好きな体位はどれ?「女性が好きな体位&男性が好きな体位」ベスト7

好きな体位って……あっ! 目をそらしましたね! ウブな感じで売り出していても、肉体関係はシビア。知識が不足していると関係にバリエーションが持てず、パートナーから飽きられてしまうことだってあるんですよ。男性が好む体位や、女性が好きな体位について知っておきましょう。
  • Evernoteに保存

1:好きな体位ってなんですか?

(1)彼が好きな体位って聞いたことある?

あなたは、彼が好きな体位を聞いたことがありますか?

えっ……そんな恥ずかしいこと聞けないって?

できれば聞いてみるといいと思います。それは「彼を喜ばせたい」というあなたの気持ちなのですから!

でも、聞けないならこの記事で、男性が好む体位について知識を仕入れていってくださいね。

あなたの彼もきっと喜んでくれるでしょう!

(2)あなたが好きな体位ってなんですか?

ところで、あなたが好きな体位はどんな体位でしょうか。

ハッキリと、この体位が好き!と言えるのも、元々の体位の知識があってこそ。

エッチってあんまり気持ち良くないー、なんてあなたは、まだまだ体験したことのない体位があるかもしれませんね。

こんなの知らないぞ!と思ったら、次はぜひ彼氏と試してみていただきたいですね!

 

2:女性が好きな体位とその理由ベスト7

(1)正常位(せいじょうい)

女性が一番好きと言われている、正常位。

実際周囲の女性にアンケートしてみても、

「やっぱ正常位でしょう!」

と答える女性は多いものです。

正常位が好きな理由としては、

「抱き合ったままできるから」

「相手の顔を見られる」

「愛されている気持ちがする」

という理由が多いようです。

実際、正常位は女性にとって、相手の体重を1番といって良いほど感じる体位。

その体重の重みが、なぜか愛の重みのように感じるから、エッチは不思議ですね。

(2)後背位(こうはいい)

まあいわゆる、

「後ろからシて!」

の体位が、後背位です。「バック」ともいいますのでわかりやすいですね。

後背位が好きな女性からは、

「つながりが深い気がする」

「サレてる感がスゴい」

という意見がありました。

動物的な体位だけに、なんとなく背徳感や、征服されている感じが強く、相手の力強さを感じる体位でもあります。

(3)騎乗位(きじょうい)

女性が上になってするスタイル、騎乗位。

男性は下なので、正常位に比べて疲労感が少なく、逆に女性にとって難易度は高めなスタイルです。

好きな人の割合としては、バックより少し少ないくらいです。

好きな理由には、

「自分で気持ち良く動ける」

「彼が気持ち良さそうにしているのを見るのもいい」

などなど。

ただ、騎乗位に関しては女性が動かなくてはいけないけど、動き方がわからない!ということで、嫌いな体位の筆頭でもありますよ。

(4)対面座位(たいめんざい)

このあたりから、

「えっ、どんな体位?」

という声が聞こえてきます。

対面座位は、座った男性の上に女性が向かい合わせに乗る形です。

「密着度が高くて好き」

「お互いに触れるからいい」

という声が、女性からはよく聞かれます。

騎乗位とは違い、男性が幅広く動けるので、その分気持ちいい!という本音もありますよ!

(5)側位(そくい)

側位は、2人が寝そべって向かい合った状態です。

最初は、ちょっとやりづらいな……という部分もありますが、慣れれば意外に大丈夫。

ただ、男女ともに勢いよく動くことはできませんので、中休み体位です。

側位に関して女性の意見は、

「彼と愛情を確かめ合う時間が持てる」

と歓迎する声が多かったです。

(6)立位(りつい)

「ヤダっ……立ったままなんて!」

な立位。

イイの、ヨクナイのという前に、体験したことがない女性も割と多いのが実際のところだったりします。

立位を体験している女性からは、

「立っていられないほどイイ!というところがイイ!」

という意見が聞かれるほか、自分の体重が下方に向かってかかるので、奥まで届いて気持ちいいのもホントのところ。

(7)背面座位(はいめんざい)

座位のバリエーション、背面座位。

イスなどに座った男性の上に、女性が同じ向きで座り、対面しない体位です。

どうしても深くはつながれない向きなのですが、反面、後ろから男性の手で愛撫してもらえる体位なので、

「後ろからの愛撫がすごく好き!」

という女性が一定数いるのです。

 

 3:男性が好きな体位はどれ? ベスト7

(1)後背位(こうはいい)

女性でもベスト2にランクインした後背位は、男性にも人気です。

後ろからヤっているという状態は、まず何よりも

「犯している感じがして興奮しちゃう!」

のが人気の秘密。

このほかにも、

「後ろから、胸を揉めるから」

というおっぱい好きからの支持率も高いです。

(2)騎乗位(きじょうい)

女性では、嫌いだという人も多い、騎乗位。

男性はとにかく騎乗位好きが多い! その理由は、

「見た目がエロい!」

「女性から支配されている気がする」

ということで、ちょっとMッ気のある男性を中心に、人気があります。

女性では、恥ずかしいので敬遠する人も多いですが、これだけ人気なら挑戦してみた方がいいかも。

(3)対面座位(たいめんざい)

対面座位を好きだという男性の意見としては、

「密着度が高くて、嬉しくなるから」

「キスすることができる、顔が近い」

「胸にキスできる」

などがありました。気持ち良さよりも、胸に対する執着を見せる男性が多かったのが印象的です……。

(4)立位(りつい)

男性によっては、これが一番興奮するという人もいます。

男性にとっての、立位の魅力とは?

「胸が触れる」

「特に鏡の前ですると、女性の恥ずかしがるしぐさが最高」

そして、特に男性が女性の後ろに立つ背面立位では、

「女性が振り向いてキスをしてくれる姿に興奮する!」

といった意見もありました。

(5)屈曲位(くっきょくい)

馴染みの少ない名前の体位ですが、これは正常位のバリエーションのひとつ。

男性の肩に女性が足を乗せ、女性の下半身を持ち上げる体勢になります。

「ただの正常位じゃちょっとね」という男性も満足しやすい体位と言えるでしょう。

男性の意見では、

「顔が見られるし、キスもできるから」

「愛し合っている感じがする」

といったような声があがりました。

(6)正常位(せいじょうい)

定番の正常位も、騎乗位ほど人気ではないものの、「いい!」と言う男性もいました。

「定番だけど、自分が好き勝手に動けるし気持ちいい」

「じっくりと攻められるから好き。彼女の表情も観察できる」

とスタンダードな体位は、スタンダードな意見が多いようです。

(7)背面騎乗位(はいめんきじょうい)

こちらも、あまり聞かない名前かもしれませんが、通常の騎乗位とは違って女性が男性に背中を向ける体勢になります。男性が下、女性が上という部分は変わりません。

この方向では、胸や顔は見られないので、おっぱい好きの評価は低いのですが、反面……男性の意見を聞いてみますと、

「お尻が最高!」

「女性が前屈みになってくれると、つながってるところが見えて最高!」

等々、特にお尻フェチの興奮した意見がたくさんありました!

 

 4:気をつけて!挑戦したけど失敗した体位3つ

(1)騎乗位(きじょうい)

なんと、結構よく聞くのが騎乗位での失敗談です。

こんなお話がありましたよ。

「騎乗位で、私が上になって激しく動いていました。そうしたら、腰がガキっと……そのまま激痛で動けなくなってしまって!

なんと、いいところでギックリ腰になってしまったみたいなんです!

彼にタクシーでホテルから送ってもらって……もう最悪でした」

ーーその彼とはその後どうなりましたか?

「絶対嫌われたと思ったのですが、次の日にお礼のメールをしたらまた会おうって連絡をもらえて、その後なんと長続きカップルになりました」

ーーすてきな彼でよかった!

(2)駅弁(えきべん)

男性が女性を抱えたまま、立ってする体位の駅弁。

当然ですが、女性の体重はすべて男性の手足が支えることになります。

いくら、ダイエットしている女性でも、健康体であれば体重はそれなりにあるものですよね。

これを支えるとなるとかなりのパワーがいります。しかも、エッチしながらとなると、当然失敗談は……

「エッチ中に落とされました!

彼の膝が崩れたので、彼も転びましたが、私がドシンと床に落ちた形だったので、お尻も背中も痛くて痛くて……」

ーーその彼とはその後?

「もちろん別れてしまいました。自分の力を過信していたのかわかりませんが、私のことを大事にしてくれていないのはよくわかったので」

体位による失敗が別れにつながることは少なくありません。

しかし、特に男性がアダルトビデオを見ているせいで、いろいろな体位に興味を持つことがあるのも事実です。

映像に出ている相手はプロだということを考慮し、自分に可能かどうかちゃんと考えて実行してくださいね。

(3)シックスナイン

愛撫し合う体位として、割とメジャーなシックスナインですが、これについては様々な失敗談が大放出でしたので、まとめてご紹介させていただきます。

女性から複数聞かれたのが、

「彼の顔をつぶした」

「彼が息できなくなった」

といった声でした。

何やらキナ臭いにおいがしますが、ここで男性陣の意見を聞いてみましょう。

「女性につぶされた」

「かじられた」

「何もしてくれなかった」

なんということでしょう!

顔面をお尻でつぶされたのは、まだいい方でした……。

女性の方も、男性の顔をお尻でつぶしてしまったのは、まずい!と認識しているようですが、男性から与えられる刺激によって、ついつい口の力が強くなってしまうと、男性にとっては一大事!

気持ちいいんだけど、なんとか頑張って彼に気持ち良くなってもらわなくちゃ!というケースで、かじってしまいやすいのでしょう。

最後の「何もしてくれなかった」というのは、彼女が気持ち良くて余裕がなくなってしまったのでしょうけれども、男性としては悲劇といえば悲劇。

でも……かじられるよりマシかもしれませんね。

 

 5:試してみよういろんな体位!

エッチの経験が少なかったり、年齢が上がるまで処女・童貞だったりする人が増え、いろいろな体位を体験する機会も減りつつあるような気がする昨今。

しかし、あくなき挑戦が男女の仲を深めるという一面も否定できません。お互いに気持ち良くなれれば、心がつながった気がして嬉しいのも事実ですよね。

今回ご紹介したものの他にも、体位は実にたくさんの種類がありますので、挑戦しやすそうなものから、いろいろと試してみてください。

ただし……中にはキケンなものもありますので注意して。