彼氏の態度が冷たくて寂しい!そっけない態度は「別れたいサイン」なのか

「彼氏の態度がそっけない~!」そんなときあなたはどう思いますか? ただ忙しいだけ? それとも……。そんな女子達のお悩みに答えるべく、「そっけない彼氏の態度は果たして別れたいサインなのかどうか?」について検証していきましょう!

1:彼氏の冷たい態度は別れたいサイン?

「急に彼氏のLINEがそっけなくなった」「なんだかデート中もスマホばっかりで冷たい……」そんなとき、あなたはどんなことを思いますか?

「これはもしかして私に冷めちゃったのかな?」なんていうネガティブな感情を持ちがちではないでしょうか。

だけれど必ずしも、そのそっけない態度は「別れたいサイン」ではないようです。

 

2:そっけない彼氏があなたに冷たい理由5つ

なぜ彼氏はそっけない態度をとるの!? 彼があなたに冷たい理由を5つご紹介しましょう。

(1)単純に忙しいから

これはLINEなどで彼氏が冷たい!と思ったときに、疑ったほうがいいいちばんの内容です。

そっけないと捉えられる文面は、実は「●●をしながら」あなたに連絡している可能性があります。女子からしてみれば「じゃあ、あとでLINEするねって言ってくれればいいのに!」と思いがちですが、LINEのやりとりの中で「とりあえずなんか返しとかなきゃ!」という気持ちが働く男子は多いようですよ。

忙しいときはどうしてもLINEが適当になりがち。

それがイヤならば、あなたから「忙しいなら返信落ち着いてからでいいよ!」と声をかけてあげるといいかもしれませんね。

(2)返信する内容じゃないから

これもLINEでのやりとりの中で返信が来ないときに疑ったほうがいいでしょう。

あなたが彼に送った文面を読み返してみてください。

付き合う前のカップルなら「LINEで駆け引き」をすることがあっても、付き合っている場合に男子は生産性のない内容を嫌います。

「返事を返さなくていいや」と思う内容には返信しないのです。

それが結果として彼女から「そっけない」と捉えられてしまう原因かもしれませんね。

LINE好き女子が返信が欲しいのであれば、返信をもらえるような疑問形“?”の文章を送りましょう。

ただし、彼氏がLINEをあまりしないタイプかもしれないので、そこらへんはしっかりリサーチして。

(3)ほかに好きな子ができたから

これはいちばん避けたい理由ですね……。

いきなりデートをキャンセルされたり、デートしても会話が続かず、そっけなくなった場合、下記(4)にもリンクしますが、彼が“振られ待ち”もしくは“振るタイミングを見計らっている”可能性があります。

特に“振るタイミングを見計らっている”という場合は女の影がある可能性も。

あなたよりも好きな女子が現れてしまった場合、彼は意識しなくても自然にあなたに対しての態度が変わってしまうのです。最低ですね!

(4)振られ待ちしているから

そう、彼氏がそっけない理由……それは彼からの“振られ待ち”のサインかもしれません。

ガーン、ショック……ですが、このパターンは意外と多いのです。

「なんだか最近私たち上手くいってないよね?」という彼女の言葉をきっかけに

「そうだね。なんだか仕事が忙しくって……」

「そうなんだね。前みたいに遊ぶ時間も減ったもんね」

「うん、これからもあまり会えないかもしれない」

などなど、会話のラリーの中でタイミングを見て彼女から別れを切り出してもらおうという作戦です。

「振るくらいなら嫌いになってもらう!」という彼なりの優しさ!? どっちにしろ辛いですね。

(5)考え事をしているから

あなたに冷めたわけではなく、ほかに悩み事だったり考え事をしていて、あなたとの会話が頭に入ってこないというケースです。

こんなときは彼に話しかけてもどことなくぼ~っとしていたり、話していた内容をすぐに忘れたり……。

「何かあったの?」と優しく声をかけてあげるといいかもしれませんね。

 

3:そっけない彼氏のLINEの本音3パターン

「彼氏がそっけない!」そう感じるのってデート中はもちろんですが、LINEで感じることも多いですよね。

だけれどそれを「別れのサイン」と捉えてしまうのは早すぎかも!

女子の感じる彼氏からのそっけないLINEについて、「冷めてるのではなく、●●なだけ!」というものを3パターンご紹介しましょう。

(1)「おけー」「了解」などの短文

前までは「おっけい! じゃあ16時に東口で! 雨降ってるから気をつけてきてね~」なんて優しい言葉付きで返信があったのに!

なんて思う女子が多いのもこのパターン。

単純に忙しいか、関係値が出来た状態で、用件を伝えているだけです。

本来LINEは駆け引きのためにあるものではなく、ただの連絡ツール。

付き合う前までは「LINE」を使ってあなたによく思われたい!と思っていた彼も関係値ができたと感じたらLINEは「恋の駆け引きツール」から「連絡ツール」に変わるのです。

(2)内容読み返して~!

スタンプで送ったら返信がない! 今まではあったのに!という女子も多いはず。

これも上記同様、関係値ができた状態で無意味なLINEのやりとりを嫌う男子が多いからだといえます。

返信がない!と嘆くのならば、「返信しなければいけないな」と思ってもらえるような文面をあなたが考えるべきです。

スタンプを送っての既読無視は決してあなたに対して、冷めたわけではありません。

(3)悩み相談はLINEじゃダメ!

思わず送ってしまった「悩み相談」。

けれど、そっけなく返されてしまいます。

昔だったら長文でアドバイスをくれたのに……と寂しくなってしまう女子も多いかもしれませんが、ここでもあくまでLINEは「連絡ツール」。

長文を送る時間があるなら、会って話を聞こうと考えているのです。

 

4:冷たい彼氏の態度に「寂しい」と上手に伝える方法4つ

彼氏が冷たいとき、そのまま放置していて自分だけ悩んでいるだけでは解決につながりません。なぜ彼が冷たくなったのを聞かなくてはいけませんよね。

そんなとき上手に「寂しい」を伝える方法を見ていきましょう。

(1)気遣いを見せた「会いたい」を

彼が冷たいときに遠出や旅行などのアクティブなデートを提案するのはNG。

出来るだけゆっくりとしたデートの提案をします。

「最近疲れてるみたいだけど、ご飯作って持っていこうか?」など、さりげなく気遣いを見せたうえで「会いたい」を伝えます。

もし、それで彼との約束ができたら何気なく「最近疲れてるけど、どうしたの?」と理由を聞いたうえで「最近なんだか寂しくて~……」と伝えると彼を気遣いつつ、自分の気持ちを伝えることができます。

(2)ストレートに「最近寂しいの」

まわりくどい伝え方はせずに、ド直球ストレートで伝える方法です。

「なんだか最近寂しい~! そっけないけど、なんかあった?」と、ストレートに伝えます。

まわりくどく、ぐだぐだと愚痴を言ったり、彼の様子を見ながらあなたのほうが冷たくあしらってみるようなメンドクサイ駆け引きを嫌う男子は多いですよね。

寂しいなら寂しい!と彼に直接面と向かって伝えるのがいちばんです。

(3)自分の行動を振り返り「ごめんね」

自分の行動を振り返り、「もしかしてわたしのあれが原因かも」という心当たりはある人は「寂しい」を伝える前に、まず謝ることが大事です。

「もしかして私が●●しちゃったこと、怒ってるのかな。あのときはちゃんといえなくてごめんなさい」と素直に謝りましょう。

そのうえで、もしそれが原因だった、もしくは「気にしていないよ」と言われたとしてもその後「寂しい」を、スムーズに伝えやすいですよね。

(4)友達と遊んでいるけど……

これは女友達からしたら“あざとい女子代表”が使うテクですが、「ももちゃんと●●にきたよ~!」などと楽しんでいることを伝えながら、「でもやっぱり●●君がいないと寂しいな~」ということを伝える方法です。

あざとい女子が使っているテクニック、女子同士で恋愛映画などを見た後、すぐに彼氏に電話する女子がいますよね。

女子には嫌われがちですが、「一緒に居ないときでも俺のことを考えてくれている!」とテンションの上がる男子は多いようですよ。

なんとなく女友達にはしたくないですが……。

 

どうでしたか?

今回はとことん「彼氏の冷たい態度は別れたいサインかどうか」について見ていきました。

「そっけない=別れのサイン」とすぐに判断せず、まずは彼の気持ちを探ることから。

ひとりで悩まず、「寂しい」を伝えられるようにしましょう。

 



Был найден мной полезный портал , он рассказывает про Гонадотропин.