え…ナニこの人!? 私が経験した「突き抜けすぎてるエッチ」3つ

みなさんは、エッチの経験人数は何人くらいですか? 中には変わったエッチをする人もいますよね……。今回は女子たちに「この人、突き抜けてる!」と感じたエッチ体験を語ってもらいました。
  • Evernoteに保存

1:徹頭徹尾、低姿勢!

「デートのときは普通の人……というか、ちょっとチャラそうな人だったんですけど、エッチになった途端、ずっと低姿勢な人がいました。

“触っても……よろしいですか?”とか、“ここを、いじって欲しいです”とか。

はっきり言って、気持ちが悪い! “普通にしてよー”と言えるくらい仲がよければよかったのだけど、そういうわけでもなく、“なんだんだろう、この人は?”と思いながらエッチをしてしまいました。

たぶん、Mな人で、私にSっぽくしてもらいたかったんだと思うんですけど、私はそういう気がないので。どノーマルなんで! まったく合いませんでしたね」ミキコ(仮名)/28歳

 

2:できないくせに、しつこい!

「“かなりの絶倫。性欲にだけは自信がある”とか豪語していた人の話です。まったくの口だけ番長で、1回目すらおぼつかない感じでした……。

ようやくやり終えてホッとしていると、“またエッチしたくなってきた!”なんて言って、なぜかまたしようとしてくるじゃないですか。

でも、触ってはくるものの、全然元気がないんですよ。

“無理しなくていいよ?”

と声をかけたんですけど、“いや、俺はエッチするのが好きなんだよ”って言って聞かない……。いくら好きでも、これじゃぁできないよなぁ〜、って思ってたのですが、止めてくれる気配もない。

絶倫宣言しちゃった手前、あとに引けないのかな〜、って思って、“無理しなくていいよ、本当に”と言ったんですけど、

“いや! 俺はエッチするのが好きだから!”

となぜか逆ギレされて……。本当に変な人でしたね」サトミ(仮名)/24歳

 

3:演技しすぎ!

「めっちゃ演技派の超ウケる人が、この前いました(笑)。演技派って言っても、“気持ちいいフリをする”とか、そういう演技じゃないですよ。本当に役になりきって演技してくるんですよ! エッチのときに!

“じゃあ、ユウナは俺の生き別れの妹ってことで”とか、いきなり頭がハテナになる前置きをしつつ、“ユウナ! オマエ……まさか……ユウナなのか!?”って熱演してくるんです(笑)。

そしてこっちのセリフも待たず、“会いたかった……会いたかった!”と抱きしめながら、なぜか触ってくるんですよね……。妹じゃねーのかよっ。

結局、エッチの最中もハァハァ言いながら、“ユウナ……こんなに成長して……”とか役になりきって、ひとりで興奮していましたよ。

だるいから、ほっといたんですけど、“なぜお兄ちゃんと呼んでくれないんだ! ま、まさか……記憶が!? そうか……そうだよな……”と、ひとりで熱演してました。

はっきり言ってドン引きだったけど、エッチ自体は結構上手だったと思います。絶対に付き合わないですけどね」ユウナはやめて!(仮名)/26歳

 

女子たちが経験した奇妙なエッチのエピソードをご紹介しました。いかがでしたか? 長い人生、いろいろな出会いがあります。どんな出会いも大事にしたい……なんて気持ちがアホらしくなるような、ステキなエピソードでしたねっ。