気持ち良いセックスしてる?セックスが最高に気持ち良くなるコツ8つ

気持ち良いセックスしてますか? 今回は「彼とのエッチを最高に気持ちよくするコツ」を『初めてのオーガズム:26人のハツイキ告白』の著者 箱崎キョウコさんと、『キャバ嬢の淫乱的SEXライフ:こんなにスゴイ!』の著者でノンフィクションライターの秋田まちこさん監修でご紹介いたします。

1:気持ち良いセックスしてますか?

みなさんは気持ち良いセックスがちゃんとできていますか? 「彼氏となんとなくセックスしているけど、毎回気持ち良いわけではない……というか、最近あまりよろしくない」なんて女性も多いかもしれませんね。

最初のころは、工夫なんかしなくったって、ただするだけで気持ち良かったはずの彼氏とのセックス。

いつから、「ただなんとなくしているだけ」になってしまったのでしょうか。

ちゃんと問題を直視して、解決策を探すのが人間の知恵。「気持ち良いセックスをするためのコツ」をしっかり学んでいきましょうねっ。

 

2:気持ち良いセックスをするためのコツ8つ

(1)ドキドキする

最初のうちのセックスが気持ち良く感じられたのは、そこにドキドキがあったから! では慣れに慣れてしまった彼氏とのセックスで、ドキドキするにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、「恥ずかしい」と思うシチュエーションを演出することです。

いつも素っ裸をバーン!と見せていなければ、ただ「脱ぐ」というシチュエーションだって、ドキドキすることができます。

もうすでに裸をバーン!と見せてしまっているならば、もうちょっと過激なことをするか、それとも自分の気持ちを改めて、相手を知らない人だと妄想するなどの演技をしてみましょう。

いずれにせよ、どんな関係になっていたって、ドキドキするシチュエーションは作り出せますので、しっかりとドキドキしましょう。

(2)ドキドキさせる

「相手をドキドキさせる」というのも、自分をドキドキさせる方法として使えます。

ドキドキは伝染するからです。

男性が若い子が好きな理由がわかりましたね。ドキドキしてくれるからです。

自分がドキドキすれば、相手をドキドキさせられし、相手がドキドキすれば、自分がドキドキできます。

ドキドキは性的なドクドクに変化します。気持ち良いセックスの強い味方なんですよ。

(3)ちゃんとキスする

セックスのときに、ちゃんとキスすることができていますか?

キスは最初のころは「愛情の確認行為」であり、繰り返し求めるように、感情を込めて深く舌を絡めあったでしょう。しかし、セックスしちゃうと、あまりキスしなくなってしまうカップルも多いんですよね。

でも、口はとても気持ち良い性感帯。セックスに利用しない手はありません。

(4)気持ち良いキスの方法

セックス中に気持ち良いキスの方法は、「ねっとりと唾液をたっぷり使って、相手とトロトロになること」です。

唇や舌を突き出して、ややオーバーなくらいに、相手と接触する面を大きくするといいでしょう。

口と口でキスをする際には、「唾液の交換を意識する」というのもいいですね。

(5)気持ち良いセックスの体位

気持ち良いセックスの体位には、個人差があります。性器の位置は人それぞれ違うため、相手が違えば、気持ち良い体位も変わるでしょう。

ですが、どんな体位であろうとも、気持ち良さのポイントとしては、これも「接触する面が大きい」ことがあげられます。

なるべく彼の体と、あなたの体の接触が大きいほうが気持ちいいのです。

ここはAVに習えないいちばん大きな部分。AVの場合、男性と女性が接触しすぎると、女性の身体が見えず、購入者に低評価・辛口コメントをつけられてしまうというリスクがあります。

(6)気持ちいいセックスのリズム

ただし、いくら気持ち良くても、体と体が完全に接触してしまうと、動かすことができません。気持ち良くなるためには、セックスのリズムが必要です。

気持ち良いセックスのリズムは、トン・トン・トン・トン……と同じ拍子で機械的に刻まれるリズム。これが女性がセックスでオーガズムに達しやすいリズムです。

ために、トン・トン・どーん! トン・トン・どーん! ……のようないらぬ強迫をいれる男性がいますが、女性にとっては邪魔なだけ。痛いし。

彼にこの癖があったら、やんわり注意してやめさせましょう。

(7)体を大きく揺らす

気持ち良いセックスのコツとして、相手の腰のリズムは一定に保ちながら、女性側の体を大きく揺らしてもらう……というものがあります。

肩や腰など面積の大きいパーツを、男性の両手でガシッと掴んでもらい、彼が腰で刻むリズムと合わせながら、別のリズムで大きく揺らしてもらうのです。

「合わせながらも別のリズム」というのは、気持ち良いキスのやり方にも似ています。

同じリズムになると、接触と摩擦がなくなるのです。キスで言えば、彼が舌を右回転したとき、自分が同じスピードで舌を左回転したら、どんなに頑張っても合わさることはなく、ただ舌を回しているだけになって、気持ち良くないですよね?

そうではなく、ヴァイブレーションを感じられる、リズムとリズムの調和が必要なのです。

(8)「イッちゃダメ」と思う

これは精神的な話なのですが、とくに性的なことに関して、人間は心で「ダメ」と思うほど体は逆の反応をします。

なので、男性は「元気になろう、なろう」とするほど元気がなくなりますし、男性も女性も「イこう、イこう」と思うほどイケません。

逆に、「イッちゃダメ、イッちゃダメ」と思うとイキやすくなります。

なので、お互いに「まだイッちゃダメ」と言うといいのですが、全然イキそうにもなってないのにこのセリフを言われると、また途端に冷めるから難しい。

ポイントとしては、その前に、「すごい鳥肌たってるよ」とか「もうこんなになってる」とか、相手の興奮状況を説明するセリフを使って、「言葉と体のリンク」を作っておくことにあります。

 

3:まとめ

気持ち良いセックスのコツをご紹介しました。いかがでしたか? 早速今夜から、彼と一緒に気持ち良くなっちゃってくださいね。

 

最高に気持ちいセックスを楽しむ方法|PR

あなたは記事にあるような「最高のセックス」をできていますか? 最高のセックスというのは相性はもちろん、お互いが相手を喜ばしたいという気持ちが大事です!

毎回、同じようなセックスだと、彼はもちろん自分も飽きが来てしまうでしょう。そうならないためにも、時には彼の嗅覚を刺激し、いつもとは違う興奮でお互いセックスを思う存分楽しむのはいかがでしょうか?

他の香水と違い『リビドーロゼ』は、男性の嗅覚を刺激するように開発された香水です。

彼のエロいスイッチをONにして、本性をみるためにも、ぜひこの「リビドーロゼ」を使ってみてはいかがでしょうか?