「好きな食べ物」を聞く男性心理と「男子が喜ぶ上手な答え方」7選

男性に「好きな食べ物は何?」と聞かれるシチュエーションってありますよね。どうしてそんなことを聞くのでしょうか? そして、本当に好きなものを答えるのももちろんアリですが、どうせなら「男子が喜ぶ上手な答え方」をしてみてはいかがでしょうか? そんな男性心理と答え方をご紹介します。

1:好きな食べ物すぐに言えますか?

「好きな食べ物は何?」と聞かれると、一瞬「何が好きだっけ……?」と自問自答してしまう女性も多いのではないでしょうか。好きな食べ物はたくさんあっても、いきなり聞かれると悩んでしまうことも。

男性に聞かれた場合の答えを作っておくととっても便利。どうせなら、男性ウケもばっちりおさえちゃいましょう!

 

2:女子に好きな食べ物を聞く男性の心理5つ

ところで男性は、どうして女性に「好きな食べ物」を聞くのでしょうか? その心理を男性たちに聞いてみたところ、以下のような答えが。

(1)デートの下調べ

「デートに誘うとき、好きな食べ物で興味を持ってもらえるようにしたり、好きなものをごちそうしたいから聞いている」んだとか。こういった心遣いってありがたいものです。

さりげなく会話で答えた好きな食べ物が、次のデートで出てくると嬉しい! できる男性だな、と好感度アップしちゃいます。

(2)お店を決める話題のきっかけに

「お店を決める話題にもっていきたいとき、“何が好き?”、“何が食べたい?”といった感じできっかけとして聞く」という男性も。スムーズな話の流れにまで、気を遣っているんですね。

好きな食べ物を聞いて、パッとお店が浮かぶほどの知識も必要です。食べ物を聞いて、それに沿ったステキなお店にさっと連れて行ってくれるとポイント高め!

女性も、「今から行くお店を決めようとしているのかな……」と察して、選びやすいものを言ってあげられるとスマートです。

(3)どういう生活なのか知りたくて

「相手の食生活や、普段の生活の様子が知りたくて聞く」んだとか。好きな食べ物だけで、生活スタイルまで想像されちゃうなんて、ちょっとびっくり。

ラーメンやカツ丼なんてガッツリしたものや、男らしいイメージにつながってしまいそうなものは言いにくいかも。

(4)単純に興味で

「単純に相手の女性に興味があって聞く」というシンプルな回答。気になる相手のことは、いろいろと知りたくなりますよね。

自分について、相手について、たくさん質問をしあって仲を深めていきたいものです。

(5)話題に困って何となく

「話題に困って聞いちゃう」という男性も。話題が尽きたな、何か話すことないかなと考えた結果なんですね。

話題に詰まって「好きな食べ物」が聞かれたときも、男性が喜ぶ答えをすると会話がもりあがるかも。

 

2:男子からの「好きな食べ物なに?」への上手な答え方7選

では、気になる「上手な答え方」の例を見ていきましょう!

(1)かわいいもの

アイスクリーム、パンケーキ、チョコレートなどのかわいい食べ物を答えると、「女の子らしいな」と喜んでくれる男性も多いんだとか。

もちろん、スイーツは鉄板です。名前を聞いただけでなんとなく「かわいいを連想するもの」を好きな食べ物としてあげると、その女性までかわいい雰囲気に感じることも。

イメージって大切ですね。

(2)高級すぎないもの

デートの際に「好きな食べ物」を参考にする男性もいますので、あまり高級すぎるものだと敬遠されてしまうことも。

あまり高級すぎないものを選んでみましょう! 「食べに連れて行ってあげたいな」なんて思ってもらえると大成功ですね。

(3)フルーツ

好きな食べ物は「イチゴ」なんて、かわいいですよね。

シンプルで分かりやすく、なんだか健康的なイメージまであるフルーツは男性が喜ぶ鉄板の答えのひとつ。

フルーツの中にひとつくらい好きなもの、ありませんか?

(4)最近は●●

「最近●●にはまっているんだ」という形で、好きな食べ物をこたえるのもあり。話題の食品などだと、盛り上がるかも。また、好きな食べ物がたくさんありすぎて決められない方にも便利。

しばらくして、その食べ物に飽きちゃったとしても、言い訳できますよ。

(5)甘いもの・辛いもの

好きな食べ物を限定せずに「甘いもの」や「辛いもの」と答えるのもOK。好みが伝わりやすいですし、デートスポットを探すときの参考にもなります!

また、「俺も甘いもの好きなんだよね」なんて気が合うと判明したり、「俺は甘いのは苦手なんだ、やっぱり女の子だね」なんて彼の好みを知ることができたり、いいこともあるかもしれませんよ。

(6)お店を指定

具体的な好きなお店を指定するのもあり。たとえば、「●●のショートケーキ」のように。そこから、どんなお店? どこにあるの? 今度一緒に行こうよ!なんて、話が盛り上がりやすいようです。

お気に入りのお店や、デートに最適なお店を「好きな食べ物」に関連付けてアピールするのもありかも!

(7)自信のある手料理

「好きな食べ物はパスタかな。自分でもよく作るんだよ」なんて、手料理もできるアピールにもつなげられます。

うまくいくと、「今度食べさせて」なんて約束ができるかも。自慢の一品を答えてみましょう。

 

3:男ウケしにくい「女性が大好きな食べ物」5つ

反対に、男ウケしにくい食べ物もあるんです! 大好きな食べ物でも、男性に聞かれたときは、グッと我慢すべき?

(1)居酒屋メニュー

「おじさんが飲んでいる居酒屋さんにありそうな食べ物は、あんまりかわいくない」というイメージがあるようです。また、お酒をいつも飲んでいるのかな?なんていう誤解が生まれることも。

仲が深まる前は、秘密にしておいた方がいいかもしれません。

(2)内臓系

レバーやモツなどが入った、内臓系のメニューも男ウケがよくないようです。身勝手にも、男性は女性に「かわいい存在でいて欲しい」と願っているんだとか。

「そんな、かわいいはずの女性の好きな食べ物が内臓系というのは、納得いかない」こともあるのだそう。

ホルモン焼きやもつ煮など、おいしいですけど、男性ウケはよくないこともお忘れなく!

(3)高級料理

フレンチ、寿司など、あきらかに高級な料理を言うと、「連れて行けってことかな?」なんて深読みされてしまったり、「お金がかかりそうな女性だな」なんて敬遠されてしまうことも。男性に聞かれたときには、好きなものに挙げない方が無難かも。

高級料理が好きな女性も受け入れられる男性なのかどうか、相手を見極めましょう。

(4)ジャンクフード

高級料理とは反対ですが、ジャンクフードも男性は喜ばないようです。「好きな食べ物がジャンクフードなんて、不健康だな……」といった印象を与えてしまうことも。

ハンバーガーやポテトチップスが好きなことは、男性には内緒にしときましょう。

(5)特にない

「特にない」、「別に……」という答えは、男性のやる気を折ってしまいかねません。「強いて言えば~」で大丈夫なので、何かしら答えてあげましょう。

どんな話題でも、男性の質問にはなるべく乗ってあげると、会話がはずみますよね。「なんで好きな食べ物なんて聞くの?」と思うこともあるかもしれませんが、優しく答えてみましょう。

4:まとめ

単純に「自分の好きな食べ物」を答えるだけでは、男性ウケは狙えないかも! ただのつまらない会話だと思わず、男性を喜ばせてあげる回答を考えてみるのもアリかもしれませんよ。

もちろん、あなたが好きな食べ物の範疇で答えるのをお忘れなく!