A型・B型・O型・AB型の「血液型あるある」面白いネタ【恋愛したら編】

血液型占いって好きですか? 血液型は基本的に4種類しかありません。「人間を4つの種類にわけるなんてできっこない」と思う人もいるしょうが、意外と自分の血液型診断の結果をみると、「当たってる!」って思う事もあるはずです。今回は血液型の恋愛あるあるを紹介したいと思います。

イラスト付き!「血液型あるある」恋愛での面白い話

血液型ネタって「決めつけ感」が楽しい?

女性の話題の中でも、血液型診断系は、もっとも人気があるもののひとつ。

合コンなどでも「血液型は?」と聞いてみて、なんとなく相手との相性を測ってみたり、相手の性格を見極める材料にしてみた経験ありませんか?

4つしか種類がないのに、「A型だよ」って言われると、「几帳面なんですねー」と決め付けから話が膨らんだりします。その血液型の傾向にはまっているか、外れているか、というところも含めて、楽しんでいるのでしょう。

せめて「血液型のせい」にしないとやってられない?

また、「O型の人にばかり告白される」、「A型の人とは絶対に恋愛が続かない」など、人によって血液型ジンクスのようなものもあるのではないでしょうか?

人って、悪いことが起こってしまったときには、なにか“どうしようもない理由”を見つけて楽になろうとするもの。「うまくいかなかったのは、相手がB型だったからだ」と思えたら、ちょっと納得できたりしますよね。

というわけで、閑話休題……。それでは各血液型、イラスト付きで「血液型あるある」いってみましょ〜っ!

 

A型の恋愛あるある10個

それでは、最初に日本人にいちばん多いといわれる、A型の恋愛あるあるをA型の人たちに聞いて見ました。

(1)告白を真面目に考えすぎる

A型の人は何事も真面目に考えるため、「相手を適当に選んで、告白もノリで」なんて考えられません。告白の時間や場所、タイミングやセリフなどを必死に考えてから実行に移します。

(2)ほれたら一直線

ひと目ぼれなどはあまりしない人が多いのですが、ほれてからは相手に一直線です。同時に複数の人と付き合うなんてことは考えもしません。

(3)相手にも自分と同じ誠実さを求める

A型男性は相手に誠実であろうとするため、恋愛に対しても固い考え方を持ちがち。それだけならいいのですが、相手にも同じような誠実さを求めてくるので、「もっと適当でいいんじゃない?」というタイプとは衝突してしまいます。

(4)OKを確信してからでないと告白してこない

プライドが高めのA型は、告白するまでにしっかりとした調査をしなければ安心できません。相手に振られる可能性が5分もあるなら、まだ勝負は早いと思うのです。

なので、A型男子に対して「相手から全然告白してもらえない」と思うのなら、自分からアプローチを開始するのもアリです。

(5)デートの待ち合わせ時間前に到着

何事にもキッチリとしていたい性格のA型は、デートの待ち合わせ時間にルーズに遅れることはありません。「相手がもし早めに来ていたら」と考えて、待ちあわせ時間よりちょっと早く着くのが当たり前です。

(6)ドライブで渋滞にはまるとイライラする

物事を綿密に予定立てして進めるのが好きなA型にとって、時間の予想ができない事態はイライラの対象です。たとえば予期せぬ渋滞にはまってしまうと、そのあとのデートプランが崩れてしまうため、イライラしてしまいます。

(7)A型同士だとデートで掃除

A型は女性も男性も部屋などをきちんと整理整頓するのが好きなタイプが多いです。なので、家デートをしようとどちらかが申し出て、自分の家が散らかっている場合などは、「じゃあ一緒に片付ければいい」という結論に。結果、「デートなのに掃除をしている」という場合も。

(8)記念日はキッチリお祝い

記念日などをしっかりと覚えていてくれるのは嬉しいところ。特にふたりの思い出に残っている記念日や誕生日などはキッチリとお祝いしないと気がすみません。

(9)束縛が激しい

自分が愛情を一心に相手に傾けるため、相手のことをなんでも知りたいと思うのがA型です。そのせいで結果的に束縛が激しくなってしまうこともあります。

(10)連絡はマメ

束縛は激しいですが、連絡などがマメなのもA型の特徴。仕事とプライベートはしっかりわけつつも、相手からの連絡にはなるべく早く、なんらかの返信をしようと心がけます。

 

B型の恋愛あるある10個

続いて、B型の恋愛あるあるです。

(1)ひと目ぼれが多い

B型は印象で相手を判断することが多いため、ひと目ぼれがかなりあるよう。会った瞬間に相手が恋愛対象かどうかを見抜く力を持っています。

(2)過去の恋愛相手が多種多様

B型の恋愛対象は、その時々によって変わりやすいため、過去の恋愛がどうだったかは未来にはあまり関係ありません。昔の彼女の失敗談を聞いて、別れを回避しようとするのは難しいかも。

(3)待ち合わせ時間にはだいたい遅れる

時間にルーズだと言われるB型。「待ち合わせの時間にはピッタリに行ければOK。もし多少遅れても問題ない」と思っています。

(4)待ち合わせ場所は適当

「待ち合わせ場所もキッチリと決めなくていい」と考えるのがB型。「新宿駅に10時ごろ」などかなりざっくりな決め方をして、着いてから「今○○の近くにいる」と連絡して会おうとします。

(5)デートプランがなくてもデートする

「デートプランをしっかり練っておかないと」という強迫観念がないのがB型。なので、とりあえず会ってから何か食べて、食べながらどこに行くか考えるというような、フランクな考え方をします。

(6)愛情表現は素直

基本的に裏表があまりない性格なため、愛情表現も素直に出してくれることが多いのが嬉しいところ。

(7)ひとりが好きなくせに寂しがり屋

ひとりが好きなのに寂しがり屋というちょっとめんどうな性格でもあります。ひとりで遊んでいたら急に寂しくなったから彼女に連絡するなんてこともしばしば。

(8)女性が傷つくことがよくわかってない

悪意なく人に接しているのはいいのですが、そのせいで、たまに人を傷つける発言をしていることに気付かないことも。

女心というモノを理解してもらうのは、なかなか難しいかもしれません。ただし、傷つけてしまったとわかったときには素直に謝罪してくれます。

(9)自分が傷つけられても根に持たない

B型のいいところのひとつは、何事も根に持たないところ。たとえケンカして相手から傷つくことを言われたとしても、落ち込んだ状態は長くは続きません。大抵は一晩寝たら忘れちゃうんです。

(10)束縛は嫌い

B型は自由を好むので束縛されることはあまり好きではありません。逆に束縛しようともしてこないので、自由に恋愛したい人向きかも。

 

O型の恋愛あるある10個

では、O型の恋愛あるあるにはどんなものがあるのでしょうか?

(1)アプローチがストレート

O型はアプローチすると決めたら、ストレートにアプローチしてきます。恋の駆け引きなんてものは、めんどうくさくてイヤなのです。

(2)ずっと一緒に居たがる

O型の人はすごく社交的で、ひとりでいると寂しくてたまらなくなります。なので、「恋人ができたらずっと一緒にいたい」と思うのです。

(3)デートは友達も巻き込んで

O型の人はとにかく人と一緒にいるのが大好き。デートでもふたりで楽しむより、友達一緒のダブルデートの方が楽しくていいと考えます。彼の友達を巻き込んで、一緒に飲んだりしたいならピッタリですね。

(4)イヤなお願いでも好きな人からだと断れない

社交的な性格ゆえ、お願いごとをされると、基本的に断わりません。それが好きな人からだとなおさら。一方、内心ではすごくイヤだと思っていても、断ることができず悩んでしまうことも。

(5)混んでいて入れないなら諦める

ひとつのことにあまり執着しないO型。行きたいラーメン屋さんがあって、彼女とデートで行ったとしても、「行列に並ぶくらいなら別のお店」とすぐに切り替えてしまいます。

(6)彼女を尊重しすぎて仕事に影響が……

人を好きになったら相手のことばかり考えてしまう性格なので、彼女が「構ってちゃん」で仕事中にも連絡が絶えないようだと、相手の仕事にも影響を及ぼしてしまうことも。

(7)落ち込んでもマイナス思考にはならない

落ち込むことはありますが、基本的にはおおらかで、何事も「なんとかなる」の精神がO型です。なので、極端にマイナス思考になったりすることは少なく、問題が起こっても「どうにかしよう!」と考えられます。

(8)変なこだわりがある

たまに、変なこだわりを持ち出して、相手を困らせてしまうところがO型にはあります。「なんでそこだけ?」と周りには理解できないようなこだわりだったりすることもあります。でも、そこだけは合わせてあげるほうが、無難にことが進むでしょう。

(9)彼女が楽しい話を用意する

エンターテイナーな部分があるO型は、彼女を楽しませることが自分の使命だと思っています。なので、彼女が楽しくなるような話題をいつでも用意してくれています。

(10)記念日のサプライズが好き

エンターテイナー性がいちばん発揮できるのが記念日。ほかの血液型よりもさらにひと回り大きなサプライズを考えて、彼女を喜ばせようと必死になります。誕生日が待ち遠しいですね。

 

AB型の恋愛あるある10個

それでは最後に、日本人にいちばん少ないといわれるAB型の恋愛あるあるです。

(1)本心を隠していてわかりにくい

AB型は秘密主義で、本心をあまり表に出そうとしないため、恋愛相手であっても何を考えているかよくわからないことがあります。

(2)キャラクターがコロコロ変わる

その場の空気や、相手によって自分を変化させることが得意なのがAB型。なので、一緒にいる人やいる場所によってコロコロとキャラクターが変わります。どれが本当の姿なのか混乱させられることも。

(3)最初のガードが固い

基本的には人との間のガードが固く、初対面で心を開いたりするようなことはしないのがAB型の特徴です。警戒心が溶けていくと、だんだん本心を話すようになります。

(4)デートに遅れると怒る

基本性格としては結構真面目なので、相手が理由なくデートに遅れたりすると怒ってしまいます。

(5)ひとりの時間がないと別れを選ぶ

AB型に絶対に必要なのがひとりの時間です。たとえ家族であっても、ずっと一緒にいることはストレス。なので、必ずひとりの時間を確保しようとします。もしそれができないような恋愛が発生すると、別れを選ぶことも。

(6)夜になると寂しがる

気分のムラが激しいのもAB型の特徴です。ひとりが好きと言っておきながら、夜になるといきなり寂しくなって恋人に連絡してみたり……。かと思えば次の日の朝になったらそんな気分をケロッと忘れていたり……。

(7)追いかけすぎると逃げる

天邪鬼な性格のAB型は、追われると逃げたくなります。なので、あまり強引なアプローチは嫌がれます。ですが、逆に冷たくされると気になったりするので、ちょっとめんどうです。

(8)会話に擬音が多い

頭の回転は速いといわれますが、口達者な方ではないAB型の会話には、擬音がかなりの頻度で混ざってきます。慣れてくれば何を言いたいのか雰囲気でわかってくることもあります。

(9)ケンカが嫌いで逃げる

基本的に平和主義なので、相手とケンカしようとは思いません。またケンカしている人たちの間にいるのも嫌いなので、近くでケンカが起きそうになるとサッとどこかに行方をくらましてしまいます。

(10)無言でいられる相手が好き

本当に心を許した相手には本気で甘えるのがAB型。最高の信用をしている相手とのいちばんのお気に入りの時間は、無言で一緒にいられる時間です。何か必死で話そうとするあいだは、まだ本気の信頼を勝ち得ていない可能性も。

 

たかが血液型、されど血液型

いかがだったでしょうか? あなた自身はこの血液型の性格特徴に当てはまっていましたか? もちろん一部は「あぁわかる」と思っても「これは違うなー」と思う事もあるでしょう。

ですが、こうやって恋愛対象の血液型診断をみながら、相手と実際に照らし合わせて考えて見るだけでもすごく楽しいですよね。ぜひ彼氏と一緒に楽しんでみてください!

 

血液型だけじゃない…より相性の良い異性と出会うには?|PR

血液型もそうですが、恋人という関係だと何よりも相性が大事になってきます! 食の相性だったり感受性が同じでなければその関係は長くは続かないでしょう。

しかし外見だけでお互いの相性なんて分かりっこないですよね。マッチングアプリならお互いの好きなもの、趣味などが合いそうな人の中から気になる相手を探すことが可能! 相性ぴったりな男性との出会いを求めるなら『』がおすすめです。

あのゼクシィが運営する婚活サービスだから、「熱い恋愛をしないと結婚なんて考えられない!」という人も、出会いから結婚まで一直線がいいという人も、安心して自然な出会いができるようトータルサポートしてくれます。本気の恋愛がしたいと思ったら、ぜひ利用してみては?

キャンペーンコード|jp8gd4