しっかり者の女子ってどんな印象?…好き?嫌い?男子に聞いた!

「キミ、しっかり者だね」と言われたことありませんか? 男性から「しっかりしてる」と言われると褒められているような気はしますが、「かわいいね」とか「優しいね」に比べて、恋愛面ではメリットがあるのか微妙なところですよね。男性が「しっかりしてるね」と言う背景には、どのような心理が隠れているのでしょうか?

1:やっぱり男子は「しっかり者」の女子が好きなの?

(1)「しっかり者」とは? 【意味、類語、英語での言い方】

そもそも「しっかりしている」って、どういう意味なのでしょうか? わかるようでうまく説明できない「しっかり」という言葉。まずはその意味を復習しましょう。

確り者(しっかりもの)

1 考え方が堅実で意志が強い人。
2 倹約家。しまりや。

(出典:小学館デジタル大辞泉)

辞書的な意味によると、「しっかり」とは「堅実」という意味でした。つまり男性から、「しっかりしてるね」と言われたならば、「堅実な子だね」と言われているに等しいといえます。

また、「しっかり」の類語としては、「明白に」「くっきりと」「かちっと」という言葉があるので、「しっかり者」という言葉には、「女性の性格がはっきりとしている」「真面目である」「考え方が理性的」などのニュアンスがあると考えてもよいでしょう。

また、「しっかり者」を英語に訳すと「a person of strong character」となるんだとか。「強固な考えを持っている」「意志が強い」というニュアンスもうかがえますね。

(2)男子が女子に「しっかり者だね」と言うときの意味は?

つまり、男性が女性に「しっかりものだね」と言ったとき、その言葉の裏には「キミは堅実だね」「真面目だね」「考え方がはっきりしてるね」と言った意味が隠れているのでしょう。

仮にも「しっかり者だね」と褒められているのですから、男性の言葉には「僕、キミみたいな堅実な女の子、嫌いじゃないよ」くらいの気持ちはあるかもしれません。

 

2:男子に聞いた!「しっかり者」ってどんな女子?

(1)自立している

「バリバリ仕事をしていて、ひとり暮らしを謳歌しているような子は“しっかりしてるなぁ”って思いますね」(男性、27歳)

自分でお金を稼ぎ、自分の力で生活している……そんな自立している女性のことを男性は「しっかりしているなぁ」と思うようでした。この場合の“しっかり”とは、「堅実」という意味ですね。

(2)無駄遣いをしない

「女の子って物欲が強い気がするんですけど、無駄遣いをしない子は、“しっかり者だなぁ”って思いますね。ちゃんと貯金してるのは偉いと思います」(男性、27歳)

ブランド物のカバンや服、日常生活ではコンビニで買っちゃうお菓子類まで、“無駄遣い”ってついついやっちゃうんですよね……。この場合の“しっかり”とは「倹約家」「お金の使い方が堅実」という意味ですね!

(3)考え方が大人

「仕事とか人生に関する考え方が“大人だなぁ”と感じるとき、女の子のことを“しっかりしてるなぁ”と思います。いつまでも子供っぽい女子っていますよね。そういう子は、個人的に好きじゃありません」(男性、28歳)

考え方が合理的、達観しているなど、考え方が大人っぽい女性も“しっかり者”だと男性は考えているようです。大人な考え方をしている女性は、男性も色々と相談しやすいですし、好意をもたれやすいのかもしれません。

(4)規則正しい生活を送っている

「朝は早く起きて、夜も早く寝る。そんなふうに規則正しい生活を送っている女性を“しっかりしてるなぁ”って思います。健康的な生活リズムを維持するのってけっこう大変ですから」(男性、26歳)

朝はいつまでも寝ていたいし、夜更かしもしたい……。そんな欲求に駆られてしまう気持ちは理解されるものの、自堕落な生活をしている女性を男性は好きではありません。まずは規則正しい生活から始めてみましょう。

(5)酔い潰れない

「お酒の飲み方がキレイな女性は“しっかり者”だと思います。泥酔しちゃうような女の子は、まぁ、嫌いじゃありませんけど……ちょっとバカっぽいですよね」(男性、27歳)

“しっかり者”という言葉には、「真面目である」という意味が含まれています。お酒を飲み過ぎて泥酔するような女性は、「真面目」とは言えませんよね。お酒を飲んでも乱れない、そんな女性は確かにしっかりしています。

(6)貯金が上手

「こつこつ貯金しているような女子は、堅実だし、しっかり者だと思いますね。お給料を全部使いきっちゃうような子はダメです(笑)」(男性、27歳)

「無駄遣いをしない」というのも、しっかり者の女性の特徴だと先に出てきましたが、そこから一歩進んで貯金が上手な女性も、“しっかり者”だと男性から見られるようです。無駄遣いをせず、貯金! そうすれば男性から好意的な視線を向けてもらえるようになるかもしれませんよ。

(7)礼儀正しい

「やっぱり礼儀正しい子ですね。敬語が使えて、マナーも身につけてる、そんな子は信頼できますし、そういう子には自然と男も好意を持つと思います」(男性、28歳)

マナーのいい女子は、それだけで“しっかり者”に見られます。ビジネスマナーを身につけていて、物腰も柔らかい。大人のマナーを身につけている女性は、男性からの評価も高いのです。

(8)身持ちが堅い

「色々な男をとっかえひっかえしているような女性は、お世辞にも“しっかりしている”とは言えませんね。逆に身持ちが堅い女性は、しっかりした女性だと思いますよ」(男性、26歳)

浮気性の女性を男性は好みません。浮気じゃなくても、短期間の間に色々な男と付き合ったりすると、「あの子、尻軽だなぁ」と思われてしまいます。そんな女性は“しっかり者”とは対極、モテない存在となります。

 

3:男子に聞いた!「しっかり者」の女子をどう思う?

(1)お嫁さんにしたい

「結婚するなら、しっかりした女の子がいいですね!」(男性、27歳)

確かにズボラな相手とは結婚したくありませんよね。“しっかりした女性”は男性から、お嫁さん候補として見てもらえるようですよ。

(2)付き合うとめんどくさそう

「付き合うとめんどくさそうですね。些細なことで怒りそうです」(男性、27歳)

“しっかりしている”が行き過ぎてしまうと、交際相手の男性はちょっと息苦しい思いをする可能性があります。たまには彼と一緒にダラダラする時間も必要なよう。

(3)お金のことで怒られそう

「無駄遣いすると、怒られそうですね」(男性、27歳)

倹約家の彼女にお金のことで怒られちゃう……。一部の男性にはそんな懸念があるようです。

(4)掃除のことで怒られそう

「いつも部屋の隅々までキレイにしてないと怒られそうです」(男性、26歳)

しっかりした女性って、確かにキレイ好きなイメージがありますよね。掃除をマメにする人が多いのでしょう。しかし、この男性はそこまでキレイ好きでもないので、「コラ掃除しなさい!」なんて怒られることを恐れているようです。

(5)生活を管理されたい

「自分の生活が堕落しがちなんで、しっかり者の彼女に生活を管理されたいですね」(男性、28歳)

出た!従属宣言! 自分に甘いタイプの男性は、しっかり者の女性に生活を管理して欲しいと思うこともあるようです。……ダメンズですね。

(6)料理が上手そう

「しっかり者の子って、料理が上手そうなイメージです」(男性、27歳)

“自立している”という印象を抱かれがちな、しっかり者の女性。「きっと家事も得意なんだろうなぁ」というイメージから、料理上手である!という印象も抱かれるようですね。

(7)出世欲がありそう

「仕事をバリバリしているようなタイプだと、出世欲強いのかなって思います」(男性、27歳)

しっかりと仕事に取り組んでいる姿を見て、男性は「この子、仕事に熱意持ってるんだろうな。昇進を狙ってるのかな?」と思うようです。

(8)お母さんみたい

「あれこれと口うるさいところが、お母さんみたいですよね」(男性、26歳)

……何言ってるんですかね。しっかり者の女性は、あなたのお母さんじゃありません!

×

 

4:「しっかり者になるには?」ここだけ気をつけておこう!

以上のことを踏まえて、最後にあなたが“しっかり者になるための方法”について見ていきましょう。

(1)早寝早起き

何事もまずは健康でなければ始まりません。自堕落な生活を早寝早起きを中心とした生活スタイルに変えることは、しっかり者への第一歩です。

(2)清潔感をもつ

しっかりとした大人の女性は、汚い服なんて着ません。“まずは見た目から”と思って、清潔感のある服装を心がけましょう。

(3)仕事を頑張る

仕事を頑張っている女性のことを、男性はちゃんと見ています。「あの子、仕事をしっかりやってるな」と思われるように、バリバリ働きましょう。

(4)子供じみた考えを捨てる

「あれイヤだなぁ」「これしたくないなぁ」そんな子供じみた考えは捨てましょう。大人らしい合理的で理論的な考え方を少しずつ身につけていきましょうね。

(5)大人の振る舞いを身につける

敬語やビジネスマナーなど、不安なことがあれば勉強しましょう。仕事でも役立ちますし、男性から一目置かれるようになりますよ!

(6)お金は堅実に使う

お金を堅実に使えるようになることは、“しっかり者”への必須条件です。無駄遣いをやめ、毎月少しずつ貯金を始めましょう。何か目標を作ると、貯金も苦じゃありません。

(7)家事を溜めない

仕事が忙しいからと言って、家事をほったらかしにしてはいけません。できる範囲でいいので、掃除や洗濯などはこまめに行いましょう。そういう“習慣づけ”が大切なんです。

(8)頑張り過ぎない

でも、何事も頑張り過ぎてはいけません。「しっかりしなきゃ!」と強く思い過ぎて、自分を追い込んでしまっては本末転倒です。

 

5:自分を磨けば恋も上手くいく……かも!

“しっかり者”になるということは、ワンランク上の自分を目指すことでもあります。しっかりとした大人の女性になれれば、きっと男性もあなたに興味を持つはずです。

自分を磨いていけば、自然と恋も上手くいく……そんなことがあるかもしれませんよ! 頑張っていきましょう!

 


У нашей организации полезный портал , он рассказывает про https://chemtest.com.ua.