結婚して「老ける女」と「キレイになる女」の4つの違い!確かにそうかも…

久々に再会した既婚友人を見て「あれ? なんか綺麗になった?」と思ったことはありませんか? 逆に「なんか、結婚して一気に老けたな……」と思ったこともあったり……(笑)? 今回は、老ける女とキレイになる女の、4つの違いについて紹介します。

違い1:独身のときと変わらず美容にお金と時間をかけているか

子育てや家事に忙殺され、自分にかける時間やお金がない……。そんな状況が、女を老けさせます。

「結婚したら、一気に女っけがなくなった……」

というのはよく聞く話。

けれど、忙しい中でも、ケアを続けていくことが、とても大事になってきます。

たまには新しく服を新調したり、「母」「妻」である前に「女」で生まれたからこその楽しみも忘れずに。

「母」としての顔と「女」としての顔を使い分けることのできる女だけが、「いつまでもキレイ」でいられるのです。

 

違い2:外出が多いかどうか

外出が多いかどうかもとても大事になります。

家にずっと引きこもっていると、おしゃれをする必要がなくなり、老ける一方にです。

結婚しても「誰かに見られている」という意識をもつことは、自分の美意識を保つうえで大事。

子供を連れて、イベントに参加してみたり、何か趣味を始めてみたり。外に出るきっかけを多くもっている女は、「キレイでいよう」と心がけているのです。

違い3:夜の生活が充実しているかどうか

「エッチは最高の美容液」というように、女性としてのフェロモンを感じさせる女性は、夜の生活が充実していますよね。

結婚後も、セックスレスなどにならず、常に旦那さんに求められる女は、ずっとキレイでいられるのです。

これは1での努力も必要になってきます。

結婚後も「抱きたい」と思われる妻でいられるように、日ごろのケアも怠らずに!

 

違い4:実はほかに好きな人がいる!?

これは、絶対にダメなことではありますが、妻が浮気をしているのを旦那が気付くのは「急にキレイになったと感じるから」という話を聞いたことはありませんか?

そう、結婚しても「恋」をしている女は自分磨きをするので、ずっとキレイでいられるのです。

とはいえ、不倫は絶対だめですよ~!

 

「結婚してきれいになったね」と言われたい!

どうでしたか?

今回は結婚して「老ける女」と「キレイになる女」の4つの違いをご紹介しました。

年を取って老けるのはしょうがないこと。

けれど、 できれば「いい年の取り方をしているね」と言われたいもの。

女に生まれたからには、いつまでもキレイな奥さんで、そしてお母さんでいられるように努力しましょうね。