悲惨!クリスマスのお泊まりでラブホを避けたほうがいい理由7つ

もうすぐやってくるクリスマス。男性とデートをしたあと、ラブホテルにお泊まりしようと考えているカップルも多いのではないでしょうか? 悪いことは言いません。クリスマスのラブホは避けましょう。今回は、クリスマスにラブホテルに泊まってはいけない理由を紹介します。
  • Evernoteに保存

1:どこも混んでいる

「クリスマスにラブホテルを利用しようと思ったら、どこのホテルも満室で。ホテル街を女の子とふたりでさまようことになっちゃいました。寒いし、エッチな雰囲気はなくなるし、散々でしたね」(男性、25歳)

クリスマスの夜にエッチしたいと考えるのは、どのカップルも一緒です。「あそこも満室、ここも満室……」と、夜のラブホ街を徘徊するのは悲しいですよね。お泊まりする予定があるのなら、シティホテルなどを予約しておきましょう。

 

2:価格設定が高すぎ

「クリスマスのラブホは値段が高すぎるんですよ! 普段は6,000円くらいの部屋でも、クリスマスには13,500円くらいに高騰しちゃいますからね。需要があるとはいえ、いくらなんでも高すぎです」(男性、28歳)

需要が高まれば、値段も高くなる……。しかたがないことですが、クリスマスのラブホはビックリするくらいの価格高騰を見せます。「こんな高いなら、普通のホテルを予約すればよかった……」と後悔するカップルも少なくありません。

 

3:回転が速いので浴室が湿っている

「お客さんが次々と来るからなんでしょうけど、通された部屋の浴室が湿っぽかったことがあります。とってもイヤな気分になりました」(女性、26歳)

浴室の床が湿っぽい……。普通のホテルでもあまり喜ばしい状況ではありませんが、ラブホテルとは“そういうこと”をする場所ですから、余計に不潔に感じてしまいますよね……。前のお客さんの名残が残ってしまうのも、繁忙期であるクリスマスだからこその“汚点”ですね。

 

4:エレベーターでほかのカップルと鉢合わせる

「混雑していて、人の出入りも多いから、エレベーターに乗ったとき、ほかのカップルと鉢合わせる可能性が極めて高いのでイヤです。エレベーターの中で気まずい空気が流れるのは耐えられません」(女性、26歳)

普段は閑散としていることが多いホテルでも、クリスマスは人で溢れかえります。エレベーターに乗ろうとしたとき、ほかのカップルと鉢合わせたり、同乗するハメになることも……。「あっ、このふたりも今から……」なんて雰囲気が耐えられない人は、エレベーターの中で気まずい思いをするでしょう。

 

5:ホテル街を歩いているといつもより視線が厳しい

「クリスマスってそういう日ですから、ホテル街を歩いているだけでも、周りの人から向けられる視線が“痛い”というか、“厳しい”感じがするんですよね」(女性、25歳)

道行く人からの視線が耐えられないという意見もありました。ラブホ街を歩いているカップルを見ると、「あぁ、今からお泊まりなんだろうな」と思っちゃうのはしかたがありませんよね。そういう視線が嫌いな人は、ラブホでお泊まりを避けたほうがいいでしょう。

 

6:ロマンチック感がゼロ

「友達がSNSで“高級ホテルにお泊まり”とか投稿しているのに、自分がラブホテルだと悲しくなりますね。せっかくのクリスマスなのにロマンチック感がゼロです」(女性、27歳)

内装は豪華かもしれませんが、ラブホにはラブホならではの閉塞感がありまう。「友達は高級ホテルから夜景を見ているのに、自分は窓も開かないラブホテル……」。そんなふうに思ってしまうと、確かに悲しくなっちゃいそうです。

 

7:半端な時間に追い出される

「クリスマスはラブホ側もお客さんの回転をよくしたいから、“宿泊”のお客さんは23時以降チェックインとか、21時にチェックインしたら始発で帰ってくださいとか、変な時間に追い出されたりするんです。それがいちばんイヤですね」(男性、26歳)

せっかく女の子を口説き落としたのに「まだチェックインできません」なんて言われると、男性の努力も水の泡になってしまいます。混雑しているので、チェックインやチェックアウトが半端な時間になってしまうのも、クリスマスにラブホを使ううえで、不便なポイントだと言えそうです。

 

いかがでしたか?

彼が「クリスマス、ラブホでいいよね? 当日流れで探そうよ!」なんてふざけたことを言ってきたら、これらの理由を挙げて論破しましょう。今からでもホテル予約することは可能ですよ!