本当は追いかけたいけど…「やっぱやめた!」となる男の理由3つ

ひと昔前は、「意中の女性に何度断られても諦めることなくアプローチを続けて、相手のハートを射止めた」なんて話をよく耳にしていたように思います。ところが最近は、そんなエピソードを聞かなくなったような気が……。そこで今回は、“追いかけたいけど……チェイスをやめちゃった男の理由3つ”について語ってみることにします!
  • Evernoteに保存
Broken heart difficult love concept. Sad unhappy couple woman and man holding paper red heart fixed with plaster bandage. Rift in relations.

1:ストーカー呼ばわりされたくないから

筆者には、毎週末一緒に飲んでいる外国人の男友達が多数いるのですが、彼らに「最近、追いかけるのをすぐに諦めてしまう男が増えたように思う」と言うと、「そりゃ、ストーカー呼ばわりされたくないからな」との返事が!

男にしてみたら、“ストーカー”のレッテルを貼られてしまったら、かなりのイメージダウンですよね。

ちょっとLINEを多めに送っただけで、すぐに“ストーカー”呼ばわれりされてしまうこのご時世。「好きだから追いかけたいのに、追いかけられない……」というジレンマに陥り、チェイスを諦めてしまうこともあるのだとか。

なんだか悲しい話ですが、「彼に追いかけられているのかな」と感じて悪い気がしないのであれば、ある程度は女性のほうから受け入れる態度を見せて、彼を“鼻先に人参をぶら下げられた馬”状態にする必要もありそうです。

 

2:SNSなどで悪い噂を立てられたら困るから

そして、今の時代はSNSというコワ~い存在があるため、男性は積極的に女性を追いかけられなくっているようです。

共通の友達でつながっているSNSでは、たとえ匿名であっても、「この人のことを言っているんだろうな……」と予想がついてしまうし、そういった噂話などはアっという間に拡散されてしまいますよね。

筆者の男友達に、LINEをやり取りしていた女性とのLINEトークを本人スクショされFacebookに投稿された人がいます。

名前などはモザイクがかけられていましたが、ふたりを知っている人は”彼”が誰だか簡単に予測がつきます。プライベートな会話をSNSで暴露されて、「女とLINEでトークするのが怖くなった」とその彼が言っていたと耳にしました。

SNSの出現も、男性が女性を追いかけにくくしてしまったようです。

 

3:出会い系アプリで次の相手をゲット!

「ストーカー呼ばわりされたり、SNSでふたりの関係をブチ撒かれるぐらいなら、次の新しい相手を見つけた方がマシ」と、男が思ってもしかたがないかもしれません。

とくに最近は、出会い系アプリなどで簡単に異性とトークを楽しむこともできるし、デートに出かけてエッチすることだってさほど難しくなくなりました。

そうなれば、ひとりの女性を追いかけ続けて時間とエネルギーを無駄にするよりも、「次に行っちゃえ!」という状態に……。

とはいえ、簡単にゲットできた相手に本気になれる確率は低く、すぐに関係がポシャってしまいやすいです。

残念なことですが、現代におけるテクノロジーの進歩やモラルの変化により、男女が本気の恋をしにくい状況に追い込まれているように感じます。

 

いかがでしたか!?

男性が、女性を追いかけることにためらいを感じるようになったのならば、女性側にも意識の改革が必要かもしれません。

「いかに男性を上手に追いかけされられるか」が、恋愛の明暗を分けるといっても過言ではありません。その辺のテクニックを強化させるように努めてみてはどうでしょうか。