ドキドキ!言葉にしなくても「好きな人に好意が伝わる行動」5つ

言葉にしなくても好きな人に好意が伝われば、それに越したことはありませんよね。言葉にするのは恥ずかしいし、好きな人から告白してもらえるほうが嬉しい! そんなあなたに、好きな人に好意を伝える行動を、恋愛心理カウンセラーの筆者がお届けします。

言葉にしなくても好意が伝わるのはこんな行動です

(1)優しいまなざしを送る

目は口ほどにものを言う!

あなたは彼のことを、どんな目線で見ていますか?

好意を伝えたいなら、優しいまなざしで彼のことを見つめてみましょう。

女性に多いのは、「見つめるのは恥ずかしい」と、すぐに目を逸らしてしまうパターン。

しかし、男性にとって、「見つめる」ということは好きだということ、「目をそらす」というのは好きじゃないということです。

男性は、女性に目をそらされると、反射的に

「あっ! 嫌われているんだ……」

と感じてしまうことが多々あります!

好きなのに、嫌われていると思われたら。悲しすぎますよね……。

(2)差し入れをあげる

ベタですが、残業中の彼には、彼がいつも飲んでいる銘柄の飲料など、差し入れをあげてみましょう。

チョコレートなどのちょっとしたお菓子がよいでしょう。

「物くるる人は良き人かな」という言葉もあります。モノで釣るのは、実に有効な作戦なのです!

相手から、さりげなくお礼の気持ちを引き出すこともできますよね。

(3)一緒に残業をする

残業は、学校で言うところの居残りのようなもの。

一緒に残業をすると、なんとなく共通点ができて、仲間意識を育成できるといった利点があるでしょう。

残業時間中、人が少なくなると、私語がちょっと増えたりもします。彼の普段聞けない話も聞けるかも。

もちろん、残業する要件がないのに、むやみに残っては印象を悪くしてしまいますね。会社としても迷惑です。

彼の仕事の中に、手伝えるものがあるなら、あなたが手伝ってあげるとベスト!

普段から、彼が仕事をしやすいようサポートしていると、いざというときにサポートを頼まれることもあるでしょう。

(4)悩みを聞く

彼に悩みがあるようなら、「なんでも聞くよ!」と気軽に接してあげましょう。

しかし、わざわざ「悩み聞くよー」なんて近づくのは、上から目線!と思われることも。

彼と気軽に話せる間柄なら、飲みに誘うなどして、彼が口から悩みを吐きやすいようにしてあげてもいいですね。

たまには、あなたが悩める人になって、「飲みに付き合ってよ」という誘い方をするのもいいでしょう。

あなた自身が、ちょっとしたお悩みを彼に打ち明けたところで、「○○くんは? 何かないの? 何でも聞くよ」なんて言ってあげたら、彼も自分の悩みを打ち明けやすくなるかも。

(5)「ありがとう」を言う

実は、男性にいちばんといっていいほど好意が伝わる行動は、「お礼を言う」です。

お礼は言葉のひとつですが、単なる言葉ではなく、行動として捉えてみてください。

好意を伝える「ありがとう」には、言葉のニュアンス、そのときの表情、身振り手振りなど、様々な要素が必要です。

無表情な「ありがとう」では、かえって好意がない感じになりますし、軽々しく「ありがと!」とだけ言っても、(適当だよな……)と思われてしまうことも。

どのような「ありがとう」が相手に好意を感じさせるのか、考えてみてもいいですね。

 

好きなら態度で示そうよ!

幸せも好きも、態度で示さないと、なかなか他人には伝わりません!

私たちは、「言わなくても伝わる」と錯覚してしまいがちですが、言葉よりも、大切なのは態度です。

好きを伝えたいと思うなら、言葉だけではなく、態度も気に掛けてみてくださいね!

 


У нашей компании полезный веб сайт со статьями про ценные бумаги.