可愛いつけま付ける!オトナ女子も使いたい「つけま」人気ランキングと上手な付け方

「つけま(つけまつげ)」に興味はありますか? 今更ながらも「正しいつけ方を知りたい!」と思っている女子もいらっしゃるでしょう。そこで、オススメのつけまやグルー、はたまた最近よく聞く「つけ眉毛」のお話まで。この記事ではオトナ女子こそ知っておきたい、「つけまつげ」の全てを徹底解説していきます!
  • Evernoteに保存

1:「つけまつげ」使ってる?

みなさん、「つけまつげ」って、使っていますか?

まつげメイクは、まつげエクステンション、マスカラ、つけまつげが「御三家」とも言える定番術ですよね。

その中でも「つけまつげ」は、文字どおりまぶたに付けるだけなので、時短でぱっちりアイを演出したい女子に人気です。

しかし、「付けると、不自然になっちゃう!」「不器用だから、つけまを付けるのが苦手で」なんてお声もチラホラ聞こえてきます。

でも大丈夫!

この記事を読めば、あなたも「つけま名人」に……ッ!

時間のないオトナ女子だからこそ知っておきたい、かわいく「つけまつげ」を楽しむコツもご紹介します。

 

2:これで決まり!オススメのつけまつげランキングTOP5

では、ここからは時短美容家の並木まきが、みなさんにオススメするつけまつげのランキングをご紹介していきます。

つけまつげの種類も本当に豊富! 今回は、コスパを重視したランキングでまとめました。

オトナ女子でも使える、本格派なつけまつげがズラリ……ッ!です。

5位:つけまつげ(ザ・ダイソー)

100円ショップのザ・ダイソーで買える100円のつけまつげは、そのコスパのよさからも大人気の商品。

「100円とは思えない!」な仕上がりが人気の理由。この価格なら使い捨てにして、いつも清潔なつけまつげを使えるのも魅力ですよね。

多くの100円ショップでは、いろいろな種類のつけまつげを揃えているので、気分によっていろんなデザインを楽しんでみるのもいいかもしれません!

4位:RiPiれるまつげ(アネックスジャパン)

ドラコスで、名前の通り「リピードできる」コスパのよさが人気のつけまつげです。

お値段控えめなアイテムながら、毛の質も高く、フサフサまつげが誰でも手軽に装着できる点や、なりたい仕上がりに合わせてブラックorブラウンから選べる点も、女子たちから評価が高い理由。

3位:アイラッシュ RICH 800シリーズ(ディーアップ)

速攻でインパクトアイになれる、毛束感にこだわったつけまつげです。

結婚式やちょっとしたイベントなど、写真映えを狙いたいに日には、目元を強調してくれる束感があるつけまつげが重宝。手軽に印象アップを狙いたい女子にイチオシです。

2位:アイ ラッシュ(M・A・C)

デパコスブランドですが、つけまつげは1,000円台で意外とプチプラです。

デザインがバリエーションも多く、“なりたい目”に合わせて選びやすい点や、世界的なブランドだけに良質な毛で作られている点に、「安心感がある」という声も。

ラインストーンが付いているデザインや、カラーが入っているデザインもあるので、ファッションやメイクに合わせて、自由自在に選べます!

1位:アイラッシェズ(資生堂)

目の形を問わずにフィットしやすく、4種類のデザインを展開しているつけまつげ。自分がなりたい目元に合わせて、お好みの仕上がりを選べます。

それぞれのデザインに適したカラーで展開。1パックに2セット入っているのも「コスパよし!」と人気です。

直営のネットショップから購入できる手軽さも嬉しい!

 

3:これでつけま名人!つけまつげの上手な付け方 6つのSTEP

つけま名人になるために、つけまつげの正しい付け方をおさらいしていきましょう。

この6つのSTEPを守れば、誰でもキレイにつけまつげを楽しめます。

「いつも失敗しちゃう」という女子は、必見です!

STEP1:まずアイメイクを完成させる

つけまつげは、アイシャドウやアイライナーなど、目元のメイクを完成させたあとに装着します。

メイクする前につけてしまうと、つけまつげ用の接着剤・グルーの上にアイシャドウやアイラインがついてヨレるなど、アイメイクが汚くなりがちです。

アイラインを引いている人は、つけまつげをつける前に、いつも通り、アイラインも引いておきます。

STEP2:つけまつげの根元にグルーを均一に塗る

グルーをつけまつげの根元に均一に塗っていきます。

まつげからはみ出るほど大量に塗ってしまうと、つけまつげがヨレる原因にもなるので、グルーは均一に伸ばすのが最大のポイントに。

「うまく塗れない!」という女子は、爪楊枝の先端の細い部分を使ってつけていくと、はみ出さずにキレイに塗りやすくなります。

STEP 3:装着するときには伏し目で

正面を向いたままつけまつげを装着しようとすると、付けたい場所からズレやすくなります。必ず伏し目がちにしてオンします。

つけまつげを装着する目元は伏し目に、反対側の目は正面を見つつ、装着しやすい角度に調整してみてください。

また、鏡にはできるだけ近づいたほうが作業しやすいですよ〜。

STEP4:中央から目頭→目尻の順に

つけまつげを装着するときには、まずはつけまつげの中央部分を決めてまぶたの真ん中に乗せ、そのあとに目頭、目尻の順で整えていきます。

多少位置がずれてしまっても、目尻であればアイラインでごまかしやすいんです。

急いでいる朝には、失敗したときに最初からやり直すのは手間。ごまかしが効きやすい流れで作業するのがポイントなのです!

STEP5:アイラインでグルーをごまかす

装着したつけまつげのグルーがはみ出していると、伏し目になったシーンで目立つので、グルーのラインをごまかすように、アイラインを描いていきます。

「つけまつげ付けてる!」ってパッと見でわからなくしたい女子は、やや太めのアイラインで仕上げて。

ブラックのアイライナーだと「インパクトが強すぎる」と思う場合には、ブラウンが便利です。

STEP6:自まつ毛となじませて整える

最後に、つけまつげと自まつげに一体感をもたせるために、軽く指でなじませていきます。

カールが足りないときには、ビューラーを使って、まつ毛を上げていきましょう!

このひと手間を加えることで、つけまつげの不自然さが緩和され、自然な仕上がりになりますよ〜。

番外編:二重を作る方法

ところで、一重や奥二重まぶたの女子がつけまつげを付けると、グルーでグッと抑える刺激で、二重まぶたになることもあります。

「でも、私はならないッ!」という女子が、あえて二重まぶたにしたい場合には、二重まぶた演出用のノリやテープを使って、上まぶたにミゾを作ると即席・二重まぶたに!

メイクの工程で二重づくりとつけまつげの装着の両方を行う場合には、つけまつげがズレるのを避けるため、先に二重まぶたをつくってから、つけまつげを装着しましょう。

 

4:おすすめの「つけまつげのグルー」3選

グルー選びも、つけま名人には欠かせないポイントです。

つけまつげを装着するグルーにもたくさん種類があります。最近では、どんなグルーが人気なのでしょうか!?

ここでは、オススメのグルーを3つご紹介していきましょう!

(1)アイラッシュフィクサーEX552(ディーアップ)

透明タイプなので、目立たないのに、粘着力が高く「つけまつげが取れにくい」と人気です。

水や汗にも強い処方でつくられているため、スポーツする日にも安心して使えるという女子の声も。

外すときにはスッと外れるので、まぶたへの負担を考慮したい女子にも満足度が高いかも!

(2)アイラッシュフィックス(アストレア ヴィルゴ)

乾くと透明になるので目立ちません。

コスパが高く、2個セットで300円(価格は筆者調べ)というお値段も人気の理由。

キープ力は高いのに、つけまつげを剥がすときには、スルリと外れるので、まぶたを傷めにくいというのも嬉しいのポイント。

(3)アイラッシュ パーフェクトグルー(ビューティーネイラー)

塗ってから乾くのが早いので、慌ただしい朝に時短でつけまつげを使いたい女子にも便利なグルーです。

こちらも乾くと透明になります。

強力につけまつげを装着してくれるので、動きが多い日にも安心。400~500円くらい(価格は筆者調べ)で買えます。

 

5:つけ眉毛って知っている?

ところで、最近では「つけまつげ」に似た仕様で「つけ眉毛」もあるって、ご存じですか?

「つけ眉毛」は、医療用に作られているものも多く、薄めのシートに人工毛の眉毛をデザインした「貼るだけで眉毛が完成」するというアイテムです。

また、医療用ではない一般的な“つけ眉毛製品”だと、繊維が入っている液状のものを眉毛にちょんちょんと足して、自然な眉毛メイクを演出できるというアイテムも!

つけまつげだけでなく、眉毛アイテムも、色々と進化をしていますよね〜。

 

6:つけまつげで瞬時にパッチリアイに!

装着するだけで、自まつ毛が増えたかのような自然な仕上がりになる「つけまつげ」は時短メイクにも重宝。

ちなみに、最近筆者は、アメリカで爆発的ブームになっている「マグネットで装着するつけまつげ」に出会い、大感動したばかりです。

グルーを使わずに、自まつ毛を挟んで装着するだけなので、まさに時短メイクの救世主!という存在。

今後は、日本でもこんなアイテムが増えてくるかもしれません!

さて、巷ではブームを超えて定番になりつつある「つけまつげ」。みなさんもお気に入りのつけまつげ&グルーを味方につけて、手軽なパッチリアイを楽しんでくださいね〜。