マンネリ化ってなに?「カップルのマンネリ化状態」と防止対策まとめ

大好きなはずなのに、一緒にいてもなぜかワクワクしない…….。カップルにとって、目に見えない脅威であり危機でもある「マンネリ化」。今回は、そんな「マンネリ」の意味から実態、解消法までを紹介していきます! 脱マンネリを考えている人、マンネリ化してきていると感じている人……早速チェックしていきましょう♡
  • Evernoteに保存

1:マンネリ化って何?

そもそも、“マンネリ化”ってどういう意味なのでしょうか。まずは“マンネリ化”の言葉の意味について確認しましょう。

マンネリ‐か【マンネリ化】

代わりばえのないものになること。また、そのようす。

(出典:小学館デジタル大辞泉/小学館)

新鮮味に欠ける、つまらない様子だということがわかりますね。

(1)マンネリ化を英語で言うと…?

マンネリ化を英語で言うときにピッタリな表現があります。

stuck in(a rut)

タイヤがスタックした……などと言うように、“ハマってしまった”というニュアンスの表現です。

ちなみに、日本語の語源となった英単語は“mannerism”なのですが、この単語は日本でいう“マンネリ”の意味では使わないので注意が必要です。

(2)マンネリ化の類語は…?

マンネリ化に似た言葉として2種類、こんな言葉があります。

ワンパターン

またこれかよ……といった、マイナスなマンネリ感が出る言葉として用いられているのがこの“ワンパターン”。

ルーティン

日常の仕事、わかりきった仕事といったニュアンスの言葉ですね。ルーティンワークという言葉、日本でも最近はよく聞くようになりました。

こちらのほうが、「習慣化させる」といった、プラスの意味合いを含む印象があります。

 

2:マンネリ化したカップルの実態エピソード5つ

(1)彼のことがダサく見えてきた……

めちゃくちゃカッコいい!と思っていた彼のことが、段々ダサく見えてきたらそれはマンネリのサイン……。

彼の一挙手一投足がダサいと感じるように。髪型から服装、行動までダサく見える。『こうしたら?』と言っても聞かないし、なんか冷めてきた」(20代女性・美容師)

今までと変わってないはずなのに、妙にダサく感じてきたら要注意。でも、自分の価値観を押し付けて「こうしなよ!」と彼に変化を求めると、彼はあなたを自分勝手だと感じてしまい、ケンカの元にもなってしまいます。

「マンネリ化が進むとケンカが増える」というのは、彼がダサく見えることによって変化を望み、自分の価値観を押し付けてしまうというところから始まるのです。

(2)ほかの男性に惹かれてしまった!

マンネリ化すると起こる心境の変化……。それは、ほかの異性が気になり始めること。「彼以外にも男はたくさんいるし、もっといい彼氏になってくれる人がいるかもしれない」と、視野が急に開けてくるのです。

「ラブラブな時期はないけど、マンネリしてくると男友達がカッコよく見えてきません?

恋愛対象外だった男性が、急に恋愛対象になって気になってしまうって、あると思うんです」(20代女性・自営業)

つい、彼以外の男性に惹かれてしまう……。交際が破たんしかねない、重大な心境の変化だといえます。

確かに、「もっとイイ男いるかも」って思うこと、ありますよね。

よそ見なんてせず、彼のことを真っすぐ思っていた私はどこへいったの? なんてくらい、一気に熱が冷めてしまうのです。

(3)彼からの愛情を感じなくなってしまった

マンネリ化してきたカップルが思うこと、それがまさに「愛情不足」。

一緒にいることが当然になってしまったために、「あれ? なんで一緒にいるんだろう……」なんて気持ちになってしまうことも!

「愛されている感がなくなりました。前はもっといっぱい好きって言ってくれたのに……。そういうラブラブな会話がなくなって、“これマンネリだな”って」(20代女性・求職中)

その気持ち、痛いほどわかります……。好きと言われなくなるのって、女として見てもらっているのかどうか、自信もなくなってしまいますよね。

(4)エッチはササッと、挿入だけ……

付き合い始めのころのエッチはとっても濃厚だったのに、マンネリ化してきたら淡白なエッチばっかり!という不満をお抱えの女性も多いのでは?

「前はハダカでギュっとして、いっぱいイチャイチャしてからエッチしていたのに……最近は彼が私のパンツを脱がしてきて、ササッと挿入。味気ない」(30代女性・看護師)

前戯はどこへいったの?と聞きたくなるくらい速攻での挿入……。コレ、女性が萎えるやつですよね。性欲処理の作業感が出てきます。寂しすぎる!

(5)キスやハグが明らかに減ってしまった

好きな相手としかしないはずのキスやハグが減ってくると、「愛されているのかどうか不安になり、マンネリ化を感じる」という女性も多いですよね。

筆者もそのタイプ。とりあえず毎日ハグ&キスは最低限続けていきたいと思っている派です。

キスやハグがなくなってくると、恋人というよりも、気心が知れた異性という感じになってしまいます。結果、トキメキとはかけ離れた関係になっていってしまうのです。

 

3:マンネリ化したデートを解消する方法5つ

ワクワクするはずのデートが、思いのほかつまらない……とお悩みの方、必見です! 彼とのマンネリ化したデートを解消すべく、5つのアイディアをご紹介します。

(1)体を動かすアクティブなデートをしてみる

マンネリ打破にもっとも効果があるのが、非日常感を味わうこと。

普段、ショッピングや食事、映画といった定番デートをしているカップルなら、迷わず体を動かすデートをしましょう!

暖かい時期であればハイキングやアスレチック、冬であればスキーやスノーボードがオススメ♡

思いのほか彼の運動神経がよくてトキめいたり、逆に彼の動きが滑稽で超笑えたり……。楽しい時間になること、間違いなし!

彼の、いつもとは違った一面を見ることができ、汗をかくことで心も体もスッキリ♡ マンネリ解消デートにもってこいです!

(2)日帰り温泉旅行に行ってみる

女湯と男湯は別であるというのがポイント。同じ時間を過ごしていても、お風呂に入っている時間は別々ですよね。

「じゃぁ、1時間後にココで!」なんて言って、それぞれお風呂に入っている間、彼はあなたのことを考えて悶々とすることでしょう。

「お風呂から上がったあと、彼女からめちゃくちゃイイ匂いがするのが興奮する」(20代男性・会社員)

湯上りの彼女に対して、ムラムラしてしまう男性もいるようですね! お風呂上がりには、髪の毛をアップにしてみたり、イイ香りを漂わせたりして彼を誘惑しちゃいましょう♡

お風呂に入る前と入ったあとのお互いの変化を楽しみながら、いつもと違った新鮮な気持ちで過ごしましょうね。

(3)いつもしない掃除や料理を一緒にする

マンネリ打破はしたいけど、遠出するのも難しい……そんなカップルにオススメなのが、お家でできる掃除や料理。結婚後の生活を妄想させるようなシチュエーションに、彼はドッキドキ♡

いつもは一緒にしない家事だからこそ、協力して行うことで、マンネリしがちな今ではなく、お互いが一緒にいる将来について考えるように心境が変化しますよ。

彼の段取りが悪くてケンカしそうになったときにも、「少しずつふたりで頑張っていこう!」などと、優しい言葉をかけられれば最高♡

マンネリ打破だけではなく、自慢の嫁候補に格上げです!

(4)遊園地や動物園など、子供向けの施設に行ってみる

マンネリ化しているなと感じたら、子供がいるようなテーマパークや動物園、水族館などに足を運んでみましょう!

子供の元気な声を聞いたり、走り回る姿を見たりして、ふたりの将来を自然と意識することができます。

先ほど紹介した「いつもしない掃除や料理を一緒にする」と同様に、マンネリ化しつつある今より、もっと先の、ふたりの家庭を意識することで、今の時期の貴重さを再認識することができますよ。

(5)友人カップルとダブルデートをする

あまり遠出はしたくないけど、超新鮮なデートがしたい! そんな方はぜひダブルデートをしてみましょう。

いつものショッピングでも、食事でも、友達カップルが一緒にいるだけで全然違います。

彼の男友達に対する接し方を見ることもできますし、会話にどう入ってくるか、盛り上げ役なのか聞き役なのか……など、様々な彼を知ることができて、マンネリ化が解消できます。

 

4:マンネリ化防止のために彼氏ができてからすぐにできること3つ

マンネリ化を未然に防ぐために、どんな心がけをしたらいいか……。早速、チェック!

(1)無理に時間を作って会おうとしない

付き合い始めの頃は、嬉しくて、つい無理をしてでもデートの時間を作ったり、彼の家にお泊まりに行ったりしてしまうものです。

でも、それをすると段々と彼に会うのが当たり前になってしまいます。そして、無理をして彼に時間を作ることまで、当たり前になってしまいます。

そうなると、自分が辛くなりますし、「会って当たり前」の日常にウンザリしてきてしまいます。

マンネリが始まるキッカケになってしまうので、無理に時間を作ってまで会わないよう、自分のペースで暮らし続けましょう。

(2)自分の趣味や友人関係を大事にする

彼との共通の趣味を作るのも楽しいですが、趣味でも一緒、どこでも一緒……だと、新鮮味が欠けてしまって当然です。

自分だけで楽しめる趣味の世界をひとつ持っておくとか、友達とランチや飲みに行く時間を減らしてしまわないようにするなどもポイント!

彼のために友達との関係を希薄なものにしてしまうのは、もったいないからやめましょう!

(3)LINEや電話をし過ぎないように気をつける

交際に発展するまでの間、そして晴れて彼女になったとき……。常に彼とLINEしている生活だったかと思います。

しかし、「彼と連絡をとっていて当たり前」だと、段々彼とのメールにトキメかなくなってしまいます。

LINEや電話はほどほどに、自分の仕事や趣味を大事にして、彼との連絡を生活のすべてにしないことが大事です。

 

5:脱マンネリ化!いつでもお互いを大切に思い続けるために努力しよう♡

一緒にいる時間が増え、相手に対してトキメかなくなってしまうことはしかたのないこと。みんなが経験してきています。

しかし、できることなら彼といつまでもラブラブでいたい!ですよね。

今回紹介した解消法を取り入れて、脱マンネリにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?