告白して振られた後に…「LINEで気を付けるポイント」5つ

告白して振られた経験ってありますか? 振られた後って、すべてが終わったって感じになってしまうと思います。でも、実際は振られた後に連絡を取り続けることも多いはず。そんなときに気を付けたいポイントをご紹介します。

1:告白して振られた……ショックですよね?

好きでしかたがなくて、付き合いたいから自分から告白。

でも振られてしまった……。「絶対にOKしてもらえるはず」と確信していたわけではなく、「振られてもしょうがない」という覚悟があったとしても、それでもショックはショック。

「次に会うときどんな顔すればいいの!?」なんて不安にもかられてしまうと思います。

 

2:友だちに戻るべき?縁を切るべき?

振られた相手との関係は、告白する前よりもめんどうになっていることもあります。友達としてそのあとも付き合いを続けるべきか、縁を切ってスッパリ忘れるべきか……。ここは悩みどころでしょう。

「振られても好きだから友達としてでも関係は続けたい」と思う人もいれば、「付き合えないのに顔を合わせているのは辛い」と考える人もいます。

ただし、「1度振られたから絶対に次がない」というわけではないので、細々とでも連絡をとり続けておいた方が得策と言えるかもしれませんよね。

 

3:告白後に送るLINEで気を付けるべきポイント5つ

では振られた後にLINEを送る場合に、気をつけるべきポイントをご紹介しましょう。

(1)恋愛感情は一旦控える

振られた後でも一生懸命「私はあなたのことがそれでも(振られても)好きなの!」と伝え続けるのはNGです。

相手の男性だって、その気持ちは重々承知しています。それでも今は付き合えないと判断したのです。

「気持ちを押し続ければなんとかなる」という甘い考えでいると、相手から友達としてすら扱ってもらえなくなるかもしれません。

(2)彼女気取りは止める

告白した後、彼女のように相手を心配したりするLINEを送る人がいます。ですが、男性にとってそれはお節介以外のなにものでもありません。

そういう心配をしたいのはわかりますが、LINEなどで直接言うのはやめましょう。

(3)傷ついてるアピールをしない

友人のNさんは、女友達から告白されて迷った末に断ったそうです。ですがそのあと、その友達から「ショックでご飯が食べられないよぉ」とか「やっぱり本気で好きだったみたい」のような傷ついている自分をアピールするLINEが何度も送られてきて、正直怖かったのだとか。

自分の気持ちを素直に伝えているだけでも、相手にプレッシャーを与えてしまうことがあるのでご注意を。

(4)既読スルーも許す

「振ったほうの男性は、なんにも考えていないのだろう」と思うのは見当違いです。振ったほうにもしばらくは罪悪感とか迷いが生じるのが普通。

振った相手からLINEが来ても、なんて返していいのかわからなくて、既読スルーしてしまう場合だってあります。そんな相手を責めるようなことをしてはいけません。しばらくすれば自然な関係に戻れると信じて!

(5)辛いなら送らないのもひとつの手

振られたけれど、「絶対に縁を切るのは嫌で友達に戻りたい!」。こう強く思えば思うほどLINEの内容をどうしたらいいのか、迷ってしまいますよね。

振られたショックを我慢して送ったLINEには、隠しているようで隠し切れない本心も混じってしまうもの。辛いなら相手からLINEが来るのを待って、自分から頑張ろうとしないでもいいんです。

 

4:LINEのNG事例3選

実際に告白失敗後のLINEのやり取りに失敗して、友達関係に戻るのも大変になってしまった女性たち。彼女たちに、一体どんなLINEを送ったのか聞いてみました。

(1)「今日は変なこと言ってごめんね」

「私は、告白したこと自体をなかったことにしたくなって、“今日は変なこと言ってごめんね。忘れていいから”って送ったんです。そしたら相手の男性から“変なことってなに? あれ本気じゃなかったの?”って返ってきて。

“いや、本気だよ! だけど、イヤだったかと思って……”って返事したら、“忘れていいくらいのことだったなら、言わなきゃいいのに”ってちょっと怒った感じで言われちゃって。

本気で告白したなら“忘れていいよ”は禁句だったなぁって反省してます」(Nさん/26歳)

(2)「マジ辛いー」

「振られた後ってちょっと自暴自棄みたいな気分になりません? だから告白した相手に“もうマジ辛いよー。どうしてくれんの!?(笑)”って冗談交じりで送ったんですけど、そしたら結構本気にされちゃって“え?それって俺のせいなの?”って。

そこから険悪なムードになったので、しばらく連絡取れませんでした」(Fさん/25歳)

(3)「やっぱり好きだから……」

「振られた後、普通に駅まで送ってもらって別れたんですけど、家についてから感情が抑えられなくなちゃって、“今日は送ってくれてありがとうね”とだけ送ろうとしたのに、つい“振られたのわかってるんだけど、やっぱり好きだから……”って送っちゃって。

そうしたら相手から、“うん、気持ちは嬉しいけど、無理なモノは無理だし。正直こういうこと言い続けられるの、こっちも辛いから”って。結局そのまま音信普通になっちゃました」(Yさん/28歳)

 

5:いざリベンジ!チャンスを掴む復縁方法

では、1度振られたらそこで本当に諦めなければいけないのでしょうか? 実はそうでもないようです。

2度目の告白で付き合うことになった、という経験を持つ人もいるんです!

一体どうやったら奇跡を起こせるのか? ズバリ、2度目の告白を受け入れた男性に話を聞いてみました。

男性エピソード3つ

1.友達として仲良くなってから

「1回目の告白は正直タイミングが早すぎたんですよね。まだ俺相手のこと何も知らなくて、好きかどうかも自分でハッキリわからなかったから断ったんです。

でも、彼女、そのあとも告白前と変わらない態度で接してくれて、LINEとかで雑談も毎日してたら楽しい子だなぁってわかってきて。

だから2度目に“やっぱり付き合いたいな”って言われたときにはOKしました」(Tさん/30歳)

2.タイミングの問題

「1回目の告白の時って、僕が前の彼女と別れてすぐだったんですよ。別れてすぐは狙い目とか言いますけど、僕の場合は別れてすぐで他の彼女とか考えられなくて、断ったんです。

そのあと、友達としてお付き合いしていって、前の彼女のことで傷ついた気持ちとかもすごくたくさん聞いてくれたんで、だんだん好きになって。だから2回目の告白では断る理由がなかったですね」(Mさん/33歳)

3.彼女の真剣さに心を打たれて

「僕の場合は、彼女から最初告白されたときは彼女が結構チャラチャラした子に見えてて、自分とは遊び感覚で付き合うんじゃないかって不安でした。だからごめんなさいしたんです。

ただ、そのあと、彼女の友達とか男友達とか通して話を聞いていたら、実際はそんな遊びで付き合うような子じゃないってわかってきて。

それで僕の方から普通に友達として、って話で一緒にカフェとか行くようになって。彼女は口で言わないけど僕のことを真剣に好きでいてくれるのが伝わってきて。2回目は僕の方から告白しました」(Oさん/27歳)

チャンスをつかむポイント3つ

こんな風に2度目のチャンスを掴むポイントってどこにあるのでしょうか?

1.じっくり時間をかける

先ほど話を聞いた3人ですが、みなさん1回目の告白から2回目の告白で付き合うまでに半年以上の間が開いていました。告白から告白の間には、じっくりと待ちつつ、ゆっくりと気持ちを伝えていくことが重要そうです。

一旦恋人になりたいという気持ちは置いておいて、人としての魅力を相手にわかってもらえるように努力し続けると、次第に相手との距離も縮まって2回目の告白でOKもらえる可能性が高まりますよ。

2.傷ついた心は隠して

告白後のLINEの失敗例でもお話したように、振った側の男性も少なからず、もやもやした気持ちを持っているモノ。そんな男性に向かって、自分だけが悲劇のヒロインのような顔をして傷ついているアピールをするのは逆効果です。

振られてからでも気丈に女友達として振舞ったり、真剣な気持ちを間接的にでも伝え続けることで、男性はなにか感じるものがあるようです。

3.タイミングも大事!

2度目の告白で付き合った男性たちの話によると、告白の成否にはタイミングも関わってくるようですよね。相手が傷ついていたり、仕事が忙しすぎたりすると、いくら素敵な相手からの告白でも余裕がなくて受け止められないという気持ちになるでしょう。

1回目の告白は勢いでしてしまう場合が多いかもしれません。でも、2回目となると相手は自分の気持ちを知っているのですから、じっくりと作戦を練ることも重要になります。

相手と自分との心の距離をしっかりと見極めて、相手の心に余裕がある時を見計らって告白をしてみると成功率も上がりそうです。

 

6:告白は1度で諦める必要はなし!

告白って1度きりしかチャンスがないと思ってしまいがち。そう思うと1度振られると「もう絶対に無理だー」と諦めてしまいそうになります。

ですが、2回目の告白でチャンスをものにした女性だって世の中にはたくさんいる様子。何度かチャンスがあると思えば、1回目の告白の後にも冷静に対処ができるので、相手に不快感を与えずに済みそうです。

感情的に動きすぎると失敗する確率があがります。いつでもどこか冷静でいることも、恋愛の勝者になるには必要なことかもしれません。

 


Нашел в интернете интересный web-сайт с информацией про Велосипеды Comanche.