サバサバ系女子がモテる!その特徴10個とサバサバLINEを覗き見

みなさんの周りに、モテるサバサバ系女子はいますか? 「まさに自分がサバサバ系です!」という女子も少なくないかもしれません。しかし、世間にはニセモノのサバサバ女子もいるのですッ。本物とニセモノの境界線やいかに!?  今回はサバサバ系女子の特徴とLINEの共通点を見ていきます!

1:「サバサバしている」の意味・語源は?

一般的に「サバサバしている女子はステキ!」「サバサバ系女子って、カッコいい!」などと言われます。けれど、そもそも「サバサバ」って、どんな意味なのでしょうか。

意外と本当の意味を知らずに使っているという人も多いのでは?

そこで、まずは「サバサバ」の意味をおさらい!

「さば-さば」[副](スル)

気分がすっきりするさま。さわやかになるさま。「みんな焼けてしまって、かえってさばさば(と)した」

物事にこだわらず、あっさりしているさま。さばけているさま。「さばさばした性格」(出典:デジタル大辞泉・小学館)

例文が「焼けてしまってさばさば」と、想像するとスゴい内容なのはさておき、あっさり系だったりウジウジと細かくなかったりする様が「さばさば」ということのようですね。

ちなみに、語源については「魚のサバから来ている?」「“さばけている”から派生している?」など諸説ありますが、定かではありません。

 

2:サバサバ女子とはどんな女子?その10の特徴

さて、ここから本題に入っていきましょう。

「サバサバ女子はモテる!」と言われることも多いものの、実際にどんな特徴を持つ女子が“サバサバ女子”なのか、気になります。

世に言われる“サバサバ女子”とは、いったいどんな女子を指すのでしょうか?

10の典型的特徴を見ていきましょう。

(1)細かいことにはこだわらない

サバサバ女子は、細かいことにネチネチとこだわることはありません。

何か問題が起きても、爽やかに解決してこそのサバサバ女子なのです。

(2)あっさりしている

サバサバ女子たちには、ねちっこさやウジウジした雰囲気は皆無です。

常にあっさりとしたイメージの言動で、周囲を爽やかな気持ちにさせてくれるのです。

(3)他人の悪口を言わない

サバサバ女子は他人の悪口が嫌いで、誰かを悪く言って自分をアゲるような姑息なことはしません。

他人の悪口を言う女子って、それだけで粘着質に見えますよね。サバサバ女子の対極です!

(4)愚痴を言わない

悪口と同じくらい周りがイヤな気分になるのが、“愚痴”。

サバサバ女子は愚痴を言うことも、妬みや嫉妬など、ネガティブな感情を表に出すことはありません。

(5)いい意味で中性的

サバサバ女子は、いい意味で中性的な魅力を持っている人が多いのも特徴。「“女”を武器にして他者を操ろう」などとはこれっぽっちも考えていません。

女を武器にすることが、どれだけドロドロしたイメージを醸し出すのか、サバサバ女子たちは無意識にでも知っているのかもしれませんね。

(6)発言がわかりやすい

サバサバ女子は、イミフで哲学的な発言をしたり、含みをもたせた嫌味を言ったりすることがありません。発言が常にわかりやすくサッパリしているのも特徴です。

また、「誰にでもわかる発言」を心がけているので、ネチネチした会話は好みません。

(7)LINEもあっさり

サバサバ女子は、一般的な女子が送りがちな重々しい長文LINEを送ることもなく、あっさりしたやりとりを好みます。

重くてドロドロしたメッセージを送ると、途端にネチっこい雰囲気を醸し出すことを、サバサバ女子は本能で知っているのかもしれません。

(8)ウジウジ悩まない

サバサバ女子たちは、ウジウジと悩まない性格。

決断も早く、ダラダラと「ああでもない」「こうでもない」などと思い詰めることはありません。

周囲から見ていても、その素早い決断力が気持ちよく感じるほどです。

(9)他人を詮索しない

サバサバ女子は、いい意味で周りへの関心が薄いのか、詮索好きもいません。

「自分は自分。他人は他人」という割り切りにも長けていて、相手が嫌がるような詮索話で周りを困らせることもナシ!

(10)性格が明るい

サバサバ女子は、とにかく明るい性格の持ち主も多く、“陰”のイメージはゼロ。

太陽のように明るいキャラクターで周りを和ませます。

サバサバ女子は、いい意味で太陽のように周りを優しく照らす温かさも持ち合わせているのです。

 

こんな風にサバサバ女子は、よく勘違いされがちな「ガサツ」や「不愛想」とはまったく違う魅力を持ち合わせている存在です。

ガサツや無愛想な女子は、モテを逃すことがあるけれど、ホンモノのサバサバ女子たちには、内面からにじみ出るサバサバ感があることが、人気の秘密なのですね!

 

3:サバサバ女子のLINEの特徴3つ

正真正銘のサバサバ女子たちは、LINEにもその特徴が出ています。

対面だとサバサバしているけれどLINEは重い……なんていうのは、ニセモノのサバサバ女子がやること。

では、ホンモノのサバサバ女子たちのLINEには、どんな特徴があるのでしょうか!?

(1)男子が興味のない“自己アピール”はゼロ

サバサバ女子は、男子が返答に困るような「自分通信」を送ることはありません。

一方的に日記やポエム調のLINEを送りつけても、男子たちにはこれっぽっちも響かないことを、サバサバ女子たちは本能的に知っているのかも!

男子が返答しやすい爽やかな会話が特徴です。

(2)基本的に短文

サバサバ女子たちのLINEは、基本的に“短文”。

「言うべきことを送る以外に、ムダな会話は一切しない」という潔さを感じさせるLINEが主流です。

「多くを語らずして心地よいコミュニケーションを繰り返す」のが、サバサバ女子のLINEです。

(3)自分のことを語らない

サバサバ女子のLINEは、必要なことだけしか書いていないので、結果として自分のことを語らずにミステリアスな魅力を醸し出すことにも。

「ミステリアスな女子はモテる」傾向にありますから、サバサバ女子たちは意図せずしてモテるLINE術を使っているとも言えそう!

モテるための要素がLINEにも潜んでいるというわけですね。

 

4:それニセモノ!粘着質な「自称サバサバ女子」の言動5つ

一方、本人的には“サバサバ女子”になっているつもりでも、周りから見ると「ニセモノだよね」ということもあります。

では、そんなニセモノサバサバ女子の特徴って……?

(1)「だろ?」「お前」などの男っぽい言葉遣いを多用する

「やっぱ焼肉だろ?」「お前が悪いんじゃんかー」など、まるで男子のような言葉遣いを多用している女子は、サバサバではなく単に「言葉遣いがなっていない女子」です。

本人は「私って女の子なのに、こんなに中性的なサバけた言葉を使うの!」なつもりかもしれませんが、単にガサツで女子らしさゼロ。モテの面からもマイナスです。

(2)やたらに毒を吐く

誰かの文句を言ったり物事への不満を漏らしたりする毒吐きなタイプも、「カン違い系サバサバアピール」の典型です。

タラタラと毒を吐いている女子は、本人的には「私ってば言いたいことをちゃんと伝えるサバサバ女子なの!」なつもりかもしれませんが、周りからするとただのうっとおしい性格に。

毒舌な女子がイコールでサバサバ女子というわけではありませんからね。

(3)「私って男っぽいから」と自分で言っちゃう

サバサバ女子だと思ってもらいたくて「ほら。私って、男っぽいからさぁ~」などと、みずからサバサバ女子だと公言したがる女子もいます。でも、これも周囲からはカン違い系にカテゴライズされます。

「サバサバ」って自ら名乗るものではなく、周囲が評価を下すべき部分ですから、自ら「私ってサバサバしてるでしょ?」なアピールをしても、「ウンウン。そうだよね~」なんて同調してもらえるどころか、反感を買うこともありますよね。

(4)個性的な言動を好む

自称サバサバ女子の中には、敢えて周りとは違う行動をして注目されたがったり、周りが言わないような発言をしたりして“サバけた自分”を印象付けたがったりする人もいます。

しかしこちらも、単に「不思議ちゃん的なアピール」が強すぎる事態となってしまい、「彼女、さばけてるよね~」と思われるよりも「彼女、変わってるよね~」の評価がくだされがちです。

とっても残念なカン違い系ですね!

(5)「私ってサバサバ系だからさー」と自己申告しちゃう

聞かれてもないのに、会話の端々に「私って、サバサバ系だからさ~」と自己申告するタイプの女子も、結果として「むしろネチネチなのでは?」と思われがちです。

「私って、みんなから“サバサバしてる”って言われるんだよね~」「私の性格ってマジでサバサバだから、こんな感じでごめんね!」など、やたらに“サバサバ”をアピールしたがっている姿そのものが、むしろ“ネチネチ”な粘着質に見えやすいですよね。

「サバサバした自分に見てもらいたい」という願望が強すぎると、そこに執着していることが周りにバレバレです。

なんとも残念な特徴ですね!

 

ぶっちゃけた話、サバサバ系の女子は男子たちからかなりモテます。

ですので、「サバサバ系」女子になりたいと思っている「ガサツ」寄りの女子が大量発生してしまう実態も、「モテたい願望」がある以上、ムリはありません。

他方、ホンモノの「サバサバ系女子」には、自分が「サバサバ系」と呼ばれることに対してネガティブなイメージを抱いている人もいます。でも、実際にはそれってステキな褒め言葉なわけです。もっと自信を持って欲しいものです!

モテるサバサバ系とは、ガサツでも無愛想でもない“ホンモノのサバサバ女子”です。

サバサバ系を制してモテを総なめにしたい女子は、ニセモノのサバサバ女子ではなく、ホンモノのサバサバ言動を心がけてみてください。

 

サバサバ女子のモテスキンケア?|PR

ご紹介している通り「サバサバ系女子=男っぽい」ではなく、サバサバ系女子とは、女子としてのツボもちゃんと押さえている人。サバサバが単なる“ガサツ”に見えないよう、スキンケアだってシンプルでしっかりしていることがポイント。

「でも敏感肌だから難しい」と思っている人におすすめなのが『saeru(サエル)』シリーズです。

ポーラ・オルビスグループの敏感肌のためのブランド『ディセンシア』から生まれたシリーズは、敏感肌では満足できなかった透明感のある肌を導きます。

肌がゆらぎやすい・肌がくすみやすい・合うスキンケアが見つからない方は、まず『サエル トライアルセット』でその実力を試してみては?

今ならお得な限定価格でライン使いできるのも魅力です。周りから「肌きれいになった?」の言葉をもらいたい人はぜひ試してみてくださいね。

 

 

【参考】

【恋愛診断】「サバサバ系女子」LINEの特徴からモテテクを学ぶ – Dangdep!