【画像あり】LINEでの告白ってあり?成功例と失敗例を徹底比較

今や恋愛に必要不可欠なツールとなったLINE。そんなLINEでのやりとりを経て結ばれるカップルが多いですよね。もちろん告白は相手の表情を見て直接したいもの。だけれどイマドキLINEでの告白も多いみたい。そこで今回はLINEでの告白ってあり?成功例と失敗例を徹底比較!
  • Evernoteに保存

1:LINEでの告白ってあり?なし?

ぶっちゃけみなさんはLINEでの告白はありですか? なしですか?

筆者の個人的な意見としては「なし」ですが、イマドキLINEで告白するというのも少なくないみたい。

先日、女子高生と話す機会があったのですが、彼女たちの間では「LINEで付き合ってLINEで別れる」なんていう、ある意味スマートな付き合いが浸透しつつあるのだとか。

「愛の告白は面と向かって!」なんていうのは、もはや時代遅れなのでしょうか……。

そこで今回はLINEでの告白の成功例と失敗例を徹底比較してみましょう。

 

2:胸キュン!男から送られてきた告白LINE3選

まずは、思わず女子がドキッとした胸キュン告白LINE文例を5つご紹介。

(1)大切なことを伝えたい“告白匂わせ”LINE

圧倒的に女子から支持を得た胸キュンLINEとして挙がったのがこれ。

「●●ちゃんとのLINE楽しいわあ~! この前遊んだのも楽しかったし!」

というまさにいちばん楽しい“付き合う前”のやりとりLINEを経て「今週、大切な話もしたいし、ご飯行かない?」とお誘いLINEが!

これは気になる彼からだったらテンション上がる~!

この流れからの大切な話は、ほぼ確実に告白……ですよね。

「LINEで告白は軽いから“告白するかも”っていう匂わせでテンションを上げさせて欲しい」というのが乙女心ですね。

(2)実は好きッ!“ちょっぴり冗談!?告白LINE”

こちらチャラ男がよく使うようなLINE文例。

「この男、チャラいな~」と分かっていながら恋をしていたとしたら、こんな軽いノリのLINEですら思わずキュンとしてしまう女子も多いのが事実。

「●●ちゃん大好き(笑)俺と付き合ってよ!」なんて、LINEでさらっと言っちゃうのですから、ビックリしてしまいますが、このあと、こんな軽いノリの男子をどう受け止めるかはあなた次第です。

浮かれずに「いや、そんな軽い気持ちだったら付き合えないよ! ちゃんと面と向かって言うものでしょ!」

など、嬉しい気持ちを押さえつつ、釘を打って彼との関係を考える必要があります。

いくら胸キュンしたって、こんな軽い文面を送ってくる男子は遊び人の可能性大。

すぐに付き合っちゃうような女子は本命になれませんよ!

(3)面と向かっては照れくさい!?愛の告白LINE

ひたすら長文で想いを綴る男子。

ロマンチストなくせに恥ずかしがり屋な男子がやりがち。

このLINEの胸キュンポイントは「もし、よかったら、また後日、直接話させて」という最後のワード。

「俺のことどう思ってるのかな……」と1度LINEでクッションを入れることで、様子を見ているのです。

「もしかしたら振られるかも……」と思いつつ、まずはLINEの告白でジャブを打って、そのあと直接、面と向かって告白しようとしている気持ちの表れです。

こちらが届いた場合、あなたへの本気度は超高め。

それが伝わる文面でキュンとしてしまいますね!

 

3:告白失敗!男から送られてきた痛いLINE3選

(1)軽すぎ!スタンプと絵文字だらけの告白LINE

あまりにも誠実さ欠けるこちらのLINE。

こんなLINEから始まる恋なんて、絶対真剣交際に発展しないでしょッ!と思わず突っ込みたくなりますが……。

お互いの“付き合う”ことに関しての感覚が同じならば、問題がないかもしれませんが……。

普通はドン引きしてしまいますね。

(2)まわりくどいやり取りからの告白LINE

「ねえ、俺のことどう思ってる?」「優しいなって思うよ」「優しいってどれくらい?」なんてメンドクサイやりとりが続いて、どう考えても「脈なし」そうなのに、何を勘違いしたか、告白をぶっこむ。

こんな勘違い男子、イヤですね……。

恋愛の駆け引きにおける「優しい」は、決して純粋は褒め言葉ではないということを分かっていないのです。

(3)勝手に思いを伝える!一方通行告白LINE

「好きになってしまった」と勝手にひとりで暴走をしてしまう男子。

相手の気持ちなんて気にしていません。

自分の思いを伝えることが最優先なのです。

そして自己完結。

ドン引きすぎますよね……。

だけどこんな男子……いませんか?(笑)

4:LINEで告白されたら?

では実際に、男子にLINEで告白されたら、どのようにOK、NGを伝えればいいのでしょうか?

(1)OKの場合の伝え方

OKの場合は、男子から来たLINEの文面に合わせて返信を。

LINEでの告白が「あり」であっても「なし」であっても、大前提としていちばん大事なのは「あなたが彼のことをどう思っているか」です。

そもそも論で、「LINEで告白されたから、この男子は無理」なんていうくらいの気持ちだったら、付き合わなくて正解。

好きな彼だったら、LINEで告白されたとしても、そこが「ふたりの関係のスタート地点」という気持ちをもちましょう。

彼からの告白が「付き合ってよ~」なんてフランクなやりとりなら、「いいよ! とりあえず会おう!」のように「ちゃんと付き合ってからのデート」を取り付けましょう。

(2)お断りしたい場合の伝え方

告白を断りたい場合は、どんな文面であってもちゃんと真剣に断って。

「付き合ってよ~」のような軽いノリの文面に見えても、もしかしたらそれは彼なりの照れ隠しの可能性もあるからです。

軽く見えても、実は、彼なりのすごい勇気を振り絞って打った文面なのかもしれません。

今後、彼との関係はないなと感じたら、「気持ちは嬉しいけれど、付き合うのは難しいかな。ごめんね」とサクッと、だけれど絵文字などを使わず、ていねいな文面を心がけましょう。

 

5:女子からのLINEでの告白を成功させるテク5個

では女子から男子にLINEで告白する場合、どのような手順を踏めばいいのでしょうか?

LINEで告白を成功させるテクをご紹介します!

(1)絶対にLINEで告白を完結させない!

まず、「LINEで告白する」という前提を覆してしまいますが、告白の絶対勝者になるためには、LINEで告白を完結させてしまうことは絶対NG。

あなたがLINEで告白された場合を想像してみてください。

彼の顔を見えなければ、彼がどんな表情で、どんな場所でその文面を打っているか分かりませんよね。酔っぱらって勢いで……なんてことも大いにありえます。

「LINEで告白を成功させる」より「LINEを利用して告白の成功率を上げる」ほうがいいのです。

(2)ジャブLINEで“好き”を匂わせ様子を見る!

まずはジャブLINEで彼の気持ちを探ってみましょう。

彼といい感じなんだけれど、これって私のこと好きなの?

告白前のそんな悩みを持つ女子は多いはず。

彼の気持ちを確かめたいけれどストレートに聞くのは勇気がいるし、まだそこまでの自信がない……。そんなときは、彼があなたに対して本気か知れる「ジャブLINE」を打ちましょう。

特に、上記文面のように、「風邪引いた」などのシチュエーションの中で、彼の本気度をはかって、LINEでの告白の成功率を上げるのです。

(3)やや引いて、彼の反応を待つ

LINEのラリーが続きだして、あなたからLINEが多いようだったら、1度LINEの頻度を減らして彼の様子を見てみましょう。

もしあなたが気になる存在だとしたら、彼からきっとLINEが来るはず。

返信も控えめに。

あなたからLINEが来ない時間=あなたのことを考える時間

になります。

(4)デートの約束を取り付けつつ、好意を

あなたが彼とのデートの約束を取り付ける場合、間接的な“好き”を使いましょう。

たとえば、「●●君、好き!」という直接的な“好き”ではなく、「●●君の仕事できるところが好き」、「●●君の優しいところが好き」というような、間接的かつ好意が伝わる文面です。

特に、何度かデートをすでに重ねていて、「次のデートでは付き合いたい!」と思うなら、間接的な“好き”を使って、LINEで告白はしていないけれど、ほぼそれに近い状態を作り出すのです。

(5)“告白”を匂わせる

そして上記(4)のように間接的な“好き”を伝えつつ、直接的な“好き”は次回!という風に、デートで告白をするということをLINEで匂わせましょう。

「会えるの楽しみッ! その日は大切な話がしたいんだ~」なんていう“告白”匂わせで彼のドキドキをゲットするのです!

この5つのステップをクリアすれば、あなたはLINE→告白の恋愛勝者になれること間違いなしですッ!

 

どうでしたか?

今回はLINEでの告白ってあり?成功例と失敗例を徹底比較しました。

う~ん、やっぱり時代が変わったって、告白は面と向かってしたいもの!

LINE→告白の流れを作って恋愛勝者になりましょうね♡