

40代らしく落ち着いた旬リップに仕上げてくれる存在です。

2位.ボンボン『ティントグロス』

リップバーム成分が配合されているので、カサつきやすい40代の唇も瞬時に潤いリップへと導いてくれる優れものがボンボンの『ティントグロス』。

落ち着いたカラー展開なので、ナチュラルに盛れます。

1位.フローフシ『LIP38℃ リップトリートメント』

まるで体温が38度に上がったかのような唇感を目指せるのが、フローフシの『LIP38℃ リップトリートメント』。

肌の常在菌に働きかける乳酸菌を配合し、自ら潤い続けるリップをサポート、唇にお悩みを抱えやすい40代のリップを「育てる」ような使い心地です。

(4)40代ブランド

5位.ディオール『ディオール アディクト グロス』

ディオールの『ディオール アディクト グロス』はロングランアイテムですが、リニューアルを経て、より一層“今っぽいグロス”に。

ゴージャスなパッケージなのにカジュアルに使えるので、40代の普段使いに最適な質感です。

4位.クラランス『コンフォート リップオイル』

自然なツヤ感を演出したい40代女性に最適なのが、クラランスの『コンフォート リップオイル』です。

オイルなのにベタつかず、サラリとした仕上がりなので、美容液として使うのもアリ。

私も使っていますが、本来の唇がぷっくりしたかのような錯覚に陥るほど、優秀なオイルリップです!

3位.ランコム『ラプソリュ グロス』

まず驚くのは、全18色という豊富なカラー展開!

メイクやファッション、肌の色みに合わせて自由に選べるのは、40代女性に嬉しいポイントです。

「とろめくリップ」のキャッチフレーズ通りに、ひと塗りでゴージャスなリップに仕上がるので、40代にふさわしいオトナな唇が簡単に手に入ります。

2位.THREE『シマリングリップ ジャム』

ナチュラルな輝きを加えてくれるTHREEの『シマリングリップ ジャム』は、40代の唇をみずみずしく仕上げてくれるアイテム。

発色が穏やかなので、わざとらしくない“ちゅるんリップ”が叶います。

1位.ディオール『ディオール アディクト リップ マキシマイザー』

コラーゲン生成をサポートする成分を配合しているので「加齢とともに唇が痩せてきた……」とお悩みの40代女性のリップを内側からもケアできるアイテム。

透明なので、メイクのテイストを問わずに使えるのも魅力です。

 

3.グロス「落ちない方法」ちょっとしたコツ3つ

グロスを使った日にいちばん気になるのが「落ちにくくするにはどうしたら……?」ですよね。

食事をしたり飲み物を飲んだりすると、やっぱりグロスって落ちやすい……。

そこで、グロスを落ちにくくするちょっとしたコツを3つご紹介します。

(1)コンシーラーで輪郭をとる

唇の輪郭をコンシーラーで塗っておくと、グロスがせき止められて落ちにくくなる効果が。

肌色に近いコンシーラーで、自然な輪郭を描いてください。

(2)下地を使う

唇専用の下地を塗ってからリップグロス使うだけでも“モチ”がよくなります。

ひと手間をめんどうがらないことが、長持ちリップをつくるコツに。

(3) グロスの上からトップコートをオン

口紅の上にグロスを塗って、さらにその上からトップコートをオン。

3層重ねることになりますが、最近のリップ用トップコートは軽い質感のものも増えているので、重くならずに長持ちさせることができます。

 

4.透明リップグロスの使い方「基本にちょい足しテク」3つ

最後に、透明リップグロスをもっとかわいく活用するべく、“日頃のメイクへのちょい足しテク”についてお話しします。

(1)透明リップグロスはプチプラでいい?

透明リップグロスは、プチプラから高級アイテムまで幅広くあります。でも、ご自身の唇に合うならプチプラでも全く問題ありません。

ただし「値段の差は有効成分の差」ということも多々アリ。購入前に成分をチェックして選ぶと安心です。

(2)「ラメ入り」の活用法

年齢に伴って唇が痩せてきたり血色が悪くなったりしている女性は、“ラメ入り”をチョイス。光を味方にするのもテクニックのひとつです。

ただし、ギラギラの大粒ラメは幼稚っぽくダサくなるので、繊細なラメが入っているグロスのセレクトが鉄則です!

(3)保湿ケアをしてからグロスをオン

ガサガサのリップにそのままグロスをオンしても、ヨレたり滲みやすかったりします。荒れがひどいときにはハチミツやオイルで保湿ケアをしてからグロスをオンしてみて。

これだけでもモチが断然よくなることも多いのです。

 

うるツヤの輝くリップは、モテリップにも。みなさんもお気に入りのグロスで、自分史上最高にかわいい唇をゲットしちゃってください!