「バツイチ子持ち」の再婚ってどうなの?悩みがスッと楽になる!

世の中の変化に伴って、どんどん増加傾向にあるバツイチ女子。「子どももいるけど、恋愛していいのかな……やっぱりダメかな……」と悩んでしまうこともたくさんありますよね! 今回は恋愛心理カウンセラーで占い師でもある筆者が、バツイチ子持ちの再婚についてアドバイスいたします。

1:バツイチ子持ちだけど……再婚してもいいでしょうか?

(1)「バツイチ子持ち女性」でも恋愛していい?

バツイチ子持ち女性の場合、「再婚してもいいかどうか」というより、「そもそも恋愛してもいいかどうか」に悩むことが多いようです。

バツイチ女性といっても様々で、もともと恋愛に対してポジティブに動ける人であったのか、そうでないのかによっても考え方や結果に大きな差が出てしまうかも。

バツイチ子持ち女性でも、もちろん恋愛はしていいものです。

ただ既にひとりではないので、今まで以上に相手を慎重に選ぶ必要性があるのは言うまでもないこと。

ひとりのときは、自分が満足できる相手であればよかったのかもしれませんが、子持ち女性であればそうはいきません。

恋愛によって、子供に心理的な負担を強いないよう、配慮しつつの恋が求められるでしょう。

(2)「バツイチ子持ち男性」との結婚で幸せになれる?

バツイチ子持ち女性と、バツイチ子持ち男性との再婚は、現代では推奨されている向きもあるカップルです。

結婚相談や出会いパーティーでも、バツイチ子持ち同士に限られたものも開催されており、お互い子供を連れての相手探しも行われています。

同じ立場同士だからといって、必ずしも幸せになれるとは限りませんが、お互いが一度結婚を破綻させている者同士、相手に配慮できる可能性が高いのはメリット。

またお互いに子供がいる状態なので、急に父親になった、急に母親になった……という状態を避けられるのも、ひとつのメリットです。

もちろん、メリットだけで恋愛や結婚、幸せは決められないので、最終的には相手の人柄を見てということになりますが、バツイチ子持ち同士というところに一定の可能性があるのも確かです。

 

2:「バツイチ子持ち女性」が恋したとき

(1)また結婚……。再婚に悩んだら

「また結婚するのってどうなの?」。そんな気持ちも浮かんでしまうかもしれません。

正直なところ、前回までの結婚で、ダメになったときや裏切られたときの苦しさや大変さは、イヤというほど味わっているのです。

またツライ思いをするくらいなら再婚なんて、恋愛なんてしないほうがいいんじゃないの?と正直考えます。

再婚に悩んだら、相手の出方を見るべきです。

「バツイチ子持ち女性の再婚が安定するかしないかは、相手の気持ちひとつにかかっている」と言っても過言ではないからです。

(2)「付き合う」のも躊躇する?

再婚どころか、付き合うか、付き合わないかという段階でためらってしまうこともあるでしょう。

大体、バツイチ子持ち女性は、独身子ナシの女性に比べて圧倒的に多忙です。

自分のための時間は一切ないのに、仕事とお金、子供の世話だけで手一杯であることが多いもの。

そのうえ、彼氏なんて……と考える女性がたくさんいます。

(3)「彼氏」と呼んでいいのだろうか……

お付き合いする相手に対して、「彼氏と呼んでいいの?」という気持ちもあります。

子供もいて彼氏もいるなんて、なんかオカシイ……そんな倫理観が存在しているのかもしれません。

しかし、子供もいて彼氏もいて……は、さらに夫もいる子持ち不倫妻に比べたら、まったくおかしくはないですよね!

(4)「出会い」はあるものなの?

「恋愛はしたいんだけど、出会いがないよ!」という女性もいらっしゃるでしょう。

もう1度結婚を……と考えて婚活を始めても、バツイチ子持ちというだけで敬遠されることも少なくないはず。出会いなんてないのでは?……と思ってしまいかねません。

ただ、バツイチ子持ち女性は、「結婚のことばかり考えてせっついてくる青臭女子はもうイヤだ!」と考えている男性たちに、かなりの人気を誇っているのも確かです。

自分が離婚に至った経緯をもう1度見つめ直し、自分を改革していくことと同時進行で、バツイチ子持ちに強い相談所やイベントを利用していくのもオススメです。

(5)彼氏と子供の板挟みになる

バツイチ子持ち女性、最大の悩みとも言えるのがここ。

子供は言わずもがなワガママなものですし、そもそも大人の手を借りなければ生活ができません。

母親からしても、子供はいちばん大切なものですから、何としてでも守りたいと思っているもの。

しかし、男だって子供並にワガママなこともあります。

ふたつの要求が食い違ってしまったとき、板挟みになるのはほとんどの場合、女性です。

(6)デートに行けない

彼氏がごく普通の会社員だった場合、お休みは土曜日か日曜日でしょう。

しかし、子供は当然、幼稚園や学校が土日はお休みになりますので、お母さんはデートには行けません。

平日も、仕事が終わったらすぐに保育園や、学童に迎えに行かなくてはならない日々が続いているバツイチ子持ち女性にとって、デートをするヒマはなかなかないのです。

(7)自分に彼はもったいないと思ってしまう

相手にとっては初婚で、もっと若い女性を選ぶという選択肢があるのですから、自分なんて……と自己卑下したくなる気持ちを持ちやすくなるというデメリットもあります。

バツイチや子持ちであることは、恋愛市場での価値観でいえば不利にあたることは間違いありません。

だからといって、「それでいい」と言ってくれる相手ならいいと思うのですが、やっぱり悩んでしまう。

(8)でもやっぱり恋したいと揺れ動いてしまう

「彼にはもっといい女性との出会いがあるのではないか……」と思いつつも、自分だってまだ若い、恋したい、と気持ちは揺れ動きます。

恋には年齢制限がなく、バツイチどころか最近では熟年の恋も増えています。

恋したい気持ちがあるなら、その相手を探すのは、悪いことではないのですよ!

 

3:「バツイチ子持ち男性」と再婚したい?

(1)養育費が気になる?

バツイチ子持ち男性は、自分で子供を養育していない場合、養育費を元妻(子供)に支払っていることがあります。

これは難しい問題でいちがいには言えませんが、「支払っていないこともあります」むしろ「支払わない人も多いです」というところに注目してみてください。

月額何万円にもなる養育費を支払えば、当然経済的には圧迫されます。

新しい妻との間に子供ができても、養育費がなくなるわけではありませんから、生活費は少なくなります。

しかし、それは子供をつくった父親の責任とも言えるでしょう。

養育費をきちんと支払う倫理観を持っている男性

バツイチ子持ち女性の立場になってみれば、子供を育てながら自分の稼ぎだけでじゅうぶんに生活していくことは非常に難しいのです。

一方で、養育費を支払わない男性が多くいます。それは自分の子供を困窮させても知らんぷりをしていられる男性であるということを意味します。

離婚してでも養育費をきちんと支払うような倫理観を持っている男性であれば、新しい妻との間にできた子供に対する責任感もしっかりしていることが推測されます。

一方で、離婚し、元妻のもとに子供がいるのに養育費を払っていないのなら、子供に対する責任感の薄い人であるという疑いをかけられてもしかたありません。

とはいえ離婚には元妻に責任がある場合など色々な事情があるので、支払っている、いないだけではいちがいに言えないのも難しいところですね。

(2)相手の心理が知りたい

バツイチ子持ち男性は、再婚についてどう考えているのでしょうか。

バツイチ子持ちの男性も女性も、1度婚姻歴があるということで、自分は独身(初婚)男女の恋愛対象としてふさわしくはないのではないか……という思いをいつも持ち続けています。

何も自分じゃなくても、養育費をよその女に払ったりしていない、もっと条件のいい男はいっぱいいる。

バツイチ子持ち男性はそんな気持ちのもと、恋愛を自粛していることが多いのも現実です。もし雰囲気がよくなっても、

「他の人を選んだほうがいい」

と断ってくる男性もいるでしょう。

もしそんな相手を振り向かせたいのなら、女性の側に、

「あなたと一緒でなければ幸せになれない。他の人ではイヤ! どうしても振り向いて!」

とアプローチする勇気が必要になってくるでしょう。

(3)もしバツイチ子持ち男性と再婚したら?

バツイチ子持ち男性と再婚したら、どのような将来が予想されるでしょうか。

男性が養育費を支払っている場合、かなり多いのが金銭的な問題です。

新しい妻との間に子供ができ、お金が必要になり、共働きで苦労することもあります。

妻の側が、夫の元妻に支払う金額をパートで稼ぎ出すことに不満を覚え、ケンカが増えたケースも多々あります。これは女性の側の覚悟が試されるケースです。

一方、子連れ男性と結婚した場合には、「子供との関係」がネックになります。

子供は、反抗と切っても切れない存在です。年齢がいくつであっても、本当の母親であるかないかに関わらず、家族に反抗してくる時がやってくるでしょう。

それは今かも知れず、10年後かもしれませんが、そのときに子供を受け入れられる覚悟を求められるのが、子連れ男性との再婚であると覚えておきましょう。

 

4:「バツイチ子持ち」だと再婚は難しいの?

(1)お断りされることも多い

1度は付き合った相手でも、バツイチ子持ちであることを理由にお断りされることもたくさんあります。

主には、子供との関係であったり、子育てをしているためにデートができず相手に不満を感じさせてしまった場合。

さらに、相手の家族や親から反対されて……ということも多いでしょう。

(2)がっつくほど失敗

バツイチ子持ちの場合、女性は「子供に父親を!」、また男性であっても「子供に母親を!」と必死の思いで婚活をしていることが多いもの。

しかし、失敗してしまう。

それは、恋愛のロマンスを完全に飛ばして、単なる父親探し、母親探しになってしまっているためかもしれません。

もちろん結婚したら、子供の親にならなくてはいけないのですが、それ以上にロマンスを感じられる相手でなくては、親になることもできません。

相手だって、最初は恋やロマンスを求めているのであって、“子供の親になりたい”わけではないのです。

再婚を望むなら、相手と心つながる恋愛関係を築くことを優先させましょう。

(3)バツイチ子持ちを探している人も!

恋愛に対して一歩引いた姿勢を見せることのできる、バツイチ子持ちを探している人もいます。

独身女性で、妙齢ともなれば、結婚したい結婚したいと、相手を愛することよりも結婚式を挙げることを目的にしているケースも多いでしょう。

それに疲れてしまった男性などは、結婚を急がず、むしろ「私なんて選ばれる価値は本当はないんだけど……」くらいに謙虚な姿勢を持っている、バツイチ子持ち女性を魅力的に感じる傾向もあります。

男性にとっては、いちばんイクメン的な手助けを求められる赤ちゃんの育児をしなくても、かわいい子供が手に入るというちょっとしたメリットもあるようです。

必ずしもバツイチ子持ちだからといって再婚を悲観することは決してないでしょう。

 

5:バツイチ子持ちと結婚して後悔したエピソード

(1)家計が火の車

バツイチ子持ち男性と再婚した女性のお話です。

この男性は前妻との間にふたりの子供がおり、高額とは言えないお給料の中から養育費もきちんと支払っていて、再婚した女性も養育費に関しては了承していました。

しかし、再婚後、女性に妊娠が発覚。

女性にとって初めての妊娠でしたが、男性にとっては初めての子供というわけではなく、女性は

(きっとほとんど感動もしていないんだろうな。それにこれからお金がかかるのに養育費なんて……)

とカツカツの預金通帳にため息ばかり。

了承して結婚したはずが、マタニティブルーもあいまって、非常に厳しい妊娠期を過ごすことになってしまったそうです。

(2)反抗期にグサリ

バツイチ子持ち女性と結婚した男性。

妻の連れ子も幼少期はよく懐いていて、本当の子供として育てたつもりではありましたが……。

思春期になり、反抗期が訪れたころ、父親として対応した男性に対し

「本当の父親じゃないくせに!」

と言ってはいけないひと言を……。

これには女性が激怒。やがて反抗期も過ぎていきましたが、やはり心に痛い言葉を浴びせられたことはショックとして残ってしまいますね。

(3)前妻とのメールのやりとり……

バツイチ子持ち男性と結婚した女性のパターンです。

前妻に養育費を支払うばかりか、学業のことや進路など、子供のことで前妻とメールのやりとりがある男性に始終イライラしっぱなしの状況が続いてしまいました。

後妻から見れば、元カノと連絡を取り続けるのと同じことですから、心穏やかではありません。

よりを戻されてしまうのでは。それどころか、既に関係があるのではないか……と疑いばかりで平穏な日はなかなか訪れなかったようです。

 

6:「バツイチ子持ち」で再婚したい人へ……占い師からアドバイス

(1)大事なものを見失わないで

恋は人を動揺させます。

だからこそ、恋したとき、再婚したいと焦っているようなときには、自分にとって大事なものは何なのかを見失わないようにしましょう。

お子さんを連れているバツイチさんであれば、いちばん大事なものといえば子供であることが多いでしょう。

それだけ見失わなければ、自分のすべきことはおのずから見えてきます。

(2)結婚はあとからついてくる

恋愛を楽しむのはまったく問題ありません。

むしろ、再婚のことを考えるよりも、恋愛を楽しむことのほうを優先してしまうことをオススメします。

お付き合いの向こうには結婚がある……とは限りません。

そして、楽しいお付き合いができない相手と、結婚したいと思ったり、その女性の子供まで含めて受け入れたいと思ったりはしないものです。

(3)そのままのあなたでいい

再婚のために媚びたり、子供を後回しにして彼氏に尽くしたり。

いい再婚のためには、そのようなことは必要ありません。そうしなければ再婚してくれない男と、頑張って再婚しても先は見えていると思いませんか?

そのままのあなたでいい。

そのままのあなたを好きになってくれる人を探すために、“そのまま”とは何か? を追求することはやめないでいきたいですね!

 

私だって結婚できる!おすすめ婚活サービス3選|PR

バツイチ子持ちで再婚は、人によっては難しい条件かもしれません。しかし、そんなことを気にしていたら始まらない! バツイチ子持ちで素敵な再婚を果たした人は、世の中にいっぱいいるはずです。

「そんな素敵な男性一体どこに?」という人には、まずは婚活サービスを使ってみることをおすすめします。真面目に結婚相手を探す女性の強い味方! あなたにぴったりの男性がきっと見つかるはずです♡

(1)ズバット結婚サービス比較

結婚相談所の資料を最大10社送ってくれる『』は、1分で完了する登録で出てきた結婚相談所の候補から、自分の興味のある相談所の資料だけを送ってもらえます。

結婚相談所の特徴も明示してくれているから、資料請求するときから自分に合いそうな相談所を選べるのがうれしいところ。効率よく婚活を進めたいと思っている人にぴったりと言えそうです。

(2)ブライダルネット

』は結婚したいと思える人との出会いをサポートしてくれる婚活サイト。結婚するための条件や希望も大事だけど、その前に「結婚を前提とした恋愛をしたい」をかなえてくれる婚活サービスです。

よくある女性無料のマッチングサイトと違い、男女同料金だから、真剣な出会いを求めている人だけが入会しているのがポイントです。

(3)婚活・結婚おうえんネット

結婚相談所といっても「たくさんあってどれを選べばいいかわからない!」という人のために、その人に合った結婚相談所の資料を送ってくれるのが『』。

本気の婚活に興味があるけど、いきなり結婚相談所の門戸をたたくのは気が引けるという人は、まずは資料を見比べてみるのがおすすめ。

年齢など自分の属性・状況に応じた結婚相談所の資料だけが届くから、自分に合う婚活サポートをしてくれる相談所が選べます。