あざとい女の特徴9個!あざとい女はやっぱりあざとく男からモテる!?

みなさん「あざとい女」は嫌いですか? 多くの女性が「嫌い」と言うかもしれません。でも学ぶところも多くありそうです。だいたい「あざとい」と思われている時点であざとくないっ!? ……というわけで、“リアルあざとい”について、数々の恋愛メディアでご活躍されている元No.1キャバ嬢ライターのナナミ・ブルボンヌさん監修で研究していきましょう。

1:「あざとい」の意味とは?

小学館デジタル大辞泉によると、「あざとい」の正式な意味は下記。

<1 やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。「―・い商法」

2 小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。「考え方が―・い」

「―・き方便 (てだて) に討たれさせ給ひしは」〈浄・矢口渡〉>

(出典:小学館デジタル大辞泉)

……なるほどぉ。なんだかどれも悪そうな意味で、「あざとい」が悪口っぽく使われるのもうなずけます。

「あざとい恋愛テクを使う」などという使われ方をよくしますが、「やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない」という意味でありますし、それでいて、そのやり方が周りに透けて見えている点で、「思慮が浅い。あさはかだ」という意味も含んでいる気がしますね。

「あざとい」という言葉は、1と2、両方の意味を含蓄させたダブルミーニングの形で、うまーく悪口をオブラートに包める……とはいえ、包みきれてはおらず、「あの子、あざとい!」なんて言っちゃう子自体も、「あざとい」と言えるのかも?

 

2:女が嫌う「あざとい女」の特徴9つ

(1)好きな人の好みに合わせる

たとえば、Aくんのことが大好きなB子さんがいたとします。Aくんはみんなの前で、「俺、おっぱい大好き。巨乳の子が本当に好き」と言いました。

それを聞いたB子さんは、次の日、自分の胸を盛りに盛って、しかも胸元を開いて、登場して見せたのです。

(2)目標達成のために手段を選ばない

周りの子は、それを見て唖然としながら、ヒソヒソと「見た!? あれ。あざとーい……」とB子さんの悪口。

しかし、B子さんは胸を盛りに盛った甲斐があってか、そこまでやる根性が身を結んだのかは定かではありませんが、ついにAくんをモノにするのです……っ!

(3)女の体という男の弱点をつく

「胸とか超押し当ててたらしいよ……」

「超盛ってるくせにね」

「よくそこまでするよね? 本当、あざとい」

周りの子はB子さんの悪口を陰で言いますが、勝ったのはB子さん。手段は選ばず、大好きなAくんを自分のモノにしました。

(4)笑えない成功をおさめる

もちろん、B子さんの勝利を周りは祝福できません。もし、B子さんが胸を盛りに盛って、胸元まで開いて見せて、それでもAくんに見向きもされなかったら、

「本当、よくやるよねー(笑)!」

と笑い者になっていたことでしょう。

「周りから悪く思われる」という意味では、「思慮が浅い、あさはかな」戦略ですが、たとえそう思われても、「ずうずうしく、抜け目なく」Aくんをゲットしたのです!

(5)イケメンの近くに座る

C子さんは、合コンでいちばんイケメンのDくんにひと目惚れ。でも、みんなだって絶対にDくん狙い。熾烈な席取り合戦……、無残にも幹事に案内されたのは、Dくんの遥か遠く、いちばん奥。

しかし! ここで負けないのがC子さん。

「私、すぐ酔っちゃうから、こっち座るー」

と出入り口近くに座っていたDくんのとなりにちょこん。

「見た!? あれっ!」とほかの女性陣が目配せしあったのは言わずもがな……。

(6)思惑が透けて見える

「私、Dくん狙いだからとなりに座っていい?」なんて断りはもちろんありません。でも、どう考えてもDくん狙いから生じたこの行動、

「あの子、お酒超強いよね!?」

「あざと〜……」

なんて悪口を言われてしまうのはしかたのないこと。思惑が透けて見えています。しかし、やっぱり、ずうずうしくて抜け目なし。

(7)「酔ってきちゃった〜」

ほかの子だって負けていられません。合コンで唯一のイケメンDくんのそばへ近づこうと、C子さん抜きのグループLINEでやりとりしながら、ほかの男子も味方につけ、「そろそろ席替えターイム」……と言おうとしたら?

察していたのかC子さん、「酔ってきちゃった〜」とDくんにふにゃっとしなだれかかり……。

(8)空気を読まないイイ子キャラ

そこそこ可愛いC子さんにイチャつかれて、まんざらでもないDくん。

「大丈夫? いける?」

と性格もイケメン。

「あ……っ、すみません。本当に。大丈夫でーすっ」と急にイイ子キャラになって立ち上がったC子さんですが、「キャー」と豪快に、わざとらしくコケます。

(9)周りをおいてけぼりにし、完全に主役

「おいおい大丈夫ー?」と、周囲の男子は完全にC子さんに注目。みんなに心配かけないよう、キャピっと元気に明るく振舞うフリをするC子さんに、女性陣は唖然……。

「あなた、酔ってもないですよね? その酒量じゃ……」

なんて言える空気ではなく、「C子さんておもろいねー」と人気者になった謎の知らないキャラを、ただただ生暖かい目で見守ることしかできませんでした。

 

3:男は「あざとい女」が好き?嫌い?

というわけで、「女が嫌うあざとい女」の特徴を見てきましたが、男子から見て「あざとい女」はどんなイメージなのでしょうか。好き? 嫌い? そもそも見抜けない?

ダイレクトに「あざとい女は好きですか?」と聞かれれば、「あまり……」と答えるでしょうが、実際あざといテクニックを使われたら、メロメロ〜としてしまうのが男子という生き物。

たとえバレバレでも、一生懸命なその姿に、「そんなに俺のこと好きなのか……」とも思えますからね。

ですが、「自分を落とす」以外に「女のあざとさ」が発揮されたら……? きっと「あいつは最悪な女だな!」と怒りを爆発させることでしょう。

 

4:男が嫌う「あざとい女の」特徴3つ

(1)権威に取り入る

出世競争などで、あざとい女が敵に回ると、男にとってこれほど恐ろしいことはありません。なにせ、決定権のある上司に色仕掛けで取り入って、いいポジションをキープしつつ、ライバルの男を蹴落としまくりますから。

数字や結果で判断しないような会社だと、こういった「あざとい女」の独壇場に。

業績がガタガタになったころに、これまたあざとくほかの部署へ移り、前の部署の悪いところをケチョンケチョンに言いふらします。自分がめちゃくちゃにしたくせに……。

(2)あざとい女気取り

あざとい女になりたがり、あざとい女気取りの「あざといワナビー」も男に嫌われる存在。「君には誰もあざとさとか求めていないから。もっと優しさとか、そういうとこアピールしたほうがいいよ」と心から伝えてあげたいと思っています。

「顔が悪くて性格も悪かったら最悪だよ?」ということなのでしょうか……。

(3)本性があざとい

誰にだって、あざとい一面はあるでしょう。でも、常にあざとかったら、それはもうその人の性格としか言いようがありません。

超好きになっちゃったから……とか、この仕事はどうしても欲しいから……とか、「よし、ここはあざとくいくべきだなっ」なんて考えられる女性は、(本気であざといですが)、まあ男性から見てかわいいもの。

ですが、常に自分の利益が最大になるように小賢しく振舞うような「あざとさ」があったら、さすがの男性も「いいかげんにしろ!」と怒るでしょう。

 

5:「あざとい男」の特徴5つ

次に、あざとい男の特徴も見ていきましょう。

(1)ブスに優しい

残念ながら、ブスに対して世の男性は冷たいもの。そんな男の性を知っているから、世の女性たちはみな美しいのです。

ところが、あざとい男は、ブスにも優しくできます。この、「本能に逆らってる」と言っても過言ではない行動が、いかに女性の人気を勝ち取ることができるか、よく知っているのです。

今まで優しくされたことのないブスが、彼を好きになってしまうことは明白なのに、ほかの女性の人気のために思わせぶりな行動をするなんて、まったくひどい。

(2)権力者におもねる

いちばんえらいと思われる上司を狙い撃ちして、しっかりとお酌。お世辞も言いまくり。おもねられた権力者のほうもまんざらではないため、まさに「あざとく」出世していきます。

自分が権力を手に入れたらなんとでもできるので、周りの雑魚の評価なんて気にしません。

(3)勉強してないフリ

ちゃんと勉強しているのに、周りには「全然勉強してないよー」宣言。しかも自分は点数がいいから、本当は入っちゃいけないはずの、みんなの「マジ、むちゃくちゃだったわー」「完全にヤバい……」みたいな話にもちゃっかり参加。

「なんか部屋片付けとかはじめちゃってさー。終わったころには、疲れ果てて寝てたわ」なんて作り話までする始末。

彼の点数を知らない周りが「わかる! それ!」と呑気に笑っているのを、心の中であざ笑うのです。

(4)SNSのプロフがなんか言いたげ

「慶應義塾大学経済学部に主席で入学するも、うっかり単位がひとつ足りず、1年留年→博報堂入社→睡眠時間の短さに耐えきれず、2年で退社→現在は気ままにNPO法人“自由な睡眠時間”設立。代表としてしっかり寝る毎日w」

……みたいな。

言いたいことは「慶応大学経済学部主席入学」「博報堂入社」「NPO法人代表」なんだけど、自慢に思われたくないためか、なんかちっちゃな自分落としみたいのを必ずつけるプロフの人、周りにいませんか?

(5)彼女いるのに「いたらこんなとこ来るわけないじゃん」

合コンに行くと必ずひとりはいますね。本当は彼女がいるくせに、「彼女いるのー?」と聞かれると、「いたらこんなとこ来るわけないじゃん」と言う男。

本当に彼女がいない人は、まずこのセリフを言いませんから。

合コンを「こんなとこ」呼ばわりする根性もすごくて、「俺は彼女ができたら、合コンとか嫌いなタイプなんですわ」という軽くイイ男アピールになっているんですね。

 

6:あざとい女から学ぶこと

以上、「あざとい」について見ていきましたが、いかがでしたか? あざとい女はやっぱり悪いヤツだと思ったでしょうか? しかし、激しい競争社会を勝ち残っていくには、「あざとさ」だって大事。

「ああいうの、やだねー」と笑っている周囲なんて、「あざとい女」から見れば、ただの「負け犬の遠吠え」。

「口惜しかったら自分の手を汚してみれば?」なんて椎名林檎チックなことを思っているかもですね。

 

あざとい女がモテモテ!? オススメのマッチングサービス5選|PR

「あ、私ってあざとい系の女かも」と、この記事を読んで気づいてしまったアナタ。その実力をマッチングサービスでも披露してみてはいかがでしょうか?

これまでとは違った出会いが広がり、新しいタイプの男性からもモテモテ。モテる自分を再発見しつつ、本気のパートナーにも巡り会えるかも⁉︎

(1)ゼクシィ縁結び

こちらは、結婚情報誌で有名な「ゼクシィ」が運営している、知名度・安心感抜群の大手婚活サービス『』。「つきあうなら結婚を意識したおつきあいをしたい!」という人におすすめです。

会員登録や基本機能は無料。相手とのメッセージのやりとりを継続的にしたいとなったら、男女ともに有料会員登録への切り替えが必要となります。

そのぶんコンシェルジュがデートの場所や日時などを調整する機能、出会うためのイベントや、婚活のプロに相談できるカウンターなど、トータルサポートが充実!

(2)YYC

毎日4,000人が登録しており、累計ユーザーが1,000万人以上という『』。ユーザー数が多いので出会いの幅が広いのが特長です。

無料コンテンツも豊富で、同じ趣味の人と話せるコミュニティもあるので、気軽に利用できるのが人気。共通の話題がわかっている場で交流できるので、気が合う人と出会いやすいです。

女性は無料で、男性もポイント課金制なので、お金をかけずに気軽に出会いを求めている人にはぴったりと言えそうです。

(3)youbride

結婚への意欲が高い人が多い印象なのが『』。約6割が3ヶ月以内に相手を見つけているという驚きの成婚率を誇っています。

mixiが運営しており、安全性も高いと評判です。

普段出会うことができないような人との出会いも期待できるので、婚活を真剣に考えている人におすすめです。

 

 

(4)Matchbook(マッチブック)

リクルートグループの運営で、『Ray』や『mina』など多くの女性誌も掲載されている安心の大手マッチングサービス『』。

Facebookユーザーのみ利用可能で、しっかり安全性も確保。しかもFacebook上に投稿される恐れもないので、周りに知られずに簡単に利用できます。

サイトの理念に共感した有名大学のミス&ミスター100人が登録しているので、年下彼氏狙いのあなたは、イケメン彼氏と出会えるチャンスがあるかも……!

 

 

(5)Omiai

おすすめのユーザーが送られてきて、そこに「いいね」をすることでチャットを開始できるのが『Omiai』 。

Facebookでの認証を利用しているので、安全性も確保できるうえ、気軽に登録することができるので、仕事で忙しくても出会いのチャンスがあります。

また、厳戒な監視体制も謳っていて、安全面も十分にサポート。怪しいユーザーは強制退会させられます。