ラブホに誘って失敗した男からの「ダサい言い訳LINE」を覗き見ッ

巷には、LINEでラブホに誘ってくるヘボい男が存在します。ちょっとだけ「いい感じ」でLINEが盛り上がると、勝手に勢いづいちゃうダサいタイプの男ですね。そして、断られると、さらにダサい言い訳をする……。今回は、ラブホに誘って失敗した男からの「ダサい言い訳LINE」を覗き見ッ……!していきます。
  • Evernoteに保存

1:「プールサイドで語ろうと思っただけだぜ?」

「ラブホ行こうぜ」とライトに誘ってみたものの、見事に断られた男子。

プライドが邪魔して、素直に「ごめん」が言えず「俺はさー、プールサイドで語ろうと思っただけだぜ?」と、意味のわからない言い訳を送信です。

“言い訳”なのに、“訳”がわからないことを言うなんて、この手の男は本当にヘボい……。

「プールが好きって言ってたじゃん。ただプールサイドで語ろうと思ったんだよ」

なんて、どんなに鈍感な女子が聞いても「なんか変?」と思う、ダサすぎる言い訳です。

「そうなんだ!? なら、行ってもいいよ~」なんて返してくれる女子がいると思ってるんでしょうか。

あー、ダサい。

 

2:「シティホテルには飽きてるかと思ったんだよ!」

お次は、「ラブホだからダメなの? シティホテルには飽きてるかと思って、誘ったんだよ」的な言い訳を送りつけてくる男子です。

いきなりラブホに誘って「ダメ」だと言われた自分を正当化するために、必死で考えた言い訳LINEなのでしょうね。

「あなたと一夜を共にするつもりはない」という意図は伝わっているはずなのに……。

「断られたと認めるのは、プライドが許さない」という、男の意地(?)なんでしょうか。

こっちがちゃんと断っているのに、こんな言い訳を送りつけてくる男子って、本当にダサいしウザい。

 

3:「ラブホ好きって言ってなかった?あ!別の女だったわ。悪りぃ」

最後は、「それはちょっと……」と、ていねいにお断りをした女子に対して、どうしてもプライドが許さなかった男子です。

「あれ? ラブホ好きって言ってなかった? あ! 別の女だったわ。悪りぃ」と、自己完結型の、ひとり言のような言い訳を送りつけ、必死で自分の行動を正当化しています。

仮に、本気で「ヤベ! 別の女と混同してた!」とウッカリしていたとしても、あえてその“気付き”を言葉にして送りつける必要はないですよね~。

「他の女」とか言っちゃっているあたりに、ダサさとヘボさが垣間見えるLINEです。

この男子は、相当に負けず嫌いですね!

 

男子的には意を決してラブホに誘ってみたのかもしれないけれど、「は? コイツ、何、調子乗っちゃってるの!?」と、ウンザリなことって、よくあります。

本気で断っているのに、ヘボい言い訳LINEが届いたら、みなさんはどう対処しますか!?