好きな人からの連絡に「即返信」したくない…!物理的な解消アイデア3つ

彼氏や好きな人とのLINEなどのやりとりに、依存しがちになっていませんか? 即返信はよくないってわかっていても、たまには彼氏をじらしたいと思っていても、連絡が来るととついつい意志薄弱になり……。結局いつも、すぐに返信してしまうんですよね。今回は、大好きな相手に、大好きだからこそ即返信したくないときの物理的なアイデアをご紹介します。

アイデア1:彼氏からのLINEを通知オフに

LINEには、個別の相手だけを通知オフにするという、便利な機能があります。

即返信したくない場合、「好きな人や彼氏からのLINEの通知をオフにする」というのもひとつの手段です。

LINEが来ていても、通知が来なければ気付きませんよね。自然と即返信せずに済みます。

そして、LINEを開く時間を決めて、そのときに連絡が来ていたら返信、とすれば、相手は数時間待つことになります。

ただし、連絡が来ていないかが気になって、何度もLINEを開いて確認したら意味がありません。ぐっと我慢しましょう。

 

アイデア2:スマホの電源を切る

「スマホの電源を切る」というのもよい手段です。

スマホを日常的にずっと手放さず触ってばかりという人は、たまにはスマホから離れる時間もつくってみましょう。意外と新鮮に感じられて、ステキなものですよ。

着信音に邪魔されることなく、ほかのやりたいこと、やるべきことに集中できて一石二鳥です。勉強に集中したい、のんびりと読書がしたいなど、1日誰にも邪魔されず自分のために時間を使いたい……というときにも使えますね。

ただし、ほかの人からの連絡も一切届かなくなってしまうので、時間を短めに設定したり、今日はなにも人と連絡を取る必要がないな……という日に行うことをオススメします。

 

アイデア3:友達と長電話

「友達と長電話をする」という手段も。

もちろんスマホで電話をしながら、ほかの人にLINEを返信することもできます。でも、たまにはスピーカーなどにせず、電話中、その人との電話にだけ集中するのもいいのではないでしょうか。

友達と長電話しているうちに楽しくなってきて、好きな人や彼氏のことを忘れられることも。

恋愛依存になりかけている方は、友達の大切さを改めて実感したり、友達も大切にしなきゃ!と感じられたりといったいい効果も得られるかも。

恋愛依存になってしまうと、友達をおろそかにしてしまいがち。そんなときの友達との長電話は、友情を復活させてくれたり、新鮮な遊びや誘いのきっかけになってくれたりしますよ。

 

即返信、やめませんか?

好きな人や彼氏のことで頭がいっぱいになると、相手のことばかり考えてしまい、ほかのことがおろそかになってしまうことも。

また必ず、すぐに返事がくるあなたとの連絡に、彼はドキドキがなくなってしまうというデメリットも⁉

好きな人や彼氏からの連絡、たまには即返信をやめて、焦らしてみてはいかがでしょうか? 恋の駆け引き上手を目指しましょう!