スピード婚は離婚率が高いは本当?交際期間と後悔しないポイント3つ

なかなか結婚を決意せず、ずるずると恋人関係のままというカップルが多い反面、出会って数日で結婚するという“スピード婚”をしちゃうカップルもいます。なんだか「酔った勢いで」みたいな印象すら感じて、すぐに離婚しそうですよね。果たしてスピード婚の実態は、どんなモノなのでしょうか?

1:あなたの周りに「スピード婚」カップルはいますか?

山本耕史さんと堀北真希さん夫婦、赤西仁さんと黒木メイサさん夫婦、堺雅人さんと菅野美穂さん夫婦など。共通することといえば、スピード婚です。

ワイドショーやバラエティー番組などで、スピード婚を発表する芸能人夫婦は珍しくありません。出会いは以前からあるのでしょうが、どれも付き合ってから結婚するまで3か月以内というスピード婚。

ですがこれ、芸能人に限った話ではなく、けっこう一般の人にも多いのだとか。あなたの周りにスピード婚カップルはいますか?

 

2:「スピード婚」と言われる交際から結婚までの期間は?

芸能人夫婦の中には、付き合ってから結婚するまで「ゼロ日」というカップルもいましたが、果たして、どのくらいの交際期間を経て結婚するとスピード婚なのでしょうか。

『Dangdep!』が独自に実施した20代~40代500名の男女を対象にしたアンケート調査によると、「どれくらいの交際期間を経て結婚したら“スピード婚”だと思いますか?」という質問に対して、

1位 1か月未満・・・27.6%

2位 3か月未満・・・25.0%

3位 半年未満・・・20.6%

4位 2年以上・・・12.6%

5位 1年未満・・・11.4%

という結果になっています。

最も多かった答えは、1か月未満。上位の結果を総合的にみると、交際半年(6か月以内)で結婚すると、7割以上の人が「スピード婚」というイメージを抱くようです。

 

3:スピード婚のきっかけ・決め手5つ

しかし、いったいどうしてそんなに早く結婚を決意したり、結婚に至ったのでしょうか? 考えられる理由を5つ、あげてみたいとおもいます。

(1)妊娠

いわゆる、「できちゃった婚」というパターン。確かに、妊娠が発覚するのがエッチした3か月後くらいということを考えると、「3か月でスピード婚」というのも、納得がいきますよね。

子供ができたことで、結婚を決意したカップルは案外多いのかもしれません。なので、スピード婚をしちゃう芸能人たちが、あえて「妊娠はしていませんよ」って、インタビューで答えるのも、そのあたりが理由なんでしょうね。

 

(2)年齢

男性も女性もお互いにいい年齢で、結婚を意識している場合。「このチャンスを逃したら、もう結婚できないかも!」という焦りが、スピード婚を決意させている可能性が十分に考えられます。

婚活など結婚を前提とした出会いの場でも、年齢が低いカップルよりも、高いカップルの方が結婚に至る確率が高く、交際期間が短い可能性はあるんじゃないでしょうか。

 

(3)運命の出会い

「運命の出会い」というと、すごくステキなのですが、要は「目の前にいる相手以上の人が今後現れる可能性が低い」と判断するということ。

つまりそれは、相手の容姿(ものすごくイケメンや美人)であったり、収入が高かったりという、具体的に他者と比べることができる基準で優位だったということですよね。

自分のものにしてしまいたいという心理が、スピード婚に至らせているのかもしれません。

 

(4)周囲からのプレッシャー

これは年齢とも関係するのですが、自分の周りの友達たちがどんどん結婚をしはじめて心理的に焦りだしたり、親からの「いつ結婚するの?」というプレッシャーに気負いしてしまい、スピード婚に至るということがあります。

そんなプレッシャーから解放されたくて、ついつい付き合いたての相手に「結婚しよう」と思わず言ってしまうのかも。

 

(5)精神的に弱っていた

これは通常の交際にもあてはまるのですが、失恋をしたり、仕事でミスをしたときなど、自分への自信(自尊心)が失われているときに、誰か慰めてもらいたいという「親和欲求」という欲求がおこります。

そして、自分を慰めてくれて、自分に改めて自信をもたせてくれた相手に、人は好意をもってしまいます。よく、「恋愛相談をしていて、相談していた相手と思わず関係をもってしまう」というのは、そんな理由からです。

スピード婚をしてしまう人たちにも、これと同じ理由が考えられます。

 

4:「スピード婚をした夫婦は離婚率が高い」説は本当か?

ところで、世間一般には「スピード婚をした人は、離婚も早い」というイメージがありませんか?

スピード離婚とまでいかなくても、「離婚する可能性が高い」という漠然としたイメージがあるのでは。実際のところはどうなのでしょう?

アメリカ・ジョージア州にあるエモリー大学のAndrew Francis氏とHugo Mialon氏がおこなった研究によれば、交際期間が短くなるほど離婚率は高くなるそうです。

3年以上付き合って結婚したカップルと交際期間が1年未満で結婚したカップルを比較した場合、なんとその離婚率は、交際期間が1年未満で結婚したカップルの方が4割も高くなるというんです。

ほぼほぼ、2~3組に1組は離婚するという結果。いったいどうして、そんなにも離婚率が高くなるのでしょうか?

 

5:スピード婚がうまくいかない理由3つ

スピード婚が上手くいかない理由について、筆者は以下の3つを考えます。

(1)相手の欠点を見逃す

スピード婚は、当然ながら交際期間が短い。ですから、相手のことをよく知らないうちに結婚してしまいます。

日本には「あばたもえくぼ」ということわざがありますが、付き合いたてのころは気持ちが盛り上がっているせいで、美点ばかりを見てしまって相手を素晴らしい人だと思い込んでしまいます。

ですが、次第に感情が落ち着いてくると、相手の欠点も見てしまうことに。それが許せない欠点だとすると、結婚生活に支障をきたすことにつながり、離婚に至ってしまうわけです。

(2)価値観の相違

結婚生活は、ふたりで行う共同生活なわけですから、価値観が一緒じゃないと精神的にも身体的にも、負担になってきます。とくに、お金に対する考え方は、結婚生活に大きな影響をおよぼします。

恋人同士のときは、おサイフは別々。ですが、結婚をするとおサイフは夫婦で一緒になり、子供のことや将来のことを考えて貯蓄をしたりします。どちらか一方に浪費癖があったり、極端に貯蓄志向が高かったりすると、もう精神的なストレスになりますよね。

価値観が一緒かどうか見極められないうちに結婚すると、離婚に至る可能性が高くなるわけです。

(3)交友関係

こちらも、価値観の相違と関係するのですが、結婚相手の家族や友達といった交友関係も離婚の原因につながっていきます。

交際期間が短いと、十分に相手のことを知ることができませんよね。仮に、相手のことは理解できたとしても、相手の家族や親戚、友達と知り合う機会はかなり少ないわけです。

好きな者同士がずっと一緒にいたいと結婚をするわけですが、どうしてもそこには周囲の人間関係も巻き込んでいくことになります。相手のことは大好きでも、いわゆる「嫁姑問題」で離婚を決意するというひとは珍しくありません。

相手のことしか考えずに結婚してしまうと、思わぬところで問題が生じ、離婚に至ってしまうのです。

 

6:スピード婚で後悔しないためのポイント3つ

ではいったい、スピード婚で後悔しないためには、どうすればいいのでしょうか? ここで3つのアドバイスを送りたいとおもいます。

(1)最低1年は付き合う

交際期間が長ければいいというものでは、もちろんありません。あまり長く付き合うと、結婚のチャンスを失うというということも十分にあります。

ですが、最低1年は付き合いましょう。上記の調査でも、交際1年未満で結婚するのをスピード婚と考える人は11.4%いるので、けっして長い期間ではありません。

1年付き合うと、相手に対する情熱的な感情が穏やかになり、相手の欠点もみえてくるようになります。そこで改めて、相手の欠点を受け入れて、一緒にこれからの人生を過ごしていけるか、自問してみてください。

 

(2)ときには込み入った会話をする

交際期間が短いと、どうしても相手の表面的なことしか分からず、結婚に至ってしまいます。そのため、ときには少し相手に込み入った質問をしたりするようにしましょう。

たとえば、家族にも隠している秘密とか、過去に付き合った恋人の話とか。もし、そんな質問をして、相手が怒り出したりしたら、何か秘密を抱えているということ。そんな秘密を抱えているひとと結婚をしても、自分のことを信用していない証拠なので上手くいくはずがありません。

それに、込み入った質問をすることで、相手の価値観がわかるという利点もあります。そして、込み入った話をお互いにすることで、むしろ相手への好意が高まるということも恋愛心理学では知られています。

なので、むしろドンドン秘密を打ち明け合うような会話を心がけましょう。

 

(3)実家にできるだけ遊びに行く

スピード婚で難しいのは、相手以上に相手の親と仲良くなること。できるだけ相手の実家に遊びに行くようにしましょう。そうすることで、相手の親のことも理解できます。

それに、結婚にも賛成してもらいやすくなって、一石二鳥です。短期間だからこそ、相手からは直接知ることができない相手の価値観や本当の姿を、相手の家族や友達を通じて知るようにしましょう。

 

7:スピード離婚した芸能人は?

ところで、冒頭でスピード婚の代表的な芸能人として3組の夫婦を紹介しました。ですが、みなさん幸せな結婚生活を継続しているかというと、そんなことはなさそうです。

以下に、スピード婚をしてさらにスピード離婚も経験した芸能人をご紹介しましょう。

(1)女優・遠野なぎこ×一般男性

2009年5月に一般男性と結婚した遠野なぎこさん。わずか72日後の7月に離婚という結果に。

 

(2)女優・葉月里緒奈×寿司職人・ギャレットウォン

2001年にハワイの寿司食と結婚した葉月里緒奈さん。出会って4日でプロポーズ、結婚までは3週間だったそう。しかしながら、こちらも2か月で離婚という結末に。

 

(3)モデル・吉川ひなの×アーティスト・IZAM

1998年4月に交際が発覚し翌年2月に結婚したふたり。スピード婚ではなかったのかもしれませんが、わずか7か月で離婚。

 

スピード婚でも幸せなカップルだって、あげていけばきりがありません。

ですが、やはり幸せな結婚生活を送ることができるカップルは、そう多くはなさそうです。

 

【参考】