婚活地獄…!「30代女性婚活の辛すぎる現実7つ」と男の本音

男も女も星の数ほどいるけれど、結婚する相手はこの世でたったひとり。婚活というのは、本当に途方もないもので、労力も時間も大量に費やしてしまいがち。人生を左右することですから慎重に、そして理想を追い求めて当たり前なのですが、辛いことがたくさんあるのです。そこで今回は、30代女性の辛い婚活事情と男性の本音についてお話しをしていきます。

1:まさに婚活地獄っ!30代の婚活は女余りが現実なのか!?

婚活を頑張っている!という女性の皆さん……それぞれに悩みを抱えていませんか? 女性にとってみれば結婚時期というのは人生において大きなターニングポイント。

女である以上、結婚の先にある妊娠そして出産、育児……というのは望んで簡単に手に入るものではありません。仕事の続け方でも悩み、家族の協力を得るためにまた悩むワケです。

女余りの構図は、婚活へ向けた熱の入れ具合の男女での温度差、そして結婚後に待っている大きなライフイベントによって女性側がより高い理想を追い求めることが原因と考えられます。

(1)婚活女は「勘違い」とか「痛い」とか言われる?

婚活をしている女性のことを悪く言う男性は、自身の婚活でなにか思い通りにいかなかった経験があるようです。

<「有料の婚活パーティーに参加しました。男性のほうが女性の倍くらいの参加費がかかり、パーティー中は年収とか思い描く家庭像とか、事情聴取のような作業。

あれだけお金を払って、女性側からは見下されたような感じで、ムカつきました」(30代男性・IT系)>

根掘り葉掘り聞かれて、そして好感を抱いてもらえなかった男性は「なに上から目線で見てるんだよ!」なんて気持ちになってしまうのですね。

(2)婚活に対する男の本音は?

一方で、婚活そのものに対して、男性の本音は意外にも理解や共感のあるものばかりでした。

<「恋愛をしたいというのと、結婚をしたいというのは違うと思う。好きなだけでは結婚はできないから、結婚を意識した交際がしたいなら婚活をするのは当然」(30代男性・航空整備士)>

「恋愛の先に結婚がある」カップルがいれば、「恋愛は恋愛、結婚は……また別!」と考える男性も女性もいるということですね。

また、婚活のマッチングに期待をして活動している女性に共感できるという意見もあります。

<「自分は仕事で長期間家を空けてしまいます。それもあって出会いそのものがないし、そういう仕事に理解をしてくれる女性との出会いなんて、全くない。

結婚したら奥さんには家にいて欲しいと思うから、仕事を続けていきたい女性とは結婚に至らないと思う。婚活でそういった事情を汲んで、納得して交際に発展できるマッチングができるのなら理想的だし、賢い出会いなのではないか」(40代男性・海運業)>

なりたい自分を叶えてくれる相手と出会うための賢い手段として婚活をとらえている男性もいるのです。

 

2:30代女性婚活の辛すぎる現実7つ

婚活に励む女性のハートを傷つける事件が、たくさん起こっています。婚活女性はどういったことで傷つき、辛い思いをしているのでしょうか。

(1)理想とマッチした男性と出会えない

実生活で出会いに恵まれない「仕事があるし! 趣味もあって忙しい!」。でも頼ってみた婚活でも「出会えない」辛さにがあるのです。

婚活で出会えない理由、それは出会いがあるのに「出会い」だと捉えることが出来ていないためでもあります。自分の理想の枠に入らなかった男性とは「出会っていない」感覚になってしまっているからです。

出会いはあるけれど、実っていないというほうが正解に近いかもしれませんね。

(2)相手に求める条件を考え直すよう指導される

理想の男性像は、女性の誰しもが持っているもの。最近の傾向として、ある程度の収入があって、親とは別居で、見た目はそこそこ良くて……と、女性の理想は「並な男」に傾いているんだとか!

しかし、ここでいう”並”は、妥協するどころではなく、現代ではむしろステータス。実は、需要が多いのが「稼ぎも見た目も並」な男性なのです。

そのため「並を望むのは高望みですよ」と指摘されてしまうのですね。

(3)会費、身なりへの投資などの経済的負担

婚活はタダでできるものではありません。婚活パーティーに参加するのに数千円から数万円かかりますし、結婚相談所に登録をすれば入会金だけでも何万円もかかります。

登録し続ける限り月会費がかかるものもありますし、無事素敵な人とマッチングできたら登録を解除(婚活サービスから卒業)する必要があり、これにも手数料が課せられている場合も!

男性と会う場では、素敵な服を着たいですし、お化粧だってしっかりしたい……。身なりへの投資も、婚活そのものへの投資もかかり金銭的な負担を感じる女性が多いです。

(4)婚活する時点で「売れ残り女」のレッテルを張られる

婚活をするという時点で、「今まで恋愛をしてこられなかった女というレッテルを貼られている気がする」という女性の意見が多くありました。

「なにか問題があるから売れ残ってるんだろうな」とみられている気がして、なんだか自分に自信が持てないまま婚活に励んでいるとの声も。無理して自分にムチを打っているような状況で、心身ともに疲れてしまうようですね。

(5)プライドと婚活成功したい気持ちのせめぎ合い

婚活を成功させて、晴れてゴールインの日を迎えたいという気持ちと、だからといって相手を妥協したくないという気持ちのせめぎ合いが辛い、という意見もあるようです。

<「職場の人には茶化されるし、だからといって妥協したくもないし。婚活しているのであれば結果を出したいけれど、望んだ相手ではない人と結ばれるのもイヤ。この気持ちの揺れ、せめぎ合いが辛い」(30代女性・公務員)>

婚活に励んでいる女性を苦しめるのは、「自身のプライド」だということがわかりました。

(6)仕事の仕方を考える必要が出てくる

婚活パーティーに参加するために仕事を休む、定時であがる……といったように、仕事にも制約が出る場合があります。

婚活しています!と声を大にして職場に伝えたところで、仕事は待ってくれませんよね。仕事と婚活をどう両立するのかも大きな問題となり、女性を苦しめるのです。

(7)婚活で出会って結婚!というのが恥ずかしい

恋愛結婚が勝ち組のステータスであって、婚活で結婚をしたところで誇れない……なんて思っている女性がいます。婚活で出会い、そして結婚をしたということそのものがなんだか恥ずかしいのだそう。

 

3:婚活に関する男の本音3つ

一方で、婚活に多くを望んでいない男性陣。婚活に関する本音は、たったこの3つ!

(1)条件をもっと広げて、良いところを見て欲しい

切実に訴えているのが条件をもっと広げて欲しいというものです。

<「希望の年収を100万下げてくれるだけで、マッチする人が相当増えると思う。

男性に比べて、女性はハッキリした条件が多くマッチできない事が多いので、幅を広げて考えてもらいたい。足りない部分をチェックするというよりも、良いところを見て、交際に発展する出会いとして見てもらいたい」(30代男性・介護職)>

収入の希望額を少し下げるだけで、他の要件を満たした男性とたくさんマッチすることができる!といいます。

(2)「忙しい」と言って逃げないで欲しい

婚活に励む男女、皆が忙しいなか頑張って出会いを求めています。にもかかわらず、忙しさを理由に、急に連絡が疎かになる女性がいるようです。

<「こっちも忙しいなかで時間をつくっているのに、女性側から忙しいと対応を後回しにされたことがあった。忙しさを理由に逃げないで欲しかった」(30代男性・塾講師)>

婚活に疲れてきた女性の典型的な例ですね。もう忙しいから……と、急に婚活に無気力になってしまうのです。

でも、男性は対応を待っていますから、こういった失礼なことはマナーとしてやってはいけませんよね。

(3)自分にもっと自信を持って欲しい

売れ残り感を抱き、自分に自信を持てなくなってしまっている女性に対して、「もっと自信をもっていいよ!」という男性陣の心温まる意見が。

<「自己紹介のときに、“わたしなんか綺麗でもなんでもないし……”とか、自分を落とすような意見を言う女性が多い。

皆それぞれに素敵だし、人と比べてどうこういうもんじゃないし、もっと自信を持って自分をプレゼンしてもらいたい」(40代男性・印刷業)>

胸を張って、「わたしはこういう女です!」と言えたら……きっと、その様子に男性もキュンとくることでしょう。

 

4:婚活地獄を抜け出すヒント3つ

(1)時間とお金を有効活用して、負担の少ない婚活をしよう!

婚活には時間もお金もかかります。しかし、自分の貯金などを切り崩して無理に続ける必要はありません。どのくらいの時間、どれだけのお金をかけられるかを自分の中で考え、納得して負担の少ない婚活をしましょう。

(2)どんな人が良いか、今一度考え直そう!

理想を考えるとキリがありません。むしろ、絶対に譲れないポイントだけを挙げて、それ以外は“その男性の魅力”だという捉え方ができるようになると、婚活が成功に大きく動きます。

(3)プライドはおさえ、自分に自信を持って活動しよう!

自分を安く見られたくない、男性のほうからアクションを起こして欲しいといったように、些細なプライドは婚活成功を遠ざけてしまいます。婚活をしている男女は皆、対等です。プライドにはフタをして、自分に自信を持って活動をしましょうね。

 

5:婚活地獄から抜け出して、素敵な出会いを実らせましょう

悩みが尽きない婚活ですが、実際に出会いを果たし、素敵な結婚生活を掴んだ女性だってたくさんいます。自分で自分を辛くしてしまっていませんか? 素敵な出会いを実らせるため、ここで紹介したことを実践してみてくださいね。