風俗あるある!? 風俗嬢に聞いた「彼女いる男はこんなことしてる」10選

「彼女がいる男は風俗に行かない」、そう思っている女性も多いことでしょう。しかし、その考えは間違いかもしれません。愛する彼女がいるのに、一時の快楽を求めて風俗店に足を運んでしまう……そんな男性は少なくないのです。彼らは風俗店に行ってどんなことを行い、どんなことを求めているのでしょうか?

1: 彼女いるのに風俗に行く男って!?

(1)風俗嬢が「彼女アリ」な男たちの性癖を暴露!

<「彼女がいるけど、まだ付き合いたてで変態プレイを要求できないから風俗に来て欲望を発散しているって男性は結構いますよ。最近来た男性は、制服プレイをするために来てました」(ヒカリ、24歳/ヘルス)

「風俗に来る彼女持ちの男性って、優しい人が多いと思うんですよね。彼女は好きだけど、自分の性癖を満たすような変態プレイを求められないから、その性欲を発散するために利用しているというか……」(マユ、26歳/ヘルス)>

彼女がいても風俗に行く男性の心理。その多くは風俗に対して「彼女では発散できない欲望」を解消してもらおうとして、足を運ぶようです。

まぁ、確かに付き合いたての彼女に「オレ、制服を着たままエッチすると興奮するから着替えてくれない?」なんて言えませんよね。

彼女のことは好きだけど、そういう“プレイ”は要求できない……そんな捻じれた性欲を発散するために風俗店を利用する男性が少なくないようです。

(2)彼氏が彼女に内緒で風俗で「してること」「言ってること」とは?

<「彼女がいない期間が長すぎて、エッチじゃイケなくなった男性が“治療”と称して、風俗に来ていたことがあります。ちょっと嘘くさかったので本当かどうかはわかりませんけど、“彼女でイケない”という問題を抱えて、風俗に来る人も多いんじゃないでしょうか?」(ヒカリ、24歳/ヘルス)

「お風呂に入りながら、ひたすら彼女に対する愚痴を聞かされたことがあります。主にエッチ方面への不満でしたね。“疲れてるからと言ってさせてくれない”とか“マグロだ”とか、正直愚痴なんて聞きたくないですけど、まぁ、仕事なんで笑顔で聞いてます」(アヤハ、27歳/ソープ)>

彼女とのエッチに問題を抱えている、不満があるという男性が風俗を利用しているみたいですね。彼氏があなたとのエッチに不満を持っている場合、そのはけ口は風俗になってしまうことが多いようです。

お金もかかりますし、病気も心配です。エッチに関する不満やトラブルは、一度しっかり話し合いをしたほうがよいかもしれませんね。

 

2:風俗嬢に聞いた!「彼女いる男」が風俗でしがちなこと5選

(1)彼女のことを愚痴る

「“オレの彼女、エッチに消極的でさぁ”とか、“彼女だけじゃ性欲が解消しきれないんだよね”とかよく言いますね。グチグチ言われると、テンション下がるんでやめてほしいんですけどね。まぁ、彼女がいないブサイク男が強がりで言っている場合もあるので、なんとも言えませんが」(アヤハ、27歳/ソープ)

自称“彼女いる”男性がよく言っているのが、彼女の愚痴だといいます。

一番多いパターンは「お兄さん、カッコいいですね? 彼女さんとかいるんですか?」と“お世辞”を言ったところ、「いや~、いるんだけどエッチが下手くそでさぁ。欲求不満で来ちゃった」という流れなのだとか。

本当に性欲を持て余してきている彼女持ちの男性もいれば、カッコつけようとしてウソをついている男性も少なくないのだそう。

(2)要求が多い

「本当に彼女とのエッチに満足していない男性は、とにかく要求が多いですね。“あれして、これして”って、日ごろの不満を解消しようと思ってるのか指示が多いんです。もちろん、その指示通りに動くんですけど、まぁ大変ですよね」(アヤハ、27歳/ソープ)

彼女と“理想のエッチ”ができていない男性は、風俗嬢にその理想をぶつけているようです。普段彼女に言えず我慢しているようなプレイを、ここぞとばかりに要求してくるのだとか。

それが目的で風俗に来ているのですから、男性は楽しいでしょうが、色々と要求される風俗嬢は大変です。本音を言えば「風俗嬢だけど、彼女だと思って接してほしい」と思っている人も少なくないのだとか。

(3)謝罪

「よくわからないんですけど、“彼女いるんですか?”って聞いた後、“実はいるんだ、ごめんね”と謝罪してくる人が多いですね。正直“私に謝罪されても困るんだよね……”と思うんですが、あれは風俗嬢に謝っているわけではなく、彼女さんに謝っているんだと勝手に解釈しています」(ヒカリ、24歳/ヘルス)

彼女持ち男性からの「ごめんね」に戸惑っているというヒカリさん。確かに仕事でエッチなことをしているだけの関係ですから、お客さんの男性に彼女がいようといまいと関係ないはずです。

でも、彼女がいるとなぜか謝罪してくる男性はとても多いのだとか。

ヒカリさんの分析では、きっとその“謝罪”は風俗嬢に向けられたものではなく、その場にいない“彼女”への謝罪で、風俗を利用してしまった罪悪感から発せられる言葉だと思っているのだそう。

(4)自分本位なプレイ

「彼女とのエッチで解消できない性欲を発散しにくるわけですから、プレイはとっても自分本位ですよね。男性が好きなように動くんで、ちょっと姿勢が苦しかったり、乱暴だったりもします」(マユ、26歳/ヘルス)

彼女とのエッチでは発散しきれない欲望。それをぶつけられる風俗嬢はたまったものではありません。

いくらお仕事とはいえ、あまりにも男性が自分本位な行動をとると、気分も盛り上がらず、楽しくない時間になってしまうのだとか。

彼女とそんな自分勝手な態度でエッチをすれば、当然嫌われます。愛情と性欲の板挟みとなっている男性の気持ちを考えると、まぁ、仕方ない部分もあるかもしれませんね。

(5)念入りな消臭

「彼女がいるって言っている男性ほど、帰り際の消臭が念入りな気がしますね。うちの店は消臭スプレーが置いてあるんですけど、それを上着とかにめちゃくちゃ吹き付けてます。女ってニオイに敏感だから、彼女に風俗行ったことがバレないよう気を遣っているんでしょう」(ヒカリ、24歳/ヘルス)

『Dangdep!』でも、過去に「風俗に行っている男の見破り方」として“ニオイをチェックする”というテクニックを紹介しましたが、当然男性も風俗店のニオイに関して注意を払います。

ニオイに敏感な彼女が身近にいる……そんな男性は風俗嬢がビックリするくらい念入りに消臭をしてから店を出るのだとか。彼氏が身体中から消臭剤のニオイを漂わせていたら、逆に怪しいと思いましょう。

 

3:風俗嬢に聞いた!「彼女いる男」が風俗で言いがちなセリフ5選

(1)「浮気はできないからね」

「彼女がいるお客さんは、“色んな女の子とエッチしたいけど、素人だと浮気になるからダメなんだよね”ってよく言いますね。内心では“風俗は浮気にならないのかな”と不思議に思ってます」(ヒカリ、24歳/ヘルス)

素人の女の子に手を出すのは浮気だけど、風俗に行くのは浮気じゃない。そう捉えている男性は少なくないのだといいます。

女性からすれば、どっちも“浮気”といえそうですが、男性の中では“恋愛感情の有無”が浮気の基準になっているのかもしれませんね。

(2)「まだ遊びたいから」

「“彼女ができたけど、まだ遊びたいからさ”っていうのもよく聞くセリフですね。素人の女の子に手を出すと、スマホとかにやり取りの履歴が残るからバレる危険性があるけど、風俗店ならお店に来るだけですし、証拠が残りにくいんだと思いますよ。ちなみに、そういう男は結婚しても風俗来ると思いますよ」(ヒカリ、24歳/ヘルス)

男性が「色々な女性とエッチしたい!」と思うのは、ある程度仕方ないことではあります。しかし、女友達と浮気をすると、彼女にバレる危険もありますし、相手が本気になってしまいトラブルに発展する危険性もあります。

そんな男性から見ると、手軽にエッチなことができて、証拠も残りにくい風俗は“ちょうどいい”のかもしれません。

(3)「どうやったら彼女も上手くなるかな?」

「エッチなことをしている最中に、私の技術を褒めながら“どうやったら彼女も上手になるかな?”って言ってくる男は多いですね。“教えてあげなよ~”って答えてますけど、心の中では“彼女を風俗に入れて勉強させれば?”なんて残酷な答えを考えてます(笑)」(アヤハ、27歳/ソープ)

「自分の彼女にもこんなテクニックを身につけさせたい!」、プロ相手にエッチなことをしている最中、男性はそんなことを思うようです。

結局は自分好みに教えてあげるしか方法はないのですから、風俗嬢相手にそんなことを言っても意味はありませんよね。

(4)「早く彼氏作りなよ」

「一番ムカつくのが、“早く彼氏作りなよ”って言われることですね。お店ではいない設定ですけど、本当は彼氏います。自分が彼女いるからって、偉そうに言わないでほしいですね」(ヒカリ、24歳/ヘルス)

「私、彼氏いないんだ」という“営業トーク”を信じて、どうすれば彼氏ができるかを説明してくれる男性も多いのだとか。

恋愛の達人になったつもりかもしれませんが、客観的に見ると非常に滑稽なことですよね。あなたの彼氏が風俗嬢に説教していたら、本当の本当に最悪です。

(5)「名刺はいらないよ」

「風俗通いがバレるのを恐れてか、“名刺いらないよ”ってよく言ってますね。指名してほしいんで、名刺は是非とも受け取ってほしいところなんですが……」(マユ、26歳/ヘルス)

次回の料金が安くなったり、男性へのメッセージが書いてある名刺。最後に渡されて、受け取るのが普通なのですが、彼女持ちの男性はそれを断わることが多いのだとか。

まぁ、「風俗の名刺が見つかって大ケンカ!」なんて話はよく聞きますし、ちょっと注意深い男性なら、そういうことをするのかもしれませんね。

 

4:彼氏を風俗に行かせないためには

今回の記事を振り返ってみると、彼女持ちの男性が風俗店に行ってしまう理由は、「彼女のことが嫌いだから」ではなく、「彼女とのエッチに不満を感じているから」というものが、メインの理由になっているようです。

真面目な彼の中にも、人には言えないような性癖や欲望が詰まっているかもしれません。彼女として、その欲望を上手に開放してあげることができれば、男性も風俗のお世話にならくて済むのかもしれませんね。