モテない女子が「デート中のトイレ」でおろそかにしている冬美容3つ

空気が乾燥する秋冬シーズンには、“怠ると一気にモテなくなる”冬美容があります。そこで今回は、時短美容家の並木まきが、モテない女子ほどデート中のトイレでおろそかにしている冬美容を3つご紹介します。
  • Evernoteに保存

1:リップクリームのこまめ塗りをしない

出かける前にはリップクリームや口紅、グロスをていねいに塗っていたとしても、時間の経過とともにどんどん乾いてきたり、落ちてきたりします。

そして、どんどん“乾いた唇”になっていくと、彼のキス欲も喪失……。

それどころか、「唇がガサガサで、だらしない女だな!」などの不名誉な烙印を押されることだってあるんです。

せっかくデートしたのに、幻滅されて終わってしまっては、残念。

秋冬デートでは、トイレに行くたびにリップケアをしておくくらい、こまめな保湿ケアを。

 

2:出かける前以外にはハンドクリームを塗らない

お出かけする前にはハンドクリームでしっかり手元を保湿していても、外出してからは一切、保湿ケアをしない……。それだと、いざ彼と手をつなぐシーンで「この子の手、ガサガサじゃん!」と幻滅されるばかりか、静電気がバチバチ……ッ!として気まずい事態にもなりやすい。

男子って、「女子にはしっとりした手元でいて欲しい」と思うもの。手元の保湿を怠ってしまっただけで、“ダメな女”だと思うこともあります。

手は、リップケア同様に、トイレに立ったタイミングでこまめに保湿してこそ、秋冬のモテを狙えるパーツになるのです。

ただし、クリーム塗りすぎてベタベタな手もイメージダウン。なので、適量を死守して!

 

3:出かけた先で顔の保湿をしない

ボディは洋服でカバーされていますが、顔は木枯らしにダイレクトにさらされるため、秋冬デートでは、カサつきが目立ちます。

外出前にはしっとり美肌なメイクに仕上がっていても、外気にさらされているうちに、カサカサ乾燥してきます。ヒドい場合には細かく皮がむけてしまったり、ファンデーションがカピカピになってしまったり。

そんな顔を彼が見れば「意外と、汚い肌なんだなぁ……」と、幻滅してしまうかも!?

秋冬デートでは、ミスト化粧水など、メイクの上からも使える保湿アイテムをこまめに使って、常にうるうる肌を保つ工夫を。

 

ぶっちゃけた話、カサカサと乾燥している女子は、男子から幻滅されやすい傾向にあります。

秋冬デートのトイレタイムは、ちょっとした美容タイム。

1回目のデートの“次”が訪れない……とならないよう、みなさんは保湿ケアを万全に対策してくださいね。