結婚式の着物「着こなし術」!選びたい色から髪型、バッグまで徹底解説

みなさん、結婚式にお呼ばれしたときに着物を着て行ったことはありますか? 「着てみたいけど、敷居が高くて……」と思っている女子もいるかも? そこで今回は、友人の結婚式、披露宴に着物で参列するときの着こなし術を徹底解説していきます。

1:友人として、結婚式に着物を着ていきたいッ!

友人から結婚式の招待状が届くと、まず考えるのは「何を着て行こう?」じゃないでしょうか?

そして、「ハレの日だし、たまには着物を着て行きたい!」と思う人もいるはず。

でも、着物スタイルって着慣れていないと「何をどう選んだらいいのか……」と、頭を抱えてしまいますよね。

結婚式に着物を着ていくなら、色々なマナーがありそうで、よくわからないとためらってしまいがちでもあります。

(1)「髪型」も合わせなきゃダメ?

着物を着慣れていないと、「髪型、どうしよう?」というお悩みにも、ぶち当たりますよね。

着物に洋風な髪型を合わせるスタイルもありますが、結婚式や披露宴は正装の場、「髪型は美容院でセットしてもらわないとダメかも……」と思うのも当然です。

実際、髪型までトータルでコーディネートしたほうが、着物スタイルはグッと華やかになりますし、目上のゲストから見たときにも好印象です。髪型は着物のテイストに合わせて損はありません!

(2)色はどんなのがいいの?

「花嫁さんの衣装とカブる色は、避けるべき」というのがマナー。

ですので、お色直しのカラードレスと被る色は避けたいところ。事前に花嫁となる友達に聞くとよいでしょう。

せっかく着物を着て行ったのに、花嫁さんと色が丸かぶり!という事態になれば、マナーがない人だと思われかねません。

洋装の場合と異なり、着物の場合には白を避ける必要はないという説もあります。しかし、年齢もまちまちな方が集う場で「あの人、マナー違反じゃない?」と思われることは避けたいところ。わざわざ白を選ぶ必要もないでしょう。

どうしても白色の着物を着たい場合には、小物や帯などで色を入れて、“真っ白”な印象にならないようにしましょう。

また、黒地の着物も親族と間違えられることが多いので、友人として参列する場合には避けたほうがよいでしょう。

 

2:自分でできる?結婚式で着物に合わせる髪型8つ

では、ここからはヘアサロンや式場でセットしてもらわなくとも、自分でできるアレンジを、髪の特徴別に8つほど見ていきましょう。

結婚式に参列するときには、やや華やかな雰囲気に仕上げつつ、マナー違反にならないレベルを心がけたいものです。

(1)ボブの場合

ボブのレングスの場合は、しっかりブローして、艶やかな美しいボブスタイルにセットするのが王道。

ハネている箇所のないようにセットしていきましょう。

(2)ミディアムの場合

ミディアムヘアの場合は、ダウンスタイルにしてしまうと、やや重さが出てしまうため、アップスタイルにするのがベター。

お団子にする場合には、毛先に動きを出すと華やかな印象になります。

(3)ロングの場合

ロングヘアの場合には、どんな着物にも合わせやすい“夜会巻き”のスタイルがオススメです。

少し華やかさに欠けると思うならば、かんざしなど、和のヘアアクセを使うと、着物スタイルによく合う華やかヘアになります。

(4)ショートの場合

ショートヘアの場合には、毛先に少し動きをつけると、着物に負けない華やかなヘアスタイルに。

ヘアワックスなどで、動きを出しつつ髪にツヤも与えていきましょう。

(5)白髪がある場合

もし白髪がある場合には、染めていくほうが華やかヘアに。

ヘアセットした上から、白髪部分に色を塗るリタッチアイテムが手元にあると、セット後に「あっ。白髪があった!どうしよう!」という場面でも、慌てずに済みます。

(6)カラーリングが明るい場合

明るい髪色にカラーリングしているヘアは、正統派の着物を着ると髪色と着物がマッチしないことも。

着物には、黒髪がいちばん合います。結婚式に参列する前に、色のトーンを少し抑えておくと、髪だけ悪目立ちするということがありません。

(7)髪にツヤがない場合

ツヤがない髪で着物を着てしまうと、なんだか貧相に見える……のも事実。

髪にツヤがないときには、アップヘアにしてごまかしてしまったほうが、ゴージャスな雰囲気になります。

(8)奇抜な色に染めている場合

赤やパープルなど奇抜な色に髪を染めている人は、結婚式参列前に暗めのカラーリングに変えておきたいところ。

奇抜な髪色は、同世代にはステキに見えても、多くの世代が集う結婚式という場では、年配の方から眉をひそめられることもあります。

 

3:どんな着物がOK?友人・未婚編

では、ここからは結婚式に参列する際に、どんな着物を選ぶべきなのかを見ていきましょう。

着物には色々な“格”があるので、場にそぐわない着物を選んでしまうと、それだけでマナー違反になります。

(1)振袖は?

振袖は、未婚女性の正装スタイルです。

袖の長さが三尺三寸(約115cm)のものを大振袖と呼び、振袖の中でももっとも格式が高い着物です。しかし、打掛など、花嫁衣装になることもあるので、ゲストとして参列する場合には、二尺八寸(約105cm)の中振袖か、二尺三寸(約85cm)の小振袖を選ぶのがマナーです。

(2)色無地は?

色無地の場合は、準礼装の着物として扱われる「一つ紋」が入った色無地を選ぶのがマナー。

友人の結婚式への参列ならば、格を上げすぎずに、一つ紋を選ぶのが最適と言われています。

シックな装いにしたい人にオススメです。

(3)訪問着は?

訪問着は、準礼装と呼ばれる部類に入る着物で、未婚女性でも既婚女性でも着ることができるとされる着物。

格式としては、ゲストとして着ていく際に、もっとも無難と言える着物でもあります。

結婚式らしい華やかな柄を選びつつ、ここでも、花嫁さんの衣装とカブらない配慮はマストです。

(4)色打掛は?

色打掛は、花嫁さんが着る花嫁衣装ですので、ゲストが着ていく着物ではありません。

艶やかな色や柄が多いものの、友人の結婚式にゲストが色打掛を着ることは強烈なマナー違反に……。

 

4:着物に合わせるバッグは?

昨今、着物にも洋装のバッグを合わせるスタイルが流行っていますが、格式を重んじるのであれば、フォーマル用の和装バッグを選ぶのが正解。

エナメル製や、唐織、佐賀錦のバッグを持つと、しっくりします。

友人の結婚式は、年配の方も多く参列する場。現代風な装いにアレンジするよりも、正統派の装いをして行ったほうが安心です。

時折、大きめのトートバッグなどを合わせている人を見かけますが、せっかく着物を着たのにバッグが“ふだん通り”だと、とても残念な印象を与えがちです。

 

5:着物を安く着たい!レンタル?中古?どっちがいい? かなり安く買えるところもあります。

友人の結婚式に「着物を着ていきたい!」と思ったとき、いい機会なので新しい着物を買い足したいという女性もいれば、「持っていないから、この機会に買いたい!」という人もいますよね。

着物を安く着たいなら、レンタルや中古品の購入が手っ取り早い方法になります.

また、「買っても、多分1度しか着ない」と思うのでしたら、レンタルが最適な選択でしょう。自分の親や親戚が持っている着物を借りていくのもアリですね。

また、昨今はネットオークションで着物を手にいれる若い世代も少なくないようですが、購入する際は、着物の“格”は絶対に忘れないようにしてくださいね。

 

6:お呼ばれされた結婚式で着たい着物の色は?

さて、ここからは、お呼ばれされた結婚式、披露宴に着ていきたい着物の色について見ていきましょう。

この色を選んでおけば「まず、間違いナシ!」な鉄板カラーを集めました。

(1)淡いピンク系

ゲストに人気のカラーのひとつが淡いピンク系。

ショッキングピンクだと、ほかのゲストにどぎつい印象をもたれることもあるため、淡めの色みが正解です。

年齢を問わずに着られる色でもあるので、1枚持っておくと、そのほかのシーンでも重宝します。

(2)明るめのグレー系

ゲストとして上品な装いを心がけたいなら、淡いグレー系もオススメです。

地味すぎず派手すぎない、シックな装いが叶う色みで、幅広い年代層から支持されています。

(3)くすんだブルー系

くすんだブルー系の着物は、モダンな印象に仕上がります。

淡い地色の着物は、古典的なスタイルになるので、結婚式などのフォーマルな場でも使いやすいといえます。

淡いブルー色、普段、寒色系の洋服を選んでいるクールビューティ系の女子にも着こなしやすいでしょう。

 

7:結婚式には現代的な着物スタイルより古典的なスタイルが正解!

ゲストとして参列する結婚式に着物を着ていくのなら、現代的な柄物よりも、古典的な着物を選ぶのが正解。

奇をてらった色柄物は、同世代からはウケがよくとも、目上のゲストや新郎新婦の親族が見たときに「非常識ねッ」とも思われかねません。

結婚式の主役は、新郎新婦。

友人の結婚式に着物を着ていくのでしたら、装いの色数も減らしつつ、古典的な柄をセレクトして、正統派なスタイルで臨みましょう。

その「わかってる感」が男性からも魅力に映るのです。

着物スタイルで自分らしさを出したいときには、かんざしや帯などの和小物でアレンジを楽しんでみてください。

会場のテイストも意識しつつ、色や柄を選ぶことができてこそ大和撫子。モテること間違いなしですよ!