「こんな恋するはずじゃなかった…」彼氏に本気になれない本当の理由3つ

付き合ってはいるけど、好きかわからなくてモヤモヤしている女子のみなさん。「こんな恋をするはずじゃなかったのに…」なんて思うこともしばしば。でも、嫌いになったわけでもないから別れることもできない、そんな解決方法の見つからない恋愛にあなたが陥ってしまっている理由をご紹介しましょう。

1:彼氏の女癖が悪い

とにかく女癖の悪い彼氏。いつだって、女の影がチラチラしているような男と一緒にいては、いくら自分が彼女であったとしても常に不安な状態にあります。

一緒に寝ているときも不安が消えず、いろんなことを想像してしまったり、彼の携帯が光るたびにイヤな気分になってしまう。これでは、あなたが本気になったら傷つくことが目に見えるので、自分自身でセーブしてしまいます。

自分以外の女の子の気配を感じさせる彼に本気になって、幸せになれる女の子なんていません。わかっているのに、好きだから、「いつか本気になっていい日が来る」と信じてしまう傾向にあります。

そんな恋愛は健康にもよくありません。

でも、居心地のいい恋愛を求めても、好きな人と一致しなかったり、なかなか難しいんですけどね。

 

2:彼氏が無職

働かない彼氏! 仕事を始めたと思ったら、すぐに辞めてしまう彼氏! 今は何とか一緒に生活できていても、人の力を借りながら生きている男との将来は見えません。

そんな彼に本気になる自分がばかばかしく思えて、本気になれず……。しかし、彼の顔がタイプだったり彼の人間性は好きだと断定している場合、離れることは難しくなります。

好きになる気持ちと無職であることは関係ありませんもんね。「たまたま好きになった人が無職だった」というケースもあります。しかし、そこからどんどんハマると抜けられなくなってしまうので加減が必要になります。

「私が彼を養っていく‼!」という覚悟ができないような男なら、捨てても痛くもかゆくもないでしょう。

 

3:彼氏が既婚者

彼氏との将来がゼロであることを指します。「いつか別れるから結婚しよう」という相手の甘い嘘を信じて、好きな気持ちを捨てきれない女の子は、既婚者との恋愛関係を継続しがちです。

しかし、ふとしたときに「彼は結婚している」という事実が頭をよぎり、自分をなんとか抑圧し、好きな気持ちと葛藤しながら彼と向き合うのです。本気になんてなったら、心が壊れてしまいますから……。

本気にならないように自分に言い聞かせて一緒にいるのは、彼を本気で好きになれる日を夢見ているからでしょう。しかし、それは決して容易なことではありませんし、かなりのリスクを背負っています。

 

いかがでしたか?

本気になりたいけど、本気になれない恋愛は心身ともに疲れ果ててしまいます。今の彼氏よりも自分自身を大切にできる女性になれたら、また見える世界も変わるかもしれません。