セフレと本命とのセックスの違いは?本命になれる女となれない女の違いも解説

「セフレとのセックス」と「本命とのセックス」って、やっぱり違うものなの……? セックス相手に感情を揺さぶられやすい女性に比べて、「カラダだけの関係!」と割り切れるのが男性は、相手によって“全然違うセックス”をしているようで……。その違いを恋愛心理カウンセラーの筆者が解説します。

1:なぜ女性がセフレを作るの?

女性がセフレを作るときの心理には、どのようなものがあるのでしょうか。

ひとつには、「ただ気持ちいいことがしたいけれど彼氏は欲しくない」、あるいは「彼氏は別にいるけれどもカラダを満足させたい……」というような、相手にセフレ以上のものは望まない心理があるでしょう。

もうひとつには、最初はセフレでもいいから相手と関係を結びたい……そして、最終的には本命に格上げされたい!という心理もありますね。

ところが、セフレから本命になるのって意外と大変。

男性のほうは、カラダの関係が結べれば、別に彼女とか面倒くさいし要らないや……と思っている人もいます。

また、元からそのような考え方ではなかったとしても、先にカラダの関係を結んでしまったら、彼女という存在が面倒くさくなってしまうということもあるでしょう。

彼女になりたいからとりあえずセフレになってみよう!という考え方には、難しいものがあります。

今回の記事では、セフレから彼女に昇格できる、できないの分かれ道についても言及します。

 

2:セフレと本命とのセックスの違い5つ

(1)そもそもセックスまでのデートが違う

セックスの違いと銘打ってありますが、そもそもセックスに至るまでのデートが違います。

セフレの場合は、デートと呼べるデートはナシ、食事やおしゃべりも必要ナシ、おごってあげるなんてありえない、いきなりホテルが当たり前……そんな男性が多いようです。

(2)前戯のあるなし・内容が違う

いわゆる本番セックスが始まる前に、前戯の時点で差が出ます。

最も大きく違うのは、男性が口を使って彼女のデリケートな部分を愛撫するかどうか。

特に女性の下のお口に関しては、

「本命ならかわいがるけど、セフレには絶対無理」

と断言する男性が多いものです。

(3)相手の様子に対する観察度が違う

前戯から本番セックスを通して、相手が感じているかどうかを、本命なら気に掛けるかもしれません。

しかし、相手がセフレなら、それを気にする必要はないと考えている男性が多いようです。

セフレが気持ちよくなくても、自分が気持ちよくなっていればそれでいいや、と思うのでしょう。

(4)自分勝手度が違う

相手がセフレの場合は、気持ちいいかどうかが気にならない……と言うとおり、セックスの内容についても、相手がどう思うか関係なく自分の好きなようにする、という男性の意見もあります。

悪くすると、

「本命にはとても試せないような体位をセフレに試す」

といったような証言もありますので、セフレは知的好奇心(?)を満足させるツールとしても使えるということでしょう。

(5)シた後にすることが違う

やはり、本命ならセックスをした後、お互いにかわいがったり、ピロートークを楽しむようなところもあるのですが、セフレにはその必要もないため、シた後はあっさり。

ちょっと休んだらすぐに服を着てサヨナラ、というような男性の態度はセフレに対するものですので、彼氏にこんな態度を取られているなら「セフレ扱い!」と怒って良いところですね。

 

3:セフレから本命になれる女となれない女の違い5つ

(1)言いなりor対等

男性とセフレになるということは、その男性が好きなのかもしれませんが、彼の言いなりになっているようでは彼女への昇格は難しいでしょう。

男性は、しっかりと自分の意見を言ってくる、ちゃんと考えている、頭の良い、知性を感じさせる女性を好みます。

セフレとして始まっても、ふとした会話で相手の知性を感じると、(彼女にしてもいい)と考えはじめますが、「おバカキャラの芸能人みたい……」と思ってしまうと、もうダメです。

(2)イライラするor安らぐ

一緒にいて、雰囲気や発言がイライラする女性は、彼女として選ばれることはありません。

やはり、セックスとその前後の時間だけでも、一緒に過ごすと安らぎを感じるような相手であれば、彼女になってほしいと考える様子。

(3)流され派or努力家

自分の環境や仕事に対して、ただ成り行き任せに流されているだけなのか、きちんとした理想を持って努力を重ねているかも、大きく影響します。

流されているだけの女性は魅力的ではありませんが、夢を持ち、努力をしている女性は、かたわらに置きたいと思うほど魅力的でしょう。

(4)連絡してくるorこない

実は、セフレの段階では、連絡してくる女性より、あまり連絡が来ない女性のほうが、彼女に昇格させたいと感じさせる効果があります。

男性は、恋愛も仕事も……といっぺんに考えることが苦手ですし、ほとんどが、頻繁に女性から連絡が来るようでは仕事に差し支える、邪魔だと感じています。

ですから、たとえセフレでもしょっちゅう連絡が来るような相手には、うっとうしさを感じることが多いのです。

逆に、めったに連絡が来ないようだと、今どうしてるかな? 俺のこと気に掛けてほしいな……等々の感情が生まれ、いつのまにか恋をしているようなことも。

また、付き合った後に適度な距離感を保てるほうが理想的だと考えている男性も、連絡頻度の低い女性に惹かれる傾向があります。

(5)カラダの相性がビミョウorいい

セフレともなればセックスは済んでいるわけですが、カラダの相性が普通とか、ビミョウといった相手に比べて、カラダの相性がいい相手は本命に格上げされる可能性があります。

この気持ちよさが手放せない!と思わせることができればアナタの勝ち!?

 

4:セフレから彼女になりたければ工夫が必要

セックスひとつ取っても、何の工夫もないセックスより、テクニックから感情面まで学んだセックスのほうが、「カラダの相性が良さそう」と感じてもらえます。

同様に、生き方ひとつとっても、彼女に昇格したいなら工夫が必要!

確かにセフレに対するセックスは、本命とは違うみたいだけれど、彼のセックスが変わったなら、本命に格上げの可能性もあるかも!?