【画像で解説】「イケメン彼氏×ブス彼女」はなぜ多い?でわかるイケメン攻略法

「美男は美女のみとカップルになる」。そんな世の中筆者は嫌いです。そしてこの世の中は幸いにも、「美男が必ずしも美女を選ぶわけではない」という事がわかっています。誰もが認める”イケメン”が、正直なところ美女とは言えない女性とお付き合いすることだって大いにありえるのです。そこで今回は、イケメン彼氏が顔だけで彼女を選ばないケースについて徹底調査しました。

1:イケメン彼氏が欲しい?「彼氏はイケメンがいい」人の真実

(1)イケメン彼氏にはブス彼女が多い謎……

街を歩いていて、

「あれ、彼はカッコいいけど彼女はそれほどでもないな……」

なんて、本人に聞こえたらぶん殴られそうなことを思ったことはありませんか?しかもそれは1度や2度ではなかったりするものです。

でもよくよく考えてみると、”イケメン”だからといって”いい男”であるとは限りません。顔だけよくても中身がね……という場合、まったくモテないことだってあるのです。

それとは逆に

「顔だけよければなんでもいい!」

という、いわゆる「面食い」な女性がいるのもまた事実。そんなふたりが出逢えば、見た目的には若干不釣合いなカップルが成立してもまったく不思議ではありませんよね。

(2)「釣り合わないかも」という不安は正しい?

彼がどれだけ”イケメン”であっても、彼が自分に夢中であると常に実感できれば、「不釣り合いかな?」なんて疑問はまったく浮かんでこないはず。

人間の魅力は当然顔だけではありません。総合的な価値で見れば、お互いを愛し合える程に互いに魅力を感じているということにほかならないのです。

 

2:【画像で解説】イケメン彼氏×ブス彼女が多い理由

(1)イケメンと並ぶからブスに見える

「単体でなら十分可愛いのに、イケメンと並ぶから不美人に見えてしまう」というケース。この場合、彼女も実は可愛いので普通に彼のタイプである可能性が高いです。

「この子が彼女なら、私にもチャンスがあるかもしれない!」

なんて意気込んで手を出すと痛い目にあいそうです。

(2)自分にないものを求める

自分が恵まれた容姿をもって生まれてきたからといって、相手にも同じものを求めるとは限りません。

容姿ですべてを許される人生を送ってきたがゆえに、ほかの部分がおろそかになってしまっていたりするケースもあり、そこを埋めてくれたり、指摘してくれたりする女性に恋心を抱く場合も大いにあるものです。

また、「それまでさんざん美女とお付き合いしてきたが、彼女達のわがままぶりに疲れ果ててしまった」なんてケースも考えられますね。

(3)女性側が成功者

若いイケメンとのカップルで意外と存在するのが年上成功者彼女。筆者がかつて通っていた美容室のイケメンスタイリストは、当美容室の代表であった女性とお付き合いをしていました。

女性側が成功者であると、それだけで大きな魅力となりうるようです。

(4)男性のスペックが低い

「顔はいいけど、そのほかのスペックが望ましくなくモテなかった」という男性のパターン。

美女たちが「寄っては来るけどすぐに消えてしまう」ので、必然的に美女以外も視野に入ってきます。

「顔だけよければ全部許せる!」という場合は、もっともイケメンとお付き合いできる近道のようです。

(5)彼女がポッチャリしている

美人だったとしても、ポッチャリしているがゆえに美人であることよりも体型に目がいってしまう女性がいます。

でもこのケースは実は美男美女同士のケース。ぽっちゃり好きな男性が多いのは言わずもがなですよね。

(6)女は女に厳しい

芸能人同士の恋愛でもよく見かけますが、人気のイケメン俳優に恋愛スクープが出ると、

「ブスのくせに調子のんな!」

といった書き込みが女性側のツイッターになされます。

でも多くの場合、その女性側も当然美しい。彼を奪われた感でいっぱいになってしまうと、目の前のものが正しく見えなくなってしまうようです。

(7)センスが抜群にいい

ファッション業界に「見た目的には男性の方が上だな」と感じるカップルが多いのは気のせいでしょうか? 美容師然りです。

この手のカップルは、強烈な美意識を共有していることが多く、それらは”容姿”といった端的なものではなく、身の回りにあるあらゆることのベクトルを指します。

「このシャツのボタンかわいくない?」

「この靴の革、すごくいい色だね」

など、一般人なら気にもとめないようなディテールへの思いすら共有しています。

ここまで来ると、ほかの人では到底かなわない絆が生み出され、不釣合いさなど屁でもありません。

(8)幼なじみ、あるいは同郷

こちらはイケメン、イケメンでない関係なく起こりえる、見た目的にはアンバランスと言えるカップルの誕生ルートです。

幼なじみというだけではなく、地元愛が強い男性の場合、同じ県出身者の女性にやたらと親しみを感じるというケースがあるようです。

いくら周囲の東京ガールズが彼を狙っていても、彼は見向きもしないことでしょう。

 

3:それでも…イケメン彼氏が欲しい!イケメンの捕まえ方3

(1)スペックを一切無視する

どうしてもイケメンと付き合いたい!という場合にもっとも可能性が高いのが、「低スペックのイケメンを狙い撃ちにする」こと。

「学生時代には見向きもされなかったイケメンから、就職後数年して告白される」なんてことも夢ではありません。

イケメンの成功者となると、芸能人クラスがわんさかよってきますが、年齢を重ねたただのイケメンはあまりモテないのです。

 

(2)ヅラでもいいよ。顔以外の要素は全てOK

顔はいいんだけど、髪がない。ダサい。そいういうイケメン男性を、年齢を重ねると同時にポロポロお見かけするようになります。

私は素晴らしいDNAが欲しい!だからイケメンと結婚するのだ!という固い意志を持っている場合、彼の顔がいいことには違いありませんのでお勧めです。

また「背が低い」というのもなかなかモテ難い要素のよう。筆者の知人で顔はジャニーズ系なのですが身長が150cm代という男性がおり、二枚目というよりも三枚目として名を馳せていました。

(3)性格の良さであらゆる女性に勝つ

自分の努力でどうにでもできるのがこれ。壮大な目標があれば、自分の性格を大工事することぐらいいとわないのが私たち女性ではありませんか。

美女がいくらいい子を気取ったって、腹の中では

「ブスは私の足元にも及ばない」

と思っているはず。

心の底から美しい女性には、知れば知るほど惹かれていくものなのです。

(4)見せ方をとことんマスターする

女性の美しさは、メイクという最強の道具を持って完結します。この部分を意外にも軽視している女性が多いのです。

メイクひとつで、少なくとも1.5倍は可愛くなれるわけですから、極めない手はありません。

パーソナルカラーの診断を受け、自分に似合うものを知るだけでも大きなステップです。実際に赤い口紅など難しいアイテムも、パーソナルカラーに沿った選び方をするだけで、美人を作るアイテムに早変わりします。

生まれ持った要素だけで勝負する必要なんてないのです。

 

4:イメージが大事!? イケメン彼氏の画像集3

(1)イケメンと感じる顔は人それぞれ

「わかる、わかるよー。カッコいいのはわかる。でも全然キスしたくない!」

という男性に出会ったことはありませんか?

人にはそれぞれストライクな顔が存在します。一般的にはイケメンの部類に入らなくとも、やたらキスしてみたいと感じる相手ならそれでOK。

要は相性が肝心ということですね。

(2)イケメンとして育っているかどうかが肝心!

「美人は作られる」という言葉あるように、イケメンであるために重要なその”雰囲気”はやはり作られるもの。

「あの人って、顔はいいんだけど何かがダメすぎるよね~」

と言われてしまう男性の多くは、イケメンとして育てられていないケース。

女を見る目があり、ステキな女性とお付き合いをしてきた男性は、元の容姿を超えて、魅力的に映るものなのです。

(3)やっぱり大好き!セクシーイケメン

かつて勤務していた証券会社に、超イケメン、しかも自らもイケメンであることを熟知している敏腕トレーダーTさんがいました。

当然彼に対する女性たちの視線はギラギラとしており、彼の近くを通るときは声をかけられた時のために発声練習をしておくほど(ちょっと大げさですが)。

筆者の同僚女性は

「Tさんに壁に押し付けられたら(当時は壁ドンという言葉がなかった)もうすべてお任せするしかない」

と言っていました。

容姿のよさと、アプローチもしていない相手を落としてしまう程のセクシーさを備えたTさん。無敵です。

 

いかがでしたか? あなたが美人でもそうでなくても、イケメン彼氏をゲットするチャンスはなきにしもあらずです。

でも、いくら顔がいくらよくても、女性からモテるにはその他の要素が必要です。むしろ「その他の要素が顔に滲み出して初めて本当の意味での”イケメン”になる」と言っても過言ではありません。

女性の好みは大変複雑で難しいものですね。あなただけの「イケメン」は意外と近くにいるかもしれませんよ!

 



Узнайте про авторитетный сайт со статьями про http://www.progressive.com.kz/.