女友達が彼氏にされてて「羨ましいな~」と思ったコト3つ

「隣の芝生は青く見える」とは言いますが、人と比べて上を見ていたらキリがありませんよね。それでも、自分と他の人を比べてしまうのは人間の性(さが)……。そこで今回は、“女友達が彼氏にされているのを見て「羨ましいな~」と思ったコト”を紹介することにします! 

1:彼がSNSにラブラブな投稿

自分の近況やパートナーとのラブラブ度などが、周りの人に一目瞭然で分かってしまうのがSNSです。

なぜか、彼女ばかりが彼氏とのツーショット写真を投稿していたら、「ライバルの女に見せつけてるのかな」とか「彼に悪い虫がつかないように必死なのかな」なんて思われがち……。

対して、男が彼女とのラブラブ写真を投稿したり、愛の言葉を綴っていたりしたら、「彼女は愛されているんだなあ~」と受け止められるんですよね。

この違いがナカナカおもしろいですが、女友達の彼氏が、彼女を抱き締めている写真などを投稿していると、「愛し合ってるのね。いいな~!」となる訳です。

 

2:落ち込んでいたら花束を送ってくれる

筆者の女友達のひとりは、ヨーロッパに住んでいる外国人の彼氏と遠距離恋愛をしています。

遠くに離れているからこそ、毎日のLINEは当たり前で、コミュニケーションを欠かさないようにしているふたり。

それだけに、彼女も仕事で嫌なことがあったり凹んでいたりするときには、そういったネガティブな気持ちも彼に打ち明けているのだとか。

彼女は、胸の内を明かしてスッキリできて、彼から「大変だったね。元気出して」のひと言が貰えたら十分なのだそうです。

ところが、優しい彼氏は「言葉だけでは足りない」とばかりに、彼女が落ち込んでいる時に花束を贈ってくれるんですって!

その花束の画像を友達がSNSに投稿すると、女友達から「超スイートな彼氏でいいな~!」とのコメントがあふれ、”いいね”の件数も相当なものになっています。

 

3:彼氏から毎回気の利いたお土産が!

そして、筆者の女友達の彼氏は、海外でイベントを企画する仕事をしているため出張が多く、月に1~3回は国内&海外へ出張に行っています。

それだけ出張が多かったら、いい加減毎回お土産は買っていないんだろうと思っていたら、なんと毎回気の利いたお土産を買って来てくれるのだそう。

友達は大のグルメで料理好きなので、彼氏はご当地の特産物や調味料、お菓子などを買ってくるのだとか。

ちゃんと彼女の好みや趣味を理解して、お土産を買って来てくれるなんてステキですよね。

もちろん、そのプレゼントされたお土産を使って、彼女が彼に美味しい手料理を振る舞っているので、彼もそれが狙いなのかも!?

とにかくふたりはステキなカップルなのですが、いつもお互いのベネフィットになるようなことをし合っていて、相乗効果を生み出しているんですよね。

一緒にいてプラスになるようなことばかりだったら、「別れたい」と思ったり、他の異性に目移りすることもないだろうし、いつも「見習いたいなあ~」と思てしまうのです。

 

いかがでしたか!?

女友達って自分に近い存在だからこそ、つい「いいな~!」と思ってしまうことって多いのではないでしょうか。

単に羨ましがるだけでなく、なぜ彼女は彼にそんなに大切にされているのか、彼女の言動や彼に対する態度を観察して真似してみては!?

そうすれば、これからの恋愛に役立つのはもちろんのこと、イマイチだった今カレとの関係も改善できるかもしれません。