付き合う前のデート!成功法と「どこまで許していい?」のライン

みなさん、付き合う前のデートから付き合い始めるまでに、どんな歴史がありましたか? 付き合う前のデートは、交際中のデートとはひと味違いますよね。どう過ごすかによって、ふたりの将来が変わってきます。今回は、付き合う前のデートについて徹底的に分析していきます!

1:付き合う前のデートって楽しいですよね!

付き合う前のデートは、交際中のデートとはまた違って、「私たち、これからどうなるんだろう~」という独特のワクワク感がありますよね。

「今日あたり、告白されちゃったりして!?」などとドキドキしながらデートに行くのは、付き合う前ならではの醍醐味です。

「今よりも付き合う前のデートのほうが楽しかった……!」なんて話も聞くだけに、付き合う前のデートって本当に大事!

一方で、「付き合う前のデートってまどろっこしい」なんて声も聞きます。

 

2:付き合うの定義と意味

ところで、よく「付き合っている」「付き合っていない」と言いますけれど、この「付き合う」って、厳密に言うと、どんな状態を指すのでしょうか?

片方が「付き合っているつもり」でも、もう一方は「付き合っているつもりじゃない」という場合もありますよね。“本当のところ”が気になりますよね。

 

(1)付き合うの定義とは

では、「付き合う」の定義って、正確にはいったい何なのでしょうか?

辞書で調べると、次のような意味になっていました。

つき‐あ・う〔‐あふ〕【付(き)合う】の意味

1 行き来したりして、その人と親しい関係をつくる。交際する。「隣近所と親しく―・う」

恋人として交際する。「今―・っている彼女」

2 行動をともにする。「残業に―・う」「食事を―・う」

(出典:デジタル大辞泉・小学館)

恋人として交際する意味だけでなく、何かの行動を一緒にすることも指しますよね。

 

(2)「付き合う意味がわからない」のはなぜ?

では、そもそも「付き合う意味がわからない」と思ってしまうのはナゼ?

『Dangdep!』の過去記事によると、「その先に結婚はあるのか?」ということを考え出すと、「付き合う意味がわからない……」と思ってしまう人が多いようです。

同過去記事では、友達以上の微妙な存在や、セフレ、結婚を意識していない「遊びの付き合い」であればあるほど、付き合う意味は刻々と薄くなってしまうと分析しています。

付き合うことに意味を考え出すと、いろんなネガティブな考えが浮かんできてしまうのは、男女両方に言える傾向かも!?

 

(3)付き合うを英語で言うと?

さて、男女が「付き合う」のは、もちろん日本に限った話ではありません。

付き合うは英語で、いくつかの表現があります。

日本語でも「付き合う」と言ってもいろんな意味があるので、英語では別の単語で表現することが。

たとえば「dating」はデートしている状態の異性を説明する言葉ですし、「steady」や「relationship」を使って正式な交際を指すこともあるなど、非常に多くの表現があります。

日本語のように「付き合う」と言って「え? 食事だけ?」「それとも、男女の関係ってこと?」などと紛らわしくないように、発言する人がニュアンスを考えて単語を選ぶ傾向も。

ただし、「私たちって、正式に付き合っているのだろうか……」という不安は万国共通なので、英語圏でもブチ当たる問題です。

このあたりは、お国が変わっても恋愛にまつわる「あるある」のお悩みかも!

 

3:付き合う前の電話とLINE

さて、付き合う前にも電話やLINEをし合う男女は多いものです。ふたりのテンションが交際に向けて盛り上がっている時期なので、基本的に連絡頻度はどうしても多くなります。

お互いが「相手からの連絡への返事を優先する」という傾向もあるので、ふたりのタイミングも合いやすく、1日の間で何度も連絡し合う人も多いでしょう。

会話の内容も、すでに付き合っているふたりのような話題だったり、相手の出方を探りつつの駆け引き的な連絡だったり、楽しい時期でもあります。

「付き合う前の電話やLINEのほうが交際中よりも盛り上がってた!」というカップルだって決して珍しくありません。

 

4:付き合う前のデートの成功法

では、交際前のデートはどうしたら成功するのでしょうか?

交際前のデートで失敗してしまえば、その先の関係がなくなってしまいます。付き合う前のデートって、意外と気合いが入りますよね!

そこで、ここからは、付き合う前のデート成功法を見ていきましょう。

(1)おススメの場所

付き合う前のデートでは、できるだけ人目がある場所で会うのが無難です。

ホテルの部屋やカラオケボックスなどの密室に入ってしまうと、交際していないのに“そういう関係”を望んでくる男子も決して少なくありません。後々、めんどうなことにもなりかねません。

ですので、正式な告白までは、「友達の延長」的なデート場所を選んだほうが、安心です。

いやらしい雰囲気になる場所を選ばないほうが、本命視してもらえる可能性も高まります。

(2)告白までの回数

ところで、「告白までに、どのくらいデートすればいいの?」という疑問を抱いている女子もいるはず。

この点については、ダラダラとデートしていても時間をムダにするだけになりがちです。だいたい「3回」を目安にすれば間違いないでしょう。

3回もデートしているのに、告白してこない男子は、そもそも告白する気はなく、恋人気分を味わいたいだけかもしれません。

この手の男子が相手なら、女子から告白しちゃうか、別の男子ともデートをしてみるなど動いたほうが、ダラダラとした曖昧な関係を続けずに済みます。

時間は有限!「命短し恋せよ少女」とも言いますからね!

 

5:付き合う前のデートで手を繋ぐのは?

ところで、「付き合う前なのに手を繋いじゃった!」という女子は多いと思います。

しかし「手を繋いだら、スキンシップを許してしまうことになるから、告白までは我慢すべきでは?」という疑問も浮かんできます。

この点については、カラダ目当てでも本命視していても、手を繋ぐ男子は多いんです。というと、よけいに不安になっちゃいますか?

手を繋がれたというだけで「カラダ目当て」と判断するのも早すぎるので、ここは流れに任せてOKと言えそう。

「付き合っていないのに、手を繋いじゃったから軽い女に見られちゃう」という時代でもなくなってきています。

ただし、そのあとの彼の言動をよーくチェックして、本気なのかどうかを見極めたいところです。

 

6:付き合う前のデートでキスするのは?

また、正式に付き合う前にキスを迫られることや、女子のほうがキスしたくなっちゃうことだってあるかもしれません。

そんな場面で「まだ付き合っていないから、ストップしたほうがいいよね?」と思う女子もいるかもしれませんが、ここは自分の気持ちに正直なって大丈夫です!

交際前にキスしたから、「はい、さよなら~」となる男は意外と少ないです。流れに任せて、気持ちの赴くままに。

昨今は、キスしたからって「軽いな」「ビッチだから付き合いたくない」などと考える男子も少数派。

キスしてくるということは、少なからず好意があるのは間違いないですしね。

キスしたあとにそのまま告白!という流れだって、珍しくありません。

 

7:カップルに聞いた!付き合うきっかけは何だった?

では、交際前のデートを重ね、実際に「付き合う」に至ったカップルたちのキッカケってなんだったのでしょうか!?

実際に、カップルたちにリサーチしてみました!

みんなは、どんなことがキッカケで“お付き合い”をはじめているのでしょうか!?

(1)3回目のデートでけじめを…

「僕は、どんな女の子とも付き合う前に3回はデートをするって決めています。

こうすることで、“いいな”と思っている女の子のことを、気の迷いなのか本当に好きなのか、自分の気持ちがよく分かります。

今の彼女と付き合うキッカケは、3回目のデートで“この子だ!”と思ったからです。

その日のデートの帰り際に告白して、OKをもらいました」(31歳/SE)

(2)噂を聞いて焦って……

「私の場合は、彼が“別の女子とも親しくしている”って聞いて、焦ったことがキッカケ。友達から、そんな噂を聞いて、焦って告白しました。

それまで、何度かデートというかふたりで食事もしていたんですけど、まだ正式に付き合っていなかったので。

“SNSに別の女子との2ショットがあるよ”って共通の友人が教えてくれました。そこで、意を決して告白したら成功。

なんと、その女子は彼の幼馴染で、完璧に“女友達”でした。

私たちを交際に導いてくれたのは、あの噂ですね!」(29歳/アパレル)

(3)会ったその日に告白されました!

「今の彼との交際は、会ったその日に向こうから告白されたのがキッカケでした。

婚活をしていたので、私もそのつもりで出ていた合コンで知り合ったんですが、彼も婚活中だったみたいで、話が早かったのかもしれません。

来年、結婚します!」(30歳/事務)

改めて考えてみると、みなさん、実にいろいろな“キッカケ”があって今の交際がある!と言えるかもしれません。

キッカケは、カップルの数ほどあるのかも!?

 

8:まとめ

今回は付き合う前のデートについて、徹底的に分析してみました。

デートを重ねた先に正式なお付き合いがあるカップルもいれば、何回デートをしても曖昧な関係が続いている……という人もいますよね。

付き合う前のデートを成功させるいちばんの秘訣は、楽しい時間を過ごす心がけ。いろいろ考えてしまってネガティブな言動が多くなれば、せっかくうまく行っていた関係もブチ壊しになりますからね。