実は大好き!? 男が「まんざらでもない」恋愛シチュエーション8選

「まんざらでもない」とは、どういう気分やシチュエーションを指す言葉なのでしょうか!? 今回は、男子が好きな「まんざらもない」恋愛シチュエーションを徹底解説していきます!

1:男は「まんざらでもない」恋愛が好きッ!?

男子に「まんざらでもないんだよな」って思われている恋愛って、みなさんは、どう思いますか?

「好き!好き!大好き!」というレベルまでは熟していないけれど、「まんざらでもない」という感覚の恋愛です。

実は男子には、まんざらでもない恋愛をけっこう好む傾向もあるようで……。

いったい、どういうことだと思いますか!?

(1)「満更」ってどういう意味?

まずは、「まんざらでもない」ってどんな意味なのかを、この機会におさらいしておきましょう。

「まんざら」は、漢字で書くと「満更」となります。

意味を辞書で調べてみると……。

《語源未詳。「満更」は当て字》

[副]

(否定的な表現のあとにさらに打消しの語を伴って)否定的な意味合いをやわらげたり、むしろ逆に肯定したりする気持ちを表す。必ずしも。「満更捨てたものでもない」

全く。ひたすら。

「―の下手が造ったものとは異 (ちが) う」〈露伴・太郎坊〉

[形動]《あとに来る否定的な意味の語を省略した形。近世語》まったく好ましくないさま。

「いづれ―なことさね」〈黄・孔子縞〉

(出典:デジタル大辞泉・小学館)

なんと、「満更」という漢字は、当て字でした!

しかも、語源も不詳。

否定的だったり、肯定的だったりの両側面を持っていたり「必ずしも~ではない」的なニュアンスを含んでいたりと、なんとも曖昧な言葉。もともとこの言葉の有する歴史からして、不思議で曖昧な言葉みたいです。

つまり、「まんざらでもないんだよな」的な恋愛は、“非常に曖昧でファジーな恋愛を指す言葉”と言えますね。

(2)微妙な否定が微妙な男心にピッタリの言葉?

そんなわけで、「まんざらでもない」は、微妙な否定感が微妙な男心理にしっくりくる言葉にもなっているのです。

「俺、あいつのことまんざらでもなくてさ」と口にする男子は、心の揺れ動くさまが、まさに“まんざらでもない”な状況だったりするわけです。

 

2:男が「まんざらでもない」恋愛シチュエーション8選

さて、ではここからは、男子たちが「まんざらでもない」と感じる具体的な恋愛シチュエーション8選をご紹介!

(1)自分をずっと好きでいてくれている

自分のことを長い期間にわたって好いてくれている女子には、無条件に感謝の気持ちが湧いてくるのが男子というもの。

その結果として「あんなに好きでいてくれるなんて……。俺も、まんざらでもないんだよな」という思いに傾きがちです。

(2)可愛い女子が好いてくれている

周りから「あの子って、可愛いよな」と言われている女子に好かれると、とくにその子のことを好きではなくとも、そのうちに「まんざらでもないかも……」と思い始める男子も多め。

みんなが「いい」と言っている対象だから、「まぁ、いっか?」となるのでしょうね。

これぞまさに、まんざらでもない感じ!

(3)自分を理解してくれている

「好き!」まで気持ちが熟していない相手と交際する男子の中には「あの子は、俺のことをよくわかっているみたいだから」というパターンもあります。

これも「まんざらでもない」という感覚から交際に至っているケースと言えるでしょう。

(4)自分をいつも褒めてくれる

「自分の気分をよくしてくれる女子を手元に置いておきたい」と考える男子は、意外と多め。

ですから、好きではなかったけれど「アイツって、俺のことすっごい気分よくしてくれるんだよなぁ」という気持ちにさせられる女子との恋愛も、男子にとって「まんざらでもない」から始まる関係です。

(5)本命が振り向いてくれない

「まんざらでもないからいっか」で始まる恋愛の背景には「本命が振り向いてくれないから、この子でいいや」が潜んでいることも。

男子にとっては、苦労なく手堅い相手と手軽な関係を始められるというメリットがありますね……。

(6)“保険”が欲しい

セカンド女子が欲しい、つまり恋愛でも保険な関係を求める男子ほど「まんざらでもない」と思った女子と、手っ取り早く深い関係になる傾向も。

いわゆる二股です。ヒドイですね。

(7)恋愛に興味がないけれど彼女が欲しい

「正直、そこまで恋愛に熱意や執着はもてない」。けれど「とりあえず彼女は欲しい」的な男子も「まんざらでもない」と思った対象との恋愛関係に至りがちです。

心の繋がりとか愛の喜びとかよりも、形式として彼女が欲しいタイプですね。

(8)周りがうるさい

友達から「お前も誰かと付き合えよ」と言われたり、親から「早く恋人くらいつくりなさい」などとお説教されたりすると、うるさく言われるのがイヤで「まんざらでもない」と思った女子と交際に至る男子も珍しくないみたいです。

 

3:彼に「まんざらでもない」と思われている恋愛はアリ?

もしも、今おつきあいをしている彼氏に「コイツは、まんざらでもないから」と思われていたら、みなさんはどう感じますか?

とてもファジーなニュアンスが含まれている表現だけに、褒められているのかけなされているのか、煙に巻かれる感があります。

ハッキリしたことを避けたがるファジーな男子ほど、曖昧な「まんざらでもない」からスタートする恋愛を好む傾向もあるのかもしれません。しかし、女子としてはイマイチ嬉しくない恋愛になりそうな気がするのは、筆者だけでしょうか。

もちろんその先で、本気の恋愛に発展する可能性だって、ゼロではありませんけどね!

 

 

【参考】



Нашел в интернете авторитетный интернет-сайт с информацией про Meizu U10 обзор.