じつは恋愛すると女になる!「男っぽい女」の可愛い!? 特徴10個

あなたの周りにもいませんか? 男っぽい女性。こういう女性って女々しい女性より逆に人気がありますよね。サバサバしていて男性も楽にお付き合いができることから、モテる傾向にあるようです。ですが、男っぽい女性は実は恋愛下手なことも多いよう。そんな“男っぽい女性の特徴”を大調査してみました。

1:「男っぽい女」って言われました…

(1)女に「男っぽい」って悪口? 褒め言葉?

男性から「男っぽいよね」といわれたことありますか? これって「ありがとう」と素直に喜んで良いことなんでしょうか?

男性たちに話を聞いてみると、

「大抵は褒め言葉じゃないですか? 僕が使うときは褒め言葉です。ただ、“サバサバしてて付き合うのが楽”という意味で使うことがほとんどで、恋愛対象にはなりにくいかな」

「一度だけ悪口で使ったことがあります。それは俺の仕事まで取ろうとしたからで。それ以外で使ったときは褒め言葉でしたね。とは言っても、“仕事のライバルとして認めた”みたいな意味合いですけど」

とのことで、基本的には褒め言葉のことが多いようですが、“友達として”という感覚が強いのかもしれません。

(2)とても素敵「男っぽい女優」さんたち

女優さんの中にも男っぽい女性ってたくさんいます。筆頭は、やはり宝塚で男役をやっていた、天海祐希さんや真矢みきさんではないでしょうか? 彼女たちは女性から見ていて男性よりも男らしいところがあり、素敵ですよね。

また、黒木メイサさんや江角マキコさん、波瑠さんなどもちょっと男勝りというか、活発なイメージが魅力の女優さんたちです。みなさん、男性からも女性からも魅力がありますよね。

 

2:あ…私もそうかも!性格診断「男っぽい女」の特徴10個

では、具体的に男っぽい女ってどんな特徴があるのでしょうか?

(1)清潔であれば毎日同じ服でもOK

服装にあまりこだわりがないのが男っぽい女性。男性が毎日スーツでも良いように、できれば服を毎日考えるようなことは面倒なので避けたいと思うのです。

(2)アウトドア好き

アウトドアが好きで、体を動かしたり汗をかいたりすることに抵抗がないのも男っぽい女性の特徴の一つです。

(3)とりあえず力技でなんとかしようとする

男っぽい女性は、たとえばお菓子の袋が空かないときや、瓶のフタが空かないときなど、とりあえず「ふんぬ〜……!」と力技でなんとかしようとします。

(4)髪形の選択は楽がいちばん

髪形は「男っぽい女性」かどうかをみるのにわかりやすい指標です。もちろんイメージとしてボーイッシュな髪形を選ぶ女性もいますが、髪は女の命と昔から言われているように、女性らしい女性は短い髪をあまり好みません。

(5)女同士で集まっていなくても不安でない

女性の動き方の特徴として、集団で動くというのがあります。ですが男っぽい女性は1人で行動することを怖いとは感じないので、一匹狼として過ごしていることも。

(6)正義感が強い

正義感が強いのも男っぽい女性の特徴です。だれかがいじめられているのなんて見てみぬフリはできませんし、ましてや自分がいじめや陰口を言う仲間になるなんて考えられないのです。

(7)女性だから優遇されたいとは思っていない

女っぽい女性は、女だということを武器として使おうとします。ですが男っぽい女性は、女だからと言う理由で優遇されたいとは思っていません。逆に「女だから」と決め付けられることを嫌う傾向も。

(8)感情的じゃない

よく女性は男性より感情論で話をするといわれます。男っぽい女性は男性の方の考え方に近いので、ヒステリックに怒ることは少なく、むしろ問題をクールに受け止めて理詰めで対処します。

(9)甘えるのが苦手

男っぽい女性は甘えたがらないと思われがちですが、タダ単に“甘えるのが苦手”なだけ。本当は甘えたいという気持ちがあっても、意地などが邪魔して甘えられないという損な面も。

(10)男女両方の友達が多い

男っぽい女性は、そのサバサバとした性格ゆえに、男性女性両方から慕われやすいです。なので、性別関係なく友達を作りやすいのも特徴です。

 

3:「男っぽい女」と「女っぽい女」の違い8個

ではここからは、「男っぽい女」と「女っぽい女」がどんな風に違うのかをみてみましょう。

(1)男っぽい女は機能性重視のスマホ、女っぽい女は可愛さ重視のスマホ

まずは持っているスマホやPC、スマホケースなど、生活になくてはならないものから。男っぽいう女性は機能を重視し、女っぽい女性は可愛さや見た目を重視します。

(2)男っぽい女は黒が好き、女っぽい女はピンクが好き

男っぽい女性の特徴として、可愛いものを持つのが苦手というものがあります。なので、好きな色もピンクなどではなく、モノクロなどになりやすいのです。

(3)男っぽい女は論理的、女っぽい女は感情的

男っぽい女性の特徴でも紹介したように、男っぽい女性は論理的に物事を判断し、女っぽい女性は感情的に物事を判断しやすいです。

(4)男っぽい女は同等の恋愛が好き、女っぽい女はちょっと上からの男が好き

恋愛についても違いがあります。男っぽい女性は男性と対等の関係での恋愛を望み、女っぽい女性ほどちょっと上から押さえつけるようなタイプの男性が好きになります。

(5)男っぽい女は目的のはっきりしたデートが好き、女っぽい女はダラダラ過ごすデートが好き

デートでも、男っぽい女性は目的地まで一直線で、わかりやすいデートプランを好みます。ですが女っぽい女性は、その過程でのおしゃべりやうだうだの時間も好きなものです。

(6)男っぽい女は1人が好き、女っぽい女は女同士で群れるのが好き

男っぽいい女性は1人でも格好良く生きたいと思いがち。ですが女っぽい女性は1人でいると不安になりたくさんの女性に囲まれていると安心するのです。

(7)男っぽい女は決断が好き、女っぽい女は曖昧が好き

男っぽい女性は何事も白黒ハッキリつかせることが好きですが、女っぽい女性は曖昧なままの方が良いこともあると思います。

(8)男っぽい女はサッパリ系、女っぽい女はネチネチ系

恋愛でも人間関係でも男っぽい女性はサッパリとしていて、ケンカをしても後からそれを蒸し返したりはしません。女っぽい女性特有の、「あの時もああだった」なんて発言はなしです。

 

4:こういう恋愛が好き!「男っぽい女」が落とされちゃう口説き方5つ

筆者の周りの男っぽい女性に聞いた、「これをされたら落とされちゃう!」という口説き方を聞いてみましょう。

(1)すべてを決めてから誘われる

「私は大抵男性とLINEでデートのプランとかをウダウダ話しているうちに飽きちゃって、もうデート行かなくていいかなとか思っちゃうんですよ。だから、“今度の日曜に○○に連れて行きたいけど空いてる?”みたいに、全部決定した状態で誘われるとつい落とされちゃいますね」(Nさん/30歳)

(2)内心を見透かされる

「基本的に気が強いタイプだからなのか、こっちが口に出していない内心の甘えたところとかをサクッと言いあてられると落ちますねぇ。

前に一回バーで会った男性にその日のうちに、“君って○○だよね”って言い当てられて、それが本当にあってたときに、ものすごい嬉しかったというか、感動して泣きそうになっちゃったことがあります」(Yさん/32歳)

(3)強引でわかりやすい告白

「よくわからない回りくどい駆け引きとか苦手なので、男ならビシッとハッキリ告白して欲しいな。私の様子を伺うように“○○ちゃんって可愛いよね”とかご機嫌を取るような発言をされると萎えちゃいます。もう“付き合おう”でいいじゃないですか(笑)」(Kさん/27歳)

(4)業務連絡のような愛情表現

「連絡とかマメな方じゃないので、意味のない会話を続けないといけないのは苦痛なんです。そういう点、今の彼氏は“業務連絡かよ!”っていうくらい素っ気ないLINEとかなんですけど、そこから愛情もちゃんと感じられるし、楽だし、しっかり私のこと考えてくれてるのもわかるので、メロメロですね」(Mさん/29歳)

(5)自分の予想をはるかに超えるサプライズ

「私の誕生日にレストランに誘われたときには、“なんかサプライズとかあるんだろうなぁ”って思ってたんですけど、電気が消えてケーキとシャンパンが運ばれてくるくらいかな……って考えてたんです。

そしたら、まだ付き合うとも正式に言ってないのに指輪を渡されて、“結婚を前提にお付き合いを”って言われて、さらに次の日から海外に2泊の航空券まで用意されてて。さすがにあれは感動して落とされちゃいました」(Uさん/31歳)

さて男っぽい女性の特徴から弱点までわかったでしょうか? あなたは男っぽい女性ですか? それともやっぱり女でしたか?

 

5:これがガチのやつ!「男っぽい男の特徴」5つ

さて、「男っぽい女」って本当に男の人みたい!と思ってしまったでしょうか……?

確かに一般の男性よりも「男らしい」ことはあるかもしれません。しかし、男のなかでも男らしい男と比較してはどうでしょうか? 下記に「男っぽい男」の特徴をご紹介しましょう!

(1)人生は競争だと思っている

男っぽい男と言えば、人生をすべて競争だと思って、日々の仕事には絶対に手を抜かないモノ。周りからの信頼も厚く、人に頼られる存在です。

(2)女に甘えるなんてプライドが許さない

たまには男性が彼女に甘えるのだって、ギャップ萌えとしてありなのですが、男っぽい男はそんなことプライドが許しません。

(3)我慢しすぎるほど我慢する

自分に非がないにも関わらず、少しでも自分にも責任があったと思うと、甘んじて我慢し続けるのも男の中の男。そのせいで誤解されることもしばしばです。

(4)誠実すぎて恋と仕事を両立できない

男っぽ過ぎる男は、恋と仕事を器用に両立させることなんてできません。仕事中の連絡は無視ですし、仕事で大事なことがあればデートをキャンセルして女を泣かせることも。

(5)感情を表に出すことを恥ずかしいと思っている

「男なんだから泣くな」などと本気で思っている男性は、感情を素直に表に出すことも恥ずかしいと思っています。なのでデートしていても喜んでくれているのかどうかがわかりづらいという面も。

 

6:男も女も使いこなせ!

今の時代、女性も男性と同じくらい仕事の場面で競争することも多いです。仕事では男っぽい女性の方が信頼されやすい部分もあるので、自分の中の男っぽい部分と、女っぽい部分を使い分けられたら最強かもしれません。

男性はギャップが大好き。男勝りなくらいの女性がときに見せる乙女な姿に男性はメロメロになりますよ!