女が「私って…性欲強いかも!?」と思っちゃう瞬間8選

性欲と言えば男性……みたいに世の中では思われているけど、私だって性欲くらいある!と主張したい女性は多いでしょう。あなたはどうですか? 今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、女性の性欲について丸裸にしちゃいますよ!

1:女にだって「性欲」はあるっ!

(1)どんなときに「性欲」を感じる?

女性が性欲を感じるときって、どんなときなのでしょうか?

女性たちに聞くと、もっとも多い意見は「生理前」です。「生理が終わったとき」と答える方も多いです。

さらに、「排卵日あたり」というお答えも、わりとよく聞かれる答え。

ランダムにムラムラくる男性と違い、女性はホルモンバランスや生理周期に左右されていることがわかりますね。

もちろんそればかりではなく、「好みの人を見たとき」「お酒を飲んだら……」というお答えもありますよ!

(2)性欲の「処理」ってどうしてる?

では、女性たちが性欲を感じたときに、彼氏とエッチする以外の方法……つまり性欲の処理方法にはどのようなものがあるでしょうか?

スマホで動画がいっぱい見られるこの時代、ちょっとしたAVを性欲処理に使う女性は少なくありません。

ムラムラ感が強いとき、しっかり気持ちよくなりたいときなどは、遠慮なくその助けを借りるといいでしょう(架空請求等には、気をつけてね!)。

人によって好みがありますが、マンガで! という人もいます。「男性向けのものが多いAVよりも、レディースコミックのほうが気持ちもあったかくなれる」なんてケースは少なくありません。

そのどちらでもない場合、ジムやマラソンで「とにかく体を動かす」という、エッチではない方法で解消をしている人も。

男性と違って出すものがあるわけではないので、運動をして汗を流すのもひとつの方法といえます!

 

2:女が「私って性欲強いかも!?」と思っちゃう瞬間

(1)彼を誘っちゃう

彼氏にエッチを誘われるよりも、彼氏をエッチに誘うほうが多い!

そんなときは、女性として(私のほうが性欲が強いのか!?)と少し悩んでしまうかもしれませんね。

(2)2回目がしたい

彼氏とエッチをしても、2回戦を心の中で希望してしまう。

だけど、彼氏は疲れているみたいで、とても「もっかい!」なんて言えない……ということだってありますよね。

それが毎回ならなおさらです。

彼氏が体力を使いすぎないエッチを工夫してみるといいかも……。

(3)会うとしたくなる

彼氏に会うと、そのたびに(エッチしたい、エッチしたい)と思ってしまう!

毎回コレじゃあ、自分のことを「性欲が強いかも」と感じてしまうのもしかたがありませんが、それは彼を好きな気持ちが大きいだけ?

(4)ついエッチなことを考える

彼とのエッチの翌日や、エッチな動画やマンガを見たあとだと、(やだ……私ったらエッチ!)と赤面してしまうことも。

実際、思い出すことや想像、妄想って、勝手に頭の中から沸いて出てくるものだから困っちゃいますね!

(5)ひとりエッチの回数が多い

「実際みんながどれくらいひとりエッチしているのかわからないけど、自分で(これはちょっと回数が多いんじゃ?)と思ったとき」は、自分の性欲の強さを感じずにはいられません。

かといって、結局ほかの人がどうしているかわからないので、強いかどうかの確信は持てませんが……。

「ほぼ毎日ひとりエッチ」というようなことになると、さすがに強いかも!と思ってしまいます。でも、ひとりエッチって歯磨き同様、習慣性が高いものといいます。単に習慣になっているだけ、ということも大いにあります。

(6)エッチな広告に反応する

「Webを見ていると容赦なく表示される男性向けエロゲーの広告に目が行ってしまう……」。

うまくできてるなあと思いつつ、ついついムラムラしてしまうと、性欲が男性みたいに強いのかな……と感じてしまうこともありそうです。

(7)満月のとき

女性が意味もなくムラムラしてしまう日、というのもあります。

何を見たり、聞いたりしたわけでもないのに……性欲が強いのかしら?

と、思いきや、実は満月の日だったり、満月の前後かもしれません。「月が満ちると性欲が強くなる」という説もあります。

(8)ちょっと触れられてムラっときたとき

たとえばお酒の席で男性に触れられたり、彼氏にちょっと撫でられたくらいで(もっと!)と感じてしまったら……。

相手にエッチ心がなさそうなときや、それ以上手出しをしてこないときは、「私の性欲が強いのかな?」と考えてしまうこともあるでしょう。

 

3:性欲処理してる?みんなに聞いた「私の解消法」

(1)スポーツ

エッチ系ではない方法で性欲を解消しようと思うと、スポーツは意外にいい方法のようです。

スポーツといっても内容は様々で、走り込みから筋トレまで、好みは人それぞれ。

(2)男友達としゃべる

「たとえ相手が男友達であっても、男性としゃべるだけで性欲がある程度は解消する!」という女性もいます。

男性とおしゃべりできれば、エッチはなしでもOK……ということのようですが、ヘタに試すと、逆に気になってしまいそうですね。

(3)入浴する

「入浴することで、ムラムラも一緒にサッパリ!」と言う人もいます。

性欲が満たされるわけではないのかもしれませんが、気分がリフレッシュして性欲が気にならなくなるのかも。

(4)妄想する

「あれやこれやと試して性欲をごまかそうとするよりも、むしろしっかりと性的な場面を妄想して、脳内で満たされる」という方法もあります。

彼氏や憧れの人に、エッチなことをされる妄想をするのは、定番の性欲処理方法です。

(5)マンガや小説をみる

もちろん、妄想だけではなく、実際にエッチなことが書かれている物語を読むのも、性欲処理の方法としては有効。

マンガや小説で手軽にドキドキを疑似体験できるので便利ですよね。

(6)エッチ動画を観る

ネットなどで配信されている無料AV動画は、女性たちにとっても大変重宝しています。

今は女性向けを謳ったサイトも複数あり、一定数までは無料のものが。

こっそり性欲処理するには最適かも。

(7)自分でする

当然ながら、もろもろのオカズを味方につけて自分でしている、という人も少なくありません。

「必要があれば自分で対応する」というのは、大人として当たり前のことですよね。

(8)彼氏を誘う

そして、もちろん忘れちゃいけないのが彼氏の存在です。

パートナーがいるという方は、性欲を感じたらパートナーをお誘いするのも手段の1つ!

遠距離だから、電話で……など工夫している人もいますよ。

 

4:すぐチェック!「あなたの性欲の強さ」診断!

(1)エッチな夢をよく見る?

エッチな夢を“よく”見るという人は、性欲強めな傾向を示しています。

(2)いつの間にかエッチな妄想をしている?

「いつの間にか」というところがキモ。

「なんだかムラムラするから、妄想しようっと……」というのは含みません。

(3)酔ったらしたくなる?

お酒は性欲をアップさせると言いますが、酔っても別にしたくならない人もいます。

酔ったらしたくなる場合、それがあなたの本性かもしれません。

(4)睡眠に差し支えることがある?

ムラムラして眠れない……!

そんなことが頻繁にあればあるほど、性欲は強いと言えます。

(5)食欲は旺盛?

小食とは無縁! 自分はよく食べるほう!

そんな女性は、性欲強めな可能性大。

(6)ひと目惚れしやすい?

ひと目惚れしやすい人で、性欲が弱い人はほとんどいません。

ひと目惚れとは、言わば相手と「スグしたい!」というシグナルなのです。

(7)人差し指より薬指が長い

「人差し指より薬指が長い人は、性欲強めである」と言われています。

これは男性でも女性でも同じです。

(8)メンヘラ体質

精神的に不安定な部分があり、相手に依存しやすい体質の女性は、相手に依存したいという理由で性欲旺盛になることがあります。

これは依存性があるというだけで、純粋に「この女性はエロい」とは言えませんが、「性欲が強くなりがち」です。

 

5:「性欲があまりない」人はどうしたらいい?

性欲が少ない、あまりない……という状態でも人生に差し支えはほぼないと思います。ただ、パートナーとの関係で、多少支障をきたす可能性はありますね。

一般的に、特に若い時ほど男性のほうが旺盛にエッチをしたいと考える傾向にあります。

そのときに女性側がエッチに対して淡泊だと、関係にヒビを入れてしまうことがあるのです。

性欲があまりないとしても、彼氏のエッチの誘いを3回連続で断るのは良くありません。

できれば2回連続お断りも、しないほうがいいでしょう。

もしどうしてもいやな場合は、淡泊なタイプの彼氏を探す努力が必要になるかもしれませんね。

 

6:彼氏と性欲の強さが合わなかったら、どうしたらいい?

性欲の強さに波があるのが普通です。夫ではなく彼氏なら、1週間に1度会うか会わないかでしょうから、お互いの性欲の波のタイミングが合わないことも……。

「彼氏は性欲旺盛だけれど私は淡泊」、反対に「私は旺盛だけど、彼が淡泊」ということもあるでしょう。

ムダな浮気やセフレ作りを防ぐためにも、性欲の強さにズレがあると感じたら、パートナーと話し合って、どれくらいならお互い、折り合いがつけられるか相談しましょう。

実は話し合いをしてみたら、自分も彼氏も「“もっとしたい”と思っていた!」というケースも多いんですよ。

 

7:女の「性欲」を味方につけようっ!

女が性欲なんて、みっともない、はしたない……。

女性は誰しも、このように思ってしまいがちですが、しかしよく考えてみて。

性欲は、生物が種を保存するために、つまり人間がこの地球上の環境の中で生き残るために持っている、本能的な衝動、感情です。

性欲がなければ、私たち人間は繁殖していくことができません。

性欲とは本来、イヤラシイことでもなんでもないはずなのです。

そればかりか、性欲が満たされたり、上手に磨かれたりすることで、女性は女として、ますますきれいになり、美しくなる。

男性を惹きつけるフェロモンを身にまとうことができるようになるのです。

あなたも、性欲を嫌悪するのではなく、女の性欲を味方につけて、昨日よりも今日、今日よりも明日と、どんどん、どんどん美しくなってくださいね!



Мы предлагаем заказать и www.velomarket.org.ua у нашего менеджера.