「一生忘れられない女性」になるには?「忘れられない恋」から学ぶ!

せっかく付き合った相手ですから、別れたあとも、何かの拍子に思い出してくれるくらいには相手の心に残っていたいと思いませんか? 「自分だけが彼のことを忘れれらない」というのもちょっとしゃくですよね。そこで、今回は彼の忘れられない女になる方法を検証してみたいと思います。小悪魔女子と男性たちの意見が盛りだくさんです!

1:彼の「忘れられない女性」になりたいッ!

(1)「忘れられない恋」ってありますか?

あなたには「忘れられない恋」ってありますか? 年齢とともに恋愛経験を重ねていれば、ひとりくらいは「あぁ、いい恋だったなぁ」と心に浮かんでくる相手がいるのではないでしょうか。

そんな風に思える男性と恋愛ができたことは幸福でしょう。

(2)「忘れられない女性」になるためには?

あなたの「忘れられない恋」の相手にとって、あなたは「忘れられない女性」でしょうか。もしそうなら、ちょっと嬉しく感じますよね。

男性の中にも必ず「忘れられない女」が存在します。ではそんな女性になるためにはどんな行動をすればいいのでしょうか?

 

2:「一生忘れられない女」になる方法10個

小悪魔女子たちに、相手の「一生忘れられない女」になるための方法を聞いてみました。

(1)彼氏の「ファースト」になる

「彼氏の“ファースト”をたくさん奪うことじゃないですかね? たとえば、彼氏が彼女と一緒に温泉旅行に行ったことがないって聞いたら、それを実行するための計画を立てるんです。

なんでも初めてのときって印象が残りやすいから、そういうのをたくさん彼の中に作っていけば、いろんなときに思い出してもらえる女になると思います」(Iさん/29歳)

(2)自分の欲望よりも「彼の幸せ」を願う

「やっぱり、史上最強の女っていったら聖母マリアじゃないですか? これだけたくさんの男性に愛されてる女性はいないと思いますよ。だから、聖母マリアのように振る舞えばいいんですよ! 彼の幸せをとにかく願ってあげるんです」(Hさん/28歳)

(3)無邪気な反応

「元カレで、今でもたまに“やっぱりお前がいちばんだったわー”って言ってくる男がいるんですけど、その人曰く、私が色んなことに無邪気に反応してたのが印象に残ってるんだそうですよ。

そう言われてみると、とりあえず彼の前ではなんにでも大げさに反応してたし、なんでもすごく嬉しいって言ってた気がします(笑)」(Yさん/27歳)

(4)「初めて」がいっぱい

「よく言われていることですけど、男って“初めて”が好きって言うじゃないですか? だから、それも実践してますね。本当は初めてじゃなくても“こんなに美味しいお店初めて”とか“こんなオシャレなバー初めてだから緊張するよー”とか言っておくんです」(Yさん/27歳)

(5)おねだりを多めに

「私は特に年上だったり、自分より稼いでいる彼の場合は、おねだりも多めにしますね。男って、お金をかけた女のことは絶対に忘れないから。もちろん、すごく高級なモノをたくさんねだったりしたらめんどうなだけなので、気軽に買ってもらえる程度のモノにするんですけどね。

あと、何かしらの理由をつけておねだりすると、思い出に残りやすいかなって思います」(Iさん/29歳)

(6)大きなサプライズをする

「男性から女性にサプライズでプレゼントとかはあるけど、その逆ってあんまりないのかなぁって思ってて。私はある程度長く付き合った相手だったら、自分からも結構高めのサプライズプレゼントをしますね。それもちょっといいお店で、お店の人と打ち合わせとかして。

サプライズってやっぱり印象には残るし、まったく同じことってできないから、一生忘れられなくなると思います」(Nさん/30歳)

(7)彼のすべてを受け入れる

「男の人に、“この子は俺の全部を受け止めてくれるな”って思わせたら勝ちだと思うんですよね。だから、彼がたとえちょっと変わったことをしていても……たとえば、変わった趣味とか嗜好を持っていても受け入れることは重要です。ほかの女性が受けいれられないようなことなら、なおさらGOOD!」(Hさん/28歳)

(8)自分のことをカミングアウトする

「自分のことをカミングアウトした相手って、自分にとっても特別ですけど、相手にとっても特別な女になってるみたいです。特にちょっと普通じゃ言いにくい過去のこととかを言った相手だと、私のこと結構今でも心配してくれて、連絡くれたりしますね」(Mさん/29歳)

(9)彼を「叱る」

「叱るってことをしっかりできると、男性によっては“この人はほかの人とはちょっと違うぞ”って思ってもらえると思うんですよね。だから、彼が本当にダメなことをしてるときとかは躊躇なく叱ることにしてます。

大事なのは、感情的に“怒る”んではなくて、理性的に“叱る”ってことでしょうね。モラルに反することとかって大人になると誰も叱ってくれないものですから」(Nさん/30歳)

(10)自分ルールを適用する

「自分ルールって誰でも持ってると思うんですけど、そのルールを彼氏には適用しちゃっていいと思うんですよ。それが浸透すると、別れてからも彼の中でそのルールがしばらくは続くでしょ? で、新しい彼女ができたときに“あれ?このルールって……あぁ、○○のルールかぁ”って。

たとえば、“部屋に上がるときは靴下脱がせる”とかってルールを適用した相手は、3回目くらいからラブホにいっても靴下脱ぐようになってて(笑)。でもほかの人といるときにそれやったらちょっと変になるだろうから、ある意味、私色に染まってるなぁって」(Mさん/29歳)

 

3:男子に聞いた!「ずっと忘れられない女性」の特徴5つ

では男性たちに「ずっと忘れられない女性」について聞いてみましょう。

(1)優しすぎる

「俺の中の忘れられない彼女は、3年くらい前に付き合ってた子なんだけど、とにかく優しかったんですよ! でも、当時はそれを当たり前だと勘違いして振っちゃって。正直後悔してます。何をしても許してくれるし、甘えさせてくれるし、ご飯作ってくれるし……」(Eさん/28歳)

(2)振り回してくる

「いい意味かどうかは微妙だけど、忘れられない彼女にはすごく振り回された思い出がたくさんありますね。デートには毎回のように遅刻してくるし、泊まりの予定をいきなり前日の夜中にぶっこんで来るし。

毎回デートでも連れまわされて大変だったけど、今思うと楽しんでたんですかね? よく思い出すから」(Sさん/28歳)

(3)ケンカが多い

「超ケンカをいっぱいした彼女のことをすごくよく覚えてます。我が強くて、意地っ張りで、どちらも引くことを知らないから、とにかくずっとケンカしてるんですよ(笑)。でも、そのぶん、本心を全部お互いにぶつけ合えてたのかもしれませんね。

ケンカするほど仲がいいって言葉は本当かもしれないです。今の彼女とかケンカになりそうになるとすぐに謝ってきて、ちょっと物足りない感じですもん」(Kさん/30歳)

(4)記念日がたくさん

「記念日をとにかくたくさん作ってくる元カノがいたんですよ。何でもかんでも“記念日ね!”って言うんです。付き合いだした日はもちろんだけど、初めてキスした記念日、初めてエッチした記念日、初めて僕の家に泊まった記念日って……。

しかも彼女それを全部手帳とかに書いてるのか、覚えてて、1年後に“今日は何の記念日かわかる?”って聞いてくるんですよ!

あるとき聞かれて全然検討がつかなくて“わかんない”って言ったら、“私がM君にあだ名つけた記念日だよ!”って言われて、“わかんねーよ(笑)”って。でも、楽しかったなぁ」(Mさん/26歳)

(5)禁煙させてくれた

「俺が今タバコ吸わないでいられるのは、ある女性のおかげなんです。それ以前に付き合った彼女も結構たばこのニオイがつくのとかイヤがってたんだけど、“タバコやめて”って言われてもやめられなくて。

でもその女性だけは、俺が本当に禁煙できるようにすごく色々調べてくれて、効果のありそうなことは一緒に試そうって買ってきてくれたりとか。なんかその姿を見てたら、“あぁ、この子のためにやめたいな”って思って。

正直タバコ吸ってたのはただの習慣だから、やめられて本当に感謝してます。彼女のことは一生忘れないでしょうね」(Hさん/33歳)

 

4:別れ方がポイント?「忘れられない女」との別れエピソード3つ

こんな風に忘れられないイイ女と付き合っていたのに、どうして別れちゃったのでしょうか? その別れのエピソードを聞いてみました。

(1)嘘に気づいて、自ら身を引いた彼女

「僕、実は彼女にウソついて女の子がいる飲み会とかに行ってたんです。騙すつもりはなかったんだけど、言うと彼女がイヤがるのわかってて。でも彼女はすごく勘が鋭いし、記憶力もバツグンだったから、どこかで僕のウソに気付いてたんでしょうね。

ある日突然、“ごめんね。信じたかったけど、ウソつく人とは付き合っていられないから別れましょう”って言われちゃいました」(Mさん/26歳)

(2)いつものケンカだと思っていたら…?

「すごくケンカの多い相手だったんですけど、ある日いつものように口ゲンカをしていたら、彼女がいきなり泣き出して、“ごめん、もう無理だ”って。“何が無理なの?”って聞いたら、“○○君にはなんでも話せてたけど、疲れちゃった”って言われて。

もう彼女の心は決まってたみたいで、そのままお別れになっちゃいました」(Kさん/30歳)

(3)ある日突然家が空っぽに……

「さっき話した“禁煙させてくれた彼女”なんですけど、別れ方も忘れられない感じでした。同棲をしてたんですけど、ある日仕事を終えて家に帰ってみたら家の中から彼女のモノが全部なくなってて、リビングの机の上に“ごめんなさい。実家に帰ります”って手紙が。

その日の朝も普通に“行ってきます”“行ってらっしゃい”って言ってたのに、最初本当に信じられなくて。電話しても携帯も解約してるみたいだし、しばらくは心が空っぽになったみたいになりましたね」(Hさん/33歳)

 

5:「忘れられない女」との連絡・復縁エピソード3つ

忘れられない女なら、そのあとも、なんとかして連絡を取ってくるのではないでしょうか? そんな風に頑張った男性たちに話を聞けました。

(1)結婚前に思い切って連絡

「友達から、彼女が結婚するって話を聞いたんです。僕、ずっと彼女のこと引きずってたから、とにかく今連絡しないと一生後悔するって思って、友達を通して連絡先を伝えてもらいました。

そしたら、その子が連絡くれたんです。結婚する前に話せてよかったなぁって。今は友達として相談とかには乗ってます」(Eさん/28歳)

(2)虎視眈々と復縁を狙って2年後に……

「俺は本当に忘れられない元カノと2年越しで復縁しましたよ。彼女の動向をずっとSNSとかで見てて、彼女が彼氏と別れたっていうタイミングで知らないフリして“久しぶりだね!最近どう?”とか連絡送って。

正直一歩間違えたらストーカーだから、怖がられないようにだけは気をつけました(笑)」(Oさん/28歳)

(3)SNSで弱っているところを見せて…

「別れてからもSNSとかは繋がってたので、ちょっとSNSで弱気な発言を続けてみたんです。彼女優しいから相談に乗る連絡とかくれないかなぁって思って。そしたら案の定、LINEで“大丈夫?”って連絡くれて。まだ復縁はしていませんけど、友達くらいの仲には戻れました」(Wさん/26歳)

 

6:彼氏に読ませちゃダメ?「忘れられない男になる」方法

最後に、逆バージョンで忘れられない男になる人ってどんな人なのかを紹介します。

(1)彼女一筋をアピールする

女性はとにかく、自分だけを見てくれる相手には弱いものです。今まで付き合った彼氏の中で、「この人は“一生私しか知らなくてもいい”って言ってくれそうだな」と思った相手なら、きっとあなたの心にしっかりと残っているはず。

ちょっと物足りなくて別れを選ぶこともあるかもしれませんが、浮気を考えるような男性と付き合ったときには思い出してしまいそうですよね。

(2)「本当の優しさ」を提供する

もうひとつの「忘れられない男」の特徴は、本当の意味で優しい彼です。よく女性が「どんなタイプが好み?」と聞かれると「優しい人」と答えますが、この優しいの基準は人それぞれ。

相手が自分にピッタリ合っていて、さらにほかの男性が気が付かない小さなところまで考えてくれる相手なら、きっとあなたの心に一生残るはずです。

 

一生忘れられない相手って、「その人と恋愛できただけで幸せ」と思えますよね。彼氏の「一生忘れられない相手」になれるように努力してみては?