男の性感帯!開発しちゃう?男が思わずビクンとする「12の性感帯」

みなさんの「性感帯」はどこですか? 首筋とか背中とか唇とか……女子のカラダって、気持ちよくなれる部分がいっぱいいっぱいありますよね。でも、それは男子とて同じこと。今回は『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさん監修で男子の性感帯についてご紹介します。

1:男子の性感帯ってどこなのかなぁ?

(1)男にも「性感帯」はたくさんあります♡

女子の場合、実はカラダのいろいろなところが気持ちよくて、「刺激的な部分だけじゃなくて、いろいろな場所を触って欲しいの♡」なんてエッチ中も密かに思っていたりしますよね。

男子にだった触られると気持ちよくなってしまう「性感帯」はたくさんあります。

でも、女子と違って男子は、自分自身でも、まだそれに気が付いていないかもしれません……。教えてあげちゃう?

(2)いっぱい気持ちよくさせちゃう方法をご紹介

というわけで今回は、男子の性感帯を開発して「いっぱい気持ちよくさせちゃう方法」をご紹介します。開発されちゃった彼は、もうあなたから離れられない!?

でも彼が気持ちよくなりすぎちゃうことはメリットだけでなくデメリットもあるので、そのあたりもご紹介していきますね。

 

2:男子が「きゃんっ」と気持ちよくなっちゃう性感帯

(1)乳首

「チクニー」という言葉も流行しているようで、「乳首」はメジャーな男子の性感帯となりました。あまりにも気持ちよすぎて「エッチ中もずっと触っててもらわないと興奮できない」なんて男子もいるようです。

(2)乳輪

女性のそれと違って小さいし、すぐ側に目立つ「乳首」があるのでおろそかにされがちですが、男子の「乳輪」も立派な性感帯スポットです。

目隠ししていじり続けてあげれば、彼は「乳首を触られている」と勘違いして、乳輪だけで達してしまうことさえあります。

その状況でさらに「乳首」まで触られたら、女の子みたいに……いや、女の子よりもビクンビクンと反応してしまうでしょう。

(3)大胸筋

乳首周りが多くなってしまい、大変恐縮なのですが、乳輪の周りにある「大胸筋」周辺も、やはり男子の性感帯スポット。

乳輪をいじる前に、何度も何度も10本の指の腹で、焦らすように刺激してみてください。ジワジワと興奮を高めることができます。

(4)背中

多くの女子と同じように、「背中」は男子も触られるとゾワゾワします。触り方のコツとしては、これも指の腹でゆっくりと刺激することがポイントです。

彼が「気持ちいい感覚」でいるかどうかは、相手の皮膚を見て判断します。もし感じているのならば、ポツポツと鳥肌が出てくるはずです。

(5)腰

背中から手を下げていった「腰」の部分も、男子の「性感帯」になります。

「もう、触れる場所、全部性感帯なんじゃないですか?」

と思った人もいるかもしれませんが、それは正解です。要はムードと触り方の問題。女子が自分で気持ちいいと思える箇所は、男子だって気持ちよくなれます。

腰の場合、胸部や背中のように指の腹で刺激するのも有効ですし、両手でガシッと強く押さえつけるのも、興奮を与えます。

(6)お尻

お尻と言っても、さらに細部までパーツは分かれますが、下品になりすぎてしまうので、ここではその周辺の詳細は省略しましょう。

ひとつ言えるのは「乳首と並ぶ最強の性感帯」であること。

ただ、「乳首だけ」で達することができる男子の場合、「同時にお尻」は邪魔になってしまうこともあるので、相手の反応を見ながら試すようにしましょう。

刺激的なポイントだけでなく、「臀部のお肉」の部分も敏感な部分ですから、ここも指の腹などで、優しく撫でてあげるといいですね。

腰と同じように「押さえつけ」も効きますよ。

(7)腿(もも)

「腿(もも)」は表側も裏側も、これまた性感帯になりうるスポットです。下腹部に近いため、目を見つめさせながら手を下ろして触っていくと、ドキドキの焦らしムードを作ることもできます。位置的に、たまに急所に触れてあげてもいい箇所ですね。

(8)顔

「顔」もたくさんのパーツが集合していますが、どれも感覚器官のため、すごく感じさせやすい部分です。目も鼻も口も耳も。

体をねっとりと触っていると、つい顔がおろそかになりがちですが、たまに刺激すると喜ばれますよ。簡単な方法として、「キスしながら」とかすごくいいですね。

(9)首

「首筋が興奮する」という女性は多いでしょう。これは男性も同じです。

首の攻め方のポイントとしては、「エッチの最初あたり」のタイミングで刺激してあげること。キス→エッチに移行するパターンが多いと思いますが、このときに「首」を刺激すると、「エッチ」ムードが高まります。

(10)指

「指」を紙で切ると、ちょっとの傷なのに痛いですよね。それほど神経が多い場所ですから、気持ちよくないわけがありません。

とくに男子って、鍋の蓋とか取らせると「あっちぃ!」とたいして熱くもないのにオーバーに熱がる人が多くないですか?

それだけ敏感なんですね。

(11)お腹

乳首とお尻のちょうど中間にある「お腹」の部分。どっちからも遠いし、どっちからも近いとも言えます。ここも上手に刺激すれば、性感帯になりますよ。

指の腹ではなく、手のひらで優しく優しくさすってあげましょう。まるでお腹が痛いときに、お母さんが子どもにしてあげるように。

そしてたまに指を使い、セクシーに刺激するのです。すると、さすられている快適な気持ちよさが、性的な快感へと変わっていきます。

(12)脇の下

最後に忘れてはいけないのが、「脇の下」です。女性と違い、もじゃもじゃですから、なかなか刺激は難しいと思われるかもしれませんが、ここではそのさらに下部、人間の体の「側面」をすべて脇の下と捉えましょう。脇の下にありますよね。

側面を指で刺激すると、性的に感じてしまう男性はすごく多いですよ。

 

3:「くすぐったい…」と平気な男子の性感帯開発法

続いて、触っても「くすぐったい……」となってしまう男子の性感帯を開発する方法をご紹介します。

(1)まずは「乳首」を開発

男性が受身的に「女の子みたい」に性感帯で気持ちよくなるために、いちばん重要なのは「乳首」です。まずはここを触られて「気持ちいい」という感覚を教えてあげる必要があります。

最近では、そういうアダルト動画も多く製作されていることもあり、最初から触られるのが大好きな男子も多いのですが、そうではなかった場合の方法です。

(2)リラックスして、仰向けに寝かせる

まず彼をベッドに仰向けに寝かせ、リラックスさせましょう。深呼吸をさせるといいですね。これもあなた主導で、「ちょっと深呼吸しようか。吸ってー、吐いて」と知らないうちに彼の体を自分の言葉でコントロールするようにしていくといいですよ。

(3)目を閉じさせる

「吸ってー、……、吐いてー……、……はい吸ってー……」と溜めをつくりながら深呼吸させ、「じゃあ次はゆっくり目を閉じて」と誘導させます。

(4)服を脱ぐ音を聞かせる

彼が目を閉じたら、あなたは彼の耳元で服を脱ぎましょう。シュルシュルっと服を脱ぐ音を聞かせながら、「何してるかわかる?」と囁くともっといいですね。このとき、セクシーな下着を身につけているといいですよ。そして、下着姿になりましょう。

(5)ゆっくりと彼の首から上を刺激する

下着姿になったら、ゆっくりと彼の首、顔を刺激してください。

首筋にチュチュとキスし、ツーと舐めたら、耳たぶをハムハムしながら、「気持ちいい?」と聞いてみましょう。このとき片手で彼の顔を、口、鼻、目にかぶるように優しく覆っているといいですね。

「動いちゃダメだよ」と囁いたら、しっとりとキスし、よきタイミングで手を体の方へ這わせます。

(6)胸回りを焦らしながら「乳首」を刺激する

口と手を使って、胸回りを刺激しながら、だんだんと「乳首」に向かいます。途中、数回、触れてみて反応を見てください。気持ちよさそうだったら、もっと焦らしたほうがいいです。

効いていないようなら、下半身に片手を伸ばして刺激しましょう。そして下半身の気持ちよさと混乱させるように、同時に乳首を触ってみてください。

これを繰り返すことで、乳首だけで気持ちよくなってしまいます。

 

4:彼氏の性感帯を開発するメリット・デメリット

メリット

1.レスの心配がなくなる

彼氏の性感帯を開発すれば、その気持ちよさの虜になるため、「レス」の心配はなくなります。「エッチしよーよ」と頻繁に誘ってくるようになるはずです。

2.上下関係がなくなる

ただエッチをしているだけだと、男子は「気持ちよくさせてあげてる」感覚が強いです(女子のほうは「エッチさせてあげてる」感覚をもちがちですが……)。

性感帯を開発してあげると、この一方通行の上下関係が解消されます。

3.大事にされる

そこまで気持ちよくさせてくれる彼女のことを、彼氏が大事にしないわけがありません。ケンカになっても、別れるなんて無理なので、だいたい折れてくれます。これは最大のメリット。なのですが、実は諸刃の剣でして、デメリットでもあります。その件についてはのちほど。

デメリット

1.普通のエッチをしなくなる

彼が性感帯の気持ちよさにハマりすぎると、ただ「触って欲しい」だけのエッチになる傾向があります。対処法としては、最後まで達するのは「普通のエッチ」でするようにしてください。手ではダメ。クセになってしまいます。

2.浮気に走る可能性がある

エッチで虜にしたら浮気しなくなるのかというと、そうではありません。気持ちよさを知ってしまったために、さらなる刺激を求めて「女遊び」に走る男子もいます。風俗に通ってしまう可能性もあるでしょう。

3.別れられない

そうなると彼女のほうは、「もう別れる!」という話になっていくと思いますが、彼氏のほうは別れられません。「こんな体にさせといて、別れるなんてひどいっ!」と、そういうことを直接は言いませんが、すがられてしまいます……。

ケンカして、別れ話っぽい話になって、距離を置いているときも、「でも、あのエッチができなくなるのは絶対に無理だよ……」と、それが理由で復縁を考えるでしょう。

 

5:虜にしちゃっても大丈夫ですか?

男子の性感帯についてご紹介しました。いかがでしたか? 開発してあげることには、メリットとデメリットがあるようです。「この人を私の虜にしちゃって大丈夫かなぁ?」と、ひと晩くらいはゆっくりと考えてみましょうね。

 

「彼を虜にする」って決めたなら官能的なスパイスも足してみる?|PR

「彼を虜にすることに決めたッ!」となれば、焦らしテクや性感帯の開発に励みましょう。でも「どうせなら、もっと刺激的に挑発してみたい」なんて思うのなら、“香り”のパワーを借りてみましょう!

大好きな彼女から、極上のテクニックと優美な香りのW攻めにあえば、彼の心はムクムクと刺激されてしまうはず♡ ただでさえ「きゃんっ」と気持ち良い時間が、香りのチカラも加わって、さらなる官能的な時間に演出できるかも!

「リビドーロゼ」は、男性の嗅覚を刺激するように開発された香水です。自らの技に溺れることなく、彼のエロいスイッチをONにするために、ぜひこの「リビドーロゼ」を使ってみてはいかがでしょうか?