「ごめん、寝てた〜」男に毎度嘘をつかれる女の特徴3つ

好きな彼にLINEを送ったのに、一向に返信がこない……。世の中には一途に追われる子とそうでない子が存在します。その不公平さを痛感させられる瞬間ですね。やっと彼から返信が来たと思ったら、「ごめん寝てた〜」。いやいや、何十時間寝てるの!? と思わずつっこみたくもなるバレバレの嘘。今回は「男に毎度嘘をつかれる女の特徴」をご紹介します。

1:100%俺のこと好きじゃん

好きになってしまったら、もう恋の駆け引きなんてできない! LINEはすぐに返信してしまうし、彼に「予定が空いてる」と言われたら最優先。そんな、まっすぐな女の子はついつい甘く見られてしまいがち。

「この子は一生俺のことが好き」だと思わせてしまうからです。この安堵感は悪い方向に行くと、『都合の良い女』になりかねない、とっても危険な行為なのです。

程よい距離感を保つことが、恋の勝利法です。大好きな気持ちを少しだけおさえて今の彼に接してみてください。

我慢したからって、何かが減るわけではありません。恋愛で大事なのはふたりのバランスです。自分だけが辛い想いをする恋愛なんて、する必要ないのですから。

 

2:「彼がすべて」の重たい女

「仕事もつまらない。趣味もない。休みの日はベッドから起き上がらない」「生き甲斐は彼だけ」という、人生の楽しみや日常生活の癒しが彼だけという場合、度を超えると「重たい女」と化します。

もちろんそれは相手にも伝わりますからね。居心地がよいわけありません。同じように彼も疲れているわけで、ストレスだったり、心の空白を埋める別の方法を見直す必要があります。

自分の気持ちにだけ正直に生きていると、それは癖のように身に沁みついてしまいます。

彼を自分だけのものにしたい気持ちから、コントロールしようしても、それは不可能なのです。変えられるのは自分だけですからね。

少し彼の気持ちも考慮するだけで、いつの間にか自分自身が幸せになれているもの。

 

3:平凡すぎてつまらない女

毎日繰り返しの生活に、トキメキや刺激を与えてくれるのが恋愛。誰だって、予想不可なシチュエーションに胸を躍らせます。

何もかもが一般的で、代わり映えのない女の子は卒業しましょう。彼に嫌われるのが怖くて臆病になってしまい、自分自身を封印してしまってはもったいないですからね。

せっかく、好きだと思える人に出会えたのならなおさらです。

「自分を守ることに必死になりすぎるつまらない女」は、彼のオンリーワンから遠ざかるばかり。少し変だって、おかしくたって、いいんです! それで離れていくような男なら、この先一緒にいても幸せになんてなれません。そんな男なら、捨てちゃいましょう。

本当に一緒にいるべき人は、絶対にいなくなりませんからね。

 

いかがでしたか?

嘘をつく男なんて最低です。しかし、対策はいくらだってあるのです。彼を責める前に、まずは自分を変えてみましょう!