40代女性のリアルな恋愛事情!年下男性が感じるメリット5つと恋愛の特徴

20代女子が思い浮かべる40代女性と言えば……。年齢的にダブルスコアなわけですから、具体的なイメージがわかなくてもしかたがありません。でも実際の40代は、「超」が付く女ざかり。若作りをするわけでもなく、自然体で惚れ惚れする色香を醸し出す40代女性が、わんさか存在します。今回はそんな40代のリアルな恋愛事情に迫ります。

1:40代女性もまだまだ恋したい

40代になったからと言って、恋をしないなんてもったいない! 40代はお世辞抜きに女ざかりもいいところ。

年上好きの男性から、50代のナイスミドルまで、幅広く射程圏内に収めることができるため、相手の幅もこの上なく広いのが特徴です。

シングルマザーになり、自分への投資を控えていた40代女性が、突然目覚めて自分磨きを始めたところ、誰もが見違えるほど美しく変身してしまった、というケースを筆者は知っています。

そんな女性が恋をしないなんて、非現実的すぎやしませんか?

 

2:40代女性の恋愛の特徴5個

(1)時間に縛られない恋愛ができる

30歳までに結婚したい、35歳までに子供を産みたいなど、若さを伴う恋愛には様々なリミットがつきものです。

でも年齢を重ねた女性にとって、恋愛中の時間は、純粋に楽しむべきもの。

彼に対して不要なプレッシャーを与えることもありません。

(2)愛の伝え方を知っている

40代にもなれば、相手の態度が気に入らないからと意固地になったり、好きなのに好きじゃないふりをしたり、恋人に対して駆け引きをするようなこともありません。

なぜなら、「そんな駆け引きでは男性の心をつなぎとめることはできない」と、経験を通じて悟っているから。

好きな人と一緒にいられることこそ奇跡。そんな当り前のことを、40代女性なら素直に感じて、言葉にして伝えることができるのです。

(3)相手の経済力は大して気にならない

若いころは、「できるだけお金を持っている男性と結婚したい」という願望から、お付き合いする相手にも打算的になりがち。

でも40代女性は、”私も稼ぐから、あなたは自分の食い扶持だけ稼いでくれればそれでいい”という余裕をもって相手に接することができます。

若さゆえに近づいてくる男や、貢いでくれる男は、影も形もありません。居酒屋でご馳走をしてくれただけでも、素直に感謝できる心の清さを、40代女性は取り戻しているのです。

(4)基本的に相手への期待が低い

40代の成熟した大人の女は、恋人に対して過度に期待しません。

男は誰でも同じような特性をもち、期待しても無駄であることを、とうの昔に知り尽くしているのです。

だからこそ、今まで出会った男にはない素晴らしい資質を見抜き、どんなにささいなことでも、その点を尊敬し、愛し続けることができるのです。

(5)相手にも都合があるということを知っている

大人の女は、やみくもに相手からの連絡を催促するなんてことはしません。

”相手にも都合というものがある”。

そんな当たり前のことを知るまでに、私たちは数10年という、長い年月を必要とします。年齢と経験がモノを言うのは、恋愛においても同じことなのです。

 

3:年下男性が40代女性と恋愛するメリット5個

(1)帰るべき場所を手に入れられる

相手と競うことが無意味であると知っている大人の女性は、あるがままの彼を受け入れる術を知っています。人は変えようとしては変えられないもの。彼だって同じです。

そんな女性とお付き合いをすれば、疲れた時に安心して帰れる場所を手に入れたも同然。聞き上手なのも大人の女性の特徴です。

(2)カッコつけすぎなくていい

スペックや容姿だけでランク付けされる「若者の恋愛マーケット」を離れ、大人の女性とお付き合いすることで、カッコつけない本来の自分でいることの心地よさを知ることができます。

ちょっとダサいファッションでデートに行ったって、40代彼女ならきっと

「かわいい!」

と微笑んでくれることでしょう。

(3)愛を試されることがない

どれだけ仕事が忙しくても、必ずLINEに返信しなければならなかったり、彼女の誕生日にはインスタ映えするレストランに連れて行かなければならなかったり。何かと愛を試されてしまう若者の恋愛事情。

大人の女性は、「食事に支払う金額の大きさや、高価なプレゼントを了承させることで相手の愛を図る」ようなことは、決してしないでしょう。

(4)エッチも最高!

40代にもなれば、エッチの経験も豊富。

相手を気持ちよくさせるテクニックをもっているだけでなく、自分が快感を得る方法も十分に知っています。

「一緒に気持ちよくなる」という、エッチで得られる最高の快感を、年下の彼に与えることができれば、「演技ばかり」でテクニックも未熟な若い女性たちに負けるわけがありません。

ピンと張った肌のハリでは負けるかもしれませんが、ベッドで折り重なったとき、肌の感覚が気持ちいいのは、いい具合に肉がつき、垂れはじめた40代のほう。

しっかり熟れて、食べごろになった熟女の魅力を堪能させられれば、40代女性は、ベッドの中でも彼を十分に楽しませることができるでしょう。

(5)彼女の引き出しの多さに、頑張らなくても会話が弾む

人間40年も生きていれば、小説が書けるくらいに様々なストーリーを持っているものです。それは若いうちには手に入れることができない宝物。

飲みの席でポロっと話した過去の話がやたらおもしろかったり、仕事で落ち込んだ時にかけてくれたひと言が身に沁みたり。

人生の経験は、会話の引き出しを確実に増やしていきます。

同年代の女性にはない会話の奥深さは、年上の彼女をもつ、ひとつのメリットと言えるでしょう。

 

4:40代女性の恋愛するうえでの心構え5個

(1)若さを競わない

「いつまでも若々しくいたい」という願いは、すべての女がもっている感情です。

でも、やっぱり若い女性と大人の女性はあらゆる点で異なっています。年下の彼とお付き合いをした場合、彼の友人達も自分より年下である可能性が高いです。彼の元カノだって同じこと。

そんな中、若さを競ったって勝ち目はありません。

大人の女性が競うべきは、若さではなく経験や知性。それを上手に表現する方法を身につけた方が、よっぽど魅力的に映るものです。

(2)相手に合わせすぎず、ありのままの自分でいる

40代の恋愛は、「これが最後かもしれない」と感じ、「絶対に失いたくない」という思いが強くなってしまいがちです。

でも、だからと言って、相手に合わせすぎてはいけません。そんな恋愛は、若い時だけのもの。傷ついても、すぐに次の恋愛で立ち直れる環境にある人だけがするべき恋愛です。

40代の恋愛は、お互いを尊重し、自分らしくいられるものであるべき。大人が自分を見失ってまでする恋愛は、幸せとはいえません。

(3)今までの恋愛における過ちを繰り返さない

恋愛にはパターンが存在します。過去を振り返ってみると、別れた原因はいつも同じ、なんてこともありがちです。

その過ちをまた繰り返すようでは、もったいない。

40代の恋愛は、ただ相手を愛するだけの時間ではなく、自分自身をより高めていくためのものにするべき。

過去の過ちを振り返り、同じことを繰り返さない覚悟で臨みましょう。

(4)恋愛に溺れない

久々に恋愛をしたという場合、アドレナリンが過剰に分泌され、「変なテンションで毎日を過ごしてしまう」ということだってありえるでしょう。楽しいのですから、それはそれで楽しむべきです。

でも、心のどこかで、いつでもストッパーをかける準備はしておきましょう。大人の女が恋愛に溺れて、いいことはひとつもありません。

一歩引いた「クールな自分」を、時々取り戻すことが肝心です。

(5)人に自慢したり、延々と悩み相談しない

ガールズトークで男の話をして盛り上がるのは、若い女性だけ。大人の女性なら自分の恋愛話を友達に長々と話し続けるようなことは避けましょう。

幸せならそれで結構。自慢も悩み相談もなるべく自分の内で解決しましょう。恋愛話は、お互いが恋愛のことばかり考えている時期にのみ、楽しいものなのです。

 

 

5:40代女性の恋愛事情は?体験談2個

(1)バツイチ子持ちとの結婚に反対だった夫の両親。それでも夫は彼女を選んだ

知人女性Mさんは20歳で結婚をし、2児を授かりました。

しかし、夫の度重なる浮気と借金が原因で離婚。Mさんは当然、子供を引き取ろうとしましたが、夫と夫の両親がそれを阻止。

収入も学歴もなかったMさんは泣く泣くひとり暮らしを始めることになりました。

いつかは子供を引き取れるようにと仕事に明け暮れるMさん。そんなMさんの前に、前夫とはかけ離れたタイプの男性が現れました。

おっとりした性格の彼に、次第に惹かれていくMさん。「いつか子供が自分のところに来たいと言ったら絶対に一緒に暮らす」ということを条件に、Mさんは彼からのプロポーズを受けることにしました。

でも彼の両親は大反対。初婚の彼に対して、バツイチ子持ちのMさんが気に入らなかったのです。

でも彼は「縁を切ってでもMさんと結婚する」と両親に伝え、ふたりは強行結婚。

現夫との間にも子供が生まれ、Mさんは今でも幸せに暮らしています。

(2)キャリアをとことん築き上げたあとに2度目の結婚

筆者の元上司Yさんは、20代の頃に結婚と離婚を経験していました。子供はなし。

離婚後も、Yさんは勤務先でバリバリとキャリアを築き、事実上、その部署のトップまで上り詰めることに成功しました。その過程において、実は密かにお付き合いしている彼の存在があったのです。

彼は同業他社の同年代。同じくバツイチで、結婚に執着のない人でした。

お互いに仕事を第1に考えた生活を何年も送ってきましたが、彼女の昇進に合わせてついに結婚。

形にとらわれない大人なお付き合いが、最終的に実を結んだひとつのいい例ですね。

 

6:40代女性の出会いなら

これまでの経験値を存分に活かすことができる40代の恋愛。

本来、ありたい自分を大切にしつつ、お互いが居心地のいい恋愛をすることができる、最高の世代と言えそうです。

 

マッチングサービスが確実!

まだまだ女盛りとはいっても、リアルな出会いのチャンスは減ってきてしまう40代女性。

新たな恋愛を楽しみたいと思っていても、受け身でいてはせっかくの女盛り期間を逃してしまうかもしれませんよ!

そんなときはマッチングサービスが便利!相手の好みの年齢もわかりますし、望む相手が同世代の落ち着いた大人の男なのか、お姉さん好きの甘え上手な年下クンなのか、あらかじめ選別して出会うことも可能です!
 


 
 
 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がDangdep!に還元されることがあります。