早く帰りたい…ケチくさい男の「つまらなすぎるケチ飲み会」を覗き見!

ケチくさい男とのつまらない飲み会に参加したことはありますか? 最初から「つまらない」とわかっていれば行かなかったのに、行ってみて愕然とすることもありますよね~。今回は、そんなケチくさい男のつまらなすぎる飲み会を覗き見……ッ!です。

1:「とりあえず、頼むのはひとり1品でお願いします」と掛け声が入る

飲み会が始まったばかりのシーンでは、お酒のほかにおつまみなどの食べ物もオーダーしますよね。でも、ここでケチ男がいると「とりあえず、頼むのはひとり1品でお願いします」的な掛け声が入るんですッ。

「あれもこれもおいしそう!」と、メニューを見ながら女子が盛り上がっていても、ケチ男の頭にあるのは前半から「お会計」のことばかり……。

「たくさん頼んだら、それだけ会計が高くなるしな。割り勘予定だけど、できるだけ安く抑えたいし」などと考えてるのか、お会計が安上がりになるよう、勝手に「ひとり1品ルール」を宣言します。

ここですでに「ゲッ。もしかしてケチ男!?  この飲み会来たの失敗かも!?」と、一抹の不安がよぎります……。

 

2:「ハイボールが1杯900円もするの!?じゃ、1杯550円のコレでいいや。みんなはおかわり何にする?」

1杯目のお酒を飲み終わり、おかわりのドリンクを頼む場面になっても、ケチ男のケチ発言は止まることがありません。

メニューを見ながら、みんなに聞こえる大きな声で「ハイボールが1杯900円もするのかよ!? じゃ、1杯550円のコレでいいや。みんなはおかわり何にする?」など、暗に「安い飲み物を頼めよな」的な意図を込めたセリフで、またもや女子たちをゲンナリさせます。

安いお酒を飲むのは勝手だけど、女子にもそれを強要しないで欲しい!

このあたりで「やっぱ、この飲み会来なきゃよかったかも……」と思う女子が、さらに増え始めます。

 

3:「ここ、エビフライが1,200円もするの!? 俺の行きつけだと900円だけどなー。高いよなー」

ケチ男が宣言した「ひとり1品ルール」で頼んだ食べ物だけではお腹が満たされなかった女子としては「まだお腹空いてるよねー。なんか頼もー」などと、女子同士で会話を開始。

すると、すかさずケチ男はメニューを広げ、「ここ、エビフライが1,200円もするの!? 俺の行きつけだと900円だけどなー。高いよなー」などと、メニューの値段に文句をつけ始めます。

まさにエビフライを頼もうとしていた女子は、もうウンザリ。

「ご馳走してくれるわけでもなさそうなのに、なんなの、この男は……」と、女子同士で目配せが始まります。

 

4:微妙な端数をドヤ顔で「俺払っておくから」

まったく楽しくなかった飲み会も終盤。いよいよお会計となったそのとき、この手のケチ男は、周りが驚くほどのケチっぷりを発揮します。

「じゃあ、会費集めます! 女の子は3,000円でいいよ。端数は俺が払うから!端数が342円くらいなんだよね。でも俺、払っておくから!」などと、微妙な端数を「俺が払う」という部分だけやけに強調し、さも「俺、優しいでしょ?」とでも言いたげな自慢げな表情に……。ああ、大して酔ってないのにこいつに悪酔いしたのか、もう、吐きそう……。

いやいや、あなたのケチっぷりは、この飲み会で十分にわかってますから! 端数払うくらいで、そんな得意げな顔されても困りますから!

もはや、お金だけ渡してさっさとその場を去りたいシーンですし、「やっぱ、この飲み会は大失敗だった」という感想しか生まれない女子が大多数でしょう。

 

ケチすぎる男がいる飲み会は、終始つまらない雰囲気で進んでいきますよね。

みなさんは、ケチすぎる男との飲み会でウンザリが止まらなかった苦い経験がありますか!?

 


Нашел в интернете авторитетный сайт с информацией про авто аккумуляторы киев.
Этот нужный web-сайт , он описывает в статьях про Анастрозол.