意地を張る必要はないはずなのに…カップルのLINEマウンティング4つ

カップルは、お互いのことが大好き!というのが大前提のはずですよね。それなのに、なぜか意地を張ってしまったり、優位に立ちたいという心理が働いてしまったりすることも……。そんなマウンティング行動は、LINEにも表れる様子。今回はカップルのマウンティングLINEを覗き見してみましょう!

1:LINEの返信スピードを相手より遅く……

LINEをポンポンッとテンポよく彼氏と交換するのは楽しいものですよね。

でも、LINEが何時間も返ってこない……なんてことも。そんな数時間後の返信に、こっちがすぐに返信するのはなんだかイヤ!という彼女も。

「すぐにLINEを返信する方が、なんだか立場が下のような気分になってしまう」のだとか。

確かに、「すぐにLINEの返信をする方が立場が弱い」というカップルの例もよくあります。また、なかなかLINEが返ってこなかったりすると不安になっちゃうことも。

相手には悪気もマウンティングのつもりもないのかもしれませんが……、つい気にしてしまうのも納得!

 

2:連絡がしばらく途絶えたあと、どちらから連絡?

カップルでも、数日連絡をとらないなんてこともありますよね。

そんなとき、「どちらから先に連絡するかで張り合ってしまう」という意見も! その結果、「連絡したいのにグッと我慢してしまい、お互い、また数日間連絡をとらないなんてことも」あるそうです。

彼氏からサッとLINEがくれば満足できるのですが、男性にも、「そういう状況で自分から連絡するのが恥ずかしい」「何だか負けた気分でイヤ」という人もいます。

お互いのことが大好きで、LINEのやりとりもしたいはずなのに、意地を張りあってしまうなんて! ……なんだかかわいいカップルですね。

3:既読がつかないと腹立たしい

LINEの機能の中で、乙女心を乱すのが「既読かどうか分かること」。

「12時間も前にLINEを送ったのに、まだ既読がつかないなんて……もしかして私への興味が薄くなったの?」なんて、腹立たしい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

また、既読がつかないと腹が立つのですが、「既読がついたのに返信がこない」というのも腹立たしいのです。つまり、既読がついても、つかなくても、返信がくるまでモヤモヤしちゃうんです!

そして、やっと返信がきたとき、「私も既読をつけてあげないんだから!」なんて気持ちになっちゃうことも……。

 

4:スタンプだけのLINEには、スタンプだけ

「相手からのLINEがスタンプひとつだけというとき、ちょっとがっかりした気分になる」という意見もありました。

手抜きかな、めんどうなのかな、大切にされてないのかも……なんて、ネガティブな考えに陥ってしまうことも。

そして、「相手がそういう態度なら」と、こちらもスタンプひとつだけを返信するのです。すると相手も……と、スタンプのみのLINEラリー続いてしまったり、返信がピタッと止まってしまったり。

 

LINEマウンティング

ご紹介したようなLINEマウンティング、みなさんはしていませんか?

「ちょっとマウンティングしちゃってたかも……」なんて方は、意地を張らないように注意してみてくださいね。カップルの関係維持には、素直さも必要ですッ。