甘えちゃダメなの…!? 「風邪気味な彼女」への彼氏の本音3つ

どんなに体調管理に気をつけていても、風邪をひいてしまうこと、ありますよね。風邪をひいてしまうと体もだるいし、弱気になってしまったりもします。そんなとき、真っ先に頼りたいのが彼氏!という女性は多いはず! でも、案外冷たい彼氏の本音が聞こえてきました……。

1:伝染りそうだから会いたくない

単刀直入に「風邪が伝染るのがイヤ!」という意見ですね。

仕事を重視している男性に多い意見。彼女のことよりも、自分が風邪を引く心配をするなんて……!と思ってしまいます。でも、「社会人として成功するためには、それくらいの徹底した体調管理が必須」なんて意見も。

風邪を引いても、仕事は絶対に休めないという職業の方もいますので、そういった彼氏の場合は、女性側から配慮してあげるべき、なんでしょうか。

「伝染るから会いたくない」と言う彼氏を、「できる男性!」と受け止めるか、「冷たい彼氏!」と受け止めるかは彼女次第……?

でも、「伝染っちゃうから会いに来なくていいよぅ」ってこっちが言ってるのに、「心配だから行くよ~」って言ってくれる彼氏のほうが、嬉しいですよね。たとえ心の中では、(ヤダな)と思っていたとしても……。

 

2:看病といってもできることはほとんどない

「風邪だと言われても、実際に看病できることって案外少ない」という意見も。

もちろん「必要なものの買い出しくらいはする」らしいです。でも、「看病はできることないし、本音は会いに行く必要なくない?と思っている」という意見もありました。

確かに、不器用な男性にご飯をつくってもらったり、家事を頼むのはちょっと不安だし、体をふいてもらうなんていうのは恥ずかしいし……。できる看病といえば、薬や食事を買ってきてもらうくらいかも。

それでも、そばにいてくれるだけで心強いのですが……甘えでしょうか?

というか、そういう気持ち、わかんないのかな~? 

3:イチャイチャは避けたい

看病に行ったのに、家でふたりっきりでいると、ついついイチャイチャしちゃうカップルも。体調が悪かったり、熱があるはずなのに、ちょっと楽になったタイミングでイチャイチャし始めてしまうんですね。

イチャイチャすると風邪が伝染るリスクが高まったり、彼女の風邪が悪化してしまう可能性もありますよね。

そのため、「会いにいきたいけど、イチャイチャするのがこわいから、会いに行けない」なんて意見もありました。イチャイチャを我慢する自信がないから会わないという選択。賢い!のかな。う~ん、どうでしょう。

 

甘えたいけど……

ご紹介した意見とは反対に、「彼女が体調が悪いときは心配なので、すぐに連絡をして欲しい」「ずっとそばにいてあげたい」という意見の男性もいました。

彼氏は献身的に看病してくれるタイプなのか、本音は会いたくないと思っているタイプなのか、見極めたいところですね。