好きな人へのLINEのきっかけ14選!LINEで好きな人ときっかけをッ

好きな人へLINEを送るときってドキドキしますよね。特に最初のきっかけがつかめなくて、「なんて送ったらいいのかわからないけど、話したい!」と家でひとり、悩んだことがある人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、LINEのきっかけをたくさん紹介します。このキッカケでLINEの会話を始めてみては?
  • Evernoteに保存

1:好きな人へLINEするきっかけにどんな話題がいいだろう?

(1)異性へのLINEはきっかけが大事!

異性とアドレス交換をするまではいいものの、そのあと、「最初に送るLINEで悩む」という人は結構います。ですが、このキッカケしだいで、相手への印象はガラリと変わるものです。最初こそ気合を入れて文章を考えたいですね。

キッカケさえつかめてしまえば、その後の会話は流れに任せるだけでOKです。とにかく相手との話を始めないことには、その先の関係性もありません。頑張ってキッカケ作りをしてみてくださいね。

(2)送りたいLINEと送ってもらいたいLINEを紹介!

でもこのキッカケを探すのが、なかなか難しいんですよね。と言うわけで、今回は好きな相手に送りたいLINEや、送ってもらいたいLINEを大調査してみました。

男性が受け取って嬉しいLINEを知れば、自分が好きな人に送るLINEの参考にできるでしょう。ぜひ、相手に好印象を持ってもらえるような、ファーストLINEを送ってみてくださいね。

 

2:好きな人へLINEするとき、きっかけにいい話題7選

まずは、きっかけとして最適な話題を聞いてみましょう。男性たちに、どんなLINEが来たら話しやすく、自然な流れになるかを聞いてみました。

(1)一緒に行きたい映画がある

「一緒に行きたい映画とかに誘ってもらうのは、いいきっかけじゃないですかね? 僕は映画を観るのが結構好きだし、映画の趣味が合うと、話も結構合うことが多いから。相手の性格とかも、どんな映画が好きかで判断しやすいし。

それに映画のあとは、自然な流れで軽く食事しながら会話とかもできるから、相手を知るためにもいいと思っています」(Hさん/28歳)

(2)「もっと〇〇君のこと知りたい」

「前にドキッとしたLINEがあって、グループラインで友達と一緒に仲良くなった女の子から、個別ラインの申請が来たんです。

OKしたら、“急にごめんね。もっと〇〇君のことが知りたいなって思って”って言われたんですよ。

これはテンション上がるでしょ!

自分のことを知りたいと思ってくれる相手を嫌いになることってそうそうないし。その子のこと、別に恋愛対象としてはみてなかったけど、このLINE以降はがっつり恋愛対象になりましたね」(Tさん/26歳)

(3)「仕事の相談に乗って欲しい」

「同じ職場だったりしたら、“仕事の相談に乗って欲しい”っていうのが最初のきっかけとしてはいいんじゃないかな? 男って頼られると、なんだかんだ言っても嬉しいものでしょ。僕も女の子からの相談なら、聞いてあげなきゃって気になるし。

もしそれが口実だったとしても、そのお礼にご飯って話になったら、それはそれで嬉しいからいいと思う。

ただ、仕事の相談に乗って欲しいっていいながら、仕事の愚痴ばかり言われるとちょっと印象は悪いかな。もっと前向きな相談にして欲しいって思います」(Wさん/33歳)

(4)「寂しいから遊んでくれない?」

「女の子なんだったら、“ちょっと寂しいから遊んでー”くらいの軽いノリでLINEしてくれると、こっちも楽に返信できますね。

もちろん誰彼かまわずそういうLINE送ってるんだったら、ちょっとめんどうな子だなって認識するけど、少しでも気がある相手だったら嬉しいですね。

寂しいときに思い出してくれたんだっていうのも、嬉しい理由かもしれないです」(Nさん/29歳)

(5)「PC選び手伝って!」

「今の彼女からの最初のLINEを思い出してみたんですけど、確か、“新しいPCを今度買おうと思うんだけど、よくわからないから手伝って!”ってLINEだったと思います。

僕はエンジニア系でPCには確かに詳しいから、“そこなら任せとけ!”って答えられて、嬉しかったのを覚えてますね。

相手の得意なこととかを質問するLINEは、きっかけとしてはかなりいいと思いますよ。実際、僕もそれきっかけで、彼女のPCを買いに行くのにつきあったのが初デートになったので」(Yさん/28歳)

(6)綺麗な夕焼け写真

「休みの日に家でボーっとしてたら、いきなり、話したことはないけどちょっと前に知り合って連絡先だけなんとなく交換した子から、キレイな夕焼けの写真が送られてきたんですよ。なんかすごく惹かれちゃいましたね。

そのあと、“今何してるの?”“今日の夕焼けはすごくキレイだよ”って来て、思わず外に出てみちゃいましたもん。

写真のセンスもあるなぁって思って、心がキレイな子なんだろうなぁって思いました」(Fさん/27歳)

(7)実家の猫写真

「最初に会ったときに猫が好きって話をしてたんですよ。それを覚えててくれたのか、実家の猫の写真を最初に送ってくれた子がいましたね。

その後も、猫の話題で盛り上がったので、動物とかのペット写真をきっかけに送るのはアリだと思います。

それ以外にも、僕が好きなダムの写真とか送ってくれたら、たぶん嬉しいだろうなって思うし。自分の好きなモノを覚えてくれてるってやっぱり嬉しいですよね」(Uさん/30歳)

 

3:男性からLINEされて、きっかけとして嬉しかった話題7選

では次に男性から届いて、きっかけとして嬉しかったLINEの話題を女性たちに聞いてみましょう。

(1)「おいしいモノ食べに連れてってやろうか?」

「ちょっと強がってる感じの男子だったんですけど、休みの前日の夜にLINEがいきなりきて、“明日って暇? 暇だったらおいしいモノ食べに連れてってやろうか?”って言われたんです。上から目線だなぁとは思ったんですけど、そこも含めてかわいいなぁって思って。

きっと素直に、“一緒にご飯食べに行きたいんだけど”って言えなかったんでしょうね」(Nさん/26歳)

(2)「この前のお礼がしたいんだけど……」

「職場の同僚の男性が、仕事中に疲れているみたいだったから、温かいカフェオレを差し入れに渡したんです。そしたら数日後の夜に“この前のお礼がしたいんだけど”ってLINEで連絡が来て。

私は自分の飲み物のついでに買っただけだったのに、ちゃんと覚えてて感謝してくれるっていうのが嬉しかったですね」(Fさん/27歳)

(3)「行きたいカフェがある」

「私が“先輩”って呼んで、仲良くしてもらっている友達の友達の男性がいるんです。その人からある日“行きたいカフェがある”ってLINEだけ来たんです。正直、だから何?って思って、“そうなんですかぁ”って返したら、“察しろよ! 俺ひとりだと恥ずかしいから、一緒に行ってくれるだろ?”って。

その人、見た目すごくイカついし、武道とかやってて超強い人なんですけど、かわいい面があるって知って、キュンってしちゃいましたね。もちろん奢りなことを確認して、即OKしました」(Kさん/29歳)

(4)「今〇〇観てる?」

「会社の同僚の男性と休み時間とかにおしゃべりしてて、私がお笑い芸人が好きだって話をしてたんですよ。それを覚えててくれたみたいで、日曜の夜に“今テレビ観てる? 好きだって言ってたお笑い芸人出てるよ”って教えてくれて。

正直、そのテレビを観られなかったとしても全然よくて。私の好きなお笑い芸人とか、ほんとうにサラッと言っただけなのに覚えてくれてたことに感動しちゃいました」(Mさん/31歳)

(5)「リンゴ好きだったよな?」

「最初のLINEが“リンゴ好きだったよな?”って言った人がいましたね。元彼なんですけど。

私リンゴが好きだったというか、一時期リンゴダイエットにハマってて、SNSとかで結構写真載っけてたんですよ。たぶんそれを覚えてくれてたんですよね。“実家からリンゴ送られてきたけどいらない?”って聞いてくれて。

それでリンゴを貰ったお礼にお茶して、そこから付き合いましたね。リンゴが繋いでくれた縁だと今でも思ってます」(Aさん/26歳)

(6)「今日行ったラーメン屋うまかったよ!」

「夜中に“今日行ったラーメン屋うまかったよ!”ってLINEが来たときには、正直驚きましたけど、たぶん本当に私にいちばんに伝えたかったんだろうなって思って、嬉しかったですね。

その人とは少し前の合コンで会って、連絡先交換してたけど、その後音沙汰なくて脈ナシかなって思ってたので。

でもたぶん、相手もきっかけがなくて困ってたんだと思います。ちょうど合コンのときに好きな食べ物はラーメンって話をしてたから、わざわざラーメン食べに行って報告してくれたんじゃいかって思ってます」(Wさん/28歳)

(7)「妹のプレゼント相談したいんだけど……」

「ありきたりかもしれないですけど、“妹の誕生日プレゼントの相談がしたい”ってLINEを送ってくれて、そこから話せるようになったときは嬉しかったなぁ。たぶん妹さんとはそんなに仲良くもなくて、別にいつもはプレゼントとか贈ってないと思うんですよ。

でもきっかけとして、何かないと不自然だからって、考えてくれたんだと思って。もちろん妹思いのお兄ちゃんだったら、それはそれで優しい人だなって思って惹かれますけど」(Uさん/31歳)

 

4:きっかけはなければ作れ!

最初の連絡に相応しいきっかけって、探してもなかなか見つからないときもありますよね。そんなときは自分で作ってしまってもいいのではないでしょうか?

たとえば相手の趣味を知っていたら、それに関する疑問をぶつけてみたり、相手の好物を知っていたら、おいしいお店を探して、実際に行ってみて、そのレビューを送ってみたり。

最初のきっかけで相手の心を掴むことが大切です。そのためには、多少の努力と勇気も必要かもしれませんよ!