恋に落ちる瞬間!「男性の恋に落ちる瞬間10選」既婚者男性も…!?

恋に落ちる瞬間にはどんなメカニズムがあるのでしょうか? 今回は「男性の恋に落ちる瞬間」を、『キャバ嬢とヤレる極意』の著者で恋愛ライターのナナミ・ブルボンヌさんと共にご紹介しましょう。
  • Evernoteに保存

1:男性の恋に落ちる瞬間から「恋に落ちるメカニズム」を知ろう!

ーーというわけで、今回のテーマは「男性の恋に落ちる瞬間」です。ナナミさん、よろしくお願いいたします。

ナナミ:よろしくお願いいたします。前回、沙耶さん(注・小川沙耶)も同じテーマで取材されていたようなので、負けないように頑張りますっ!

(1)恋に落ちる瞬間、男性の場合は?

ーー男性が恋に落ちる瞬間って、どんなときなんでしょうか?

ナナミ:ぶっちゃけたことを極論で言うと、ムラムラして「エッチしたい!」と思っているんだけど、それが叶わないとき。「エッチしない言い訳」を自分にするんですけど、それが「恋」。

ーー(笑)。わかるような気がします!

(2)恋に落ちた男性の態度はバレバレ?

ナナミ:だから、恋に落ちた男性の態度はバレバレですよ。

ーーそうなんですか?

ナナミ:やっぱり、「この人、私とエッチしたいんだろうな」というのは女性からしたら、よくわかるものですよ。胸を見た瞬間とかもバレバレだし。

ーーえー! そうなんですか?

ナナミ:そうですよ。そんなつもりはなかったとしても、チラッとでもそのそぶりがあったらわかりますから。本人よりも相手の女性のほうが、「この人、私のこと好きなんだな」って気が付くのが早いときもありますよね。

ーーそれってただの自意識過剰なんじゃないですか?

ナナミ:それをバカにされたように笑われたり、からかわれたりすると、男性の恋の一気に冷めるので、本当にそうなりますね。

でも、女性側が愛情をもって突っつくと、さらに男性は意識してしまう。そして本当に好きになってきちゃう。この違い。女性側の対応の違いです。

女性側が「自分アピール」寄りの態度になってしまうと、相手の男性は一気に冷めて「嫌い」に変わります。なので、もともとはそうじゃなかったのに、「好きじゃないのに、勝手に好きと勘違いしている」という自意識過剰状態ができあがってしまうのです。

 

2:男性が恋に落ちる瞬間5選

ーー続いて「男性が恋に落ちる瞬間」を5つ教えてください。

(1)ムラっときた

ナナミ:まず、ムラっときちゃったとき。「エッチしたい」=「恋に落ちた」ですから、ほとんどの男性は。

ーームラっとさせる方法はありますか?

ナナミ:露出を多くしたり、ボディタッチしたり。その中で恥じらうことが大事。あと隠す。自分で露出の多い服を着ておいて、見られないように隠す。

(2)かわいいなーと思った

ナナミ:あと、「かわいい」と思わせれば勝ち。男性はその瞬間、一気に「恋」を感じます。

ーー「かわいい」と思わせる方法は?

ナナミ:表情とか仕草とか喋り方で、だいたいいけます。これはアイドルやモデルなどをそういう視点で観察し、ひたすらマネればOKです。それを恥ずかしいと思ってはいけません。彼女たちはプロなので。自分の普段の動きのほうが恥ずかしいと思ってもいいくらい。デートのときはね。

(3)凄い子だな……と思った

ナナミ:「かわいい」とか、そういうのイヤだ。実力勝負したい!という女性ならば、「凄い」と思わせれば男性はそれだけで惚れてくれます。

ーーそれはどういうことですか?

ナナミ:仕事で凄い成果をあげたとか。会議で凄いことを言ったとか。そういうのでもいいのです。彼が「魅力的」だと感じることができれば。

ーーそれで「恋に落ちる」のでしょうか?

ナナミ:男性は「気になる」と「好き」の区別がつきませんから。「エッチしたい」と「好き」の区別がつかないのと同じくらいのレベルで。とりあえず、確実にデートはできるでしょうね。「凄い」と思わせれば。

(4)キスした

ナナミ:とりあえず最初のデートでキスくらいしておけば、だいたいの男性が恋に落ちますよ。

ーーそんな簡単なものですか?

ナナミ:キスすると、次はエッチしたいと思いますからね。「エッチしたい」が「好き」になりますからね。男性の場合。だから、いきなりエッチしちゃダメ。最初のデートで、キスはしなきゃいけないし、エッチはしてはいけない。

(5)見つめ合った

ナナミ:5秒くらいジーっと見つめ合ったら、だいたいの男性が恋に落ちますよ。

ーーそんな簡単なものじゃないでしょう!

ナナミ:だって、女性と5秒見つめ合うとか、そんな経験ないでしょう?

ーーない!

ナナミ:みんなやらないけど、やれば効きます。コレは。でも、5秒間見つめ合えるほどの目をしていないといけない。

ーー結局、目がかわいいってことですか?

ナナミ:そこは女性だったら、メイクでいくらでも目はかわいくできるし。あとは、どれだけ自分に自信をもてるかと、「5秒見つめるぞ」という意思をちゃんともてるかということ。ほかの女性の目とか気にしちゃダメ!

ーー確かにあまり目力強くしていると、同性から笑われそうですね。

ナナミ:友達とか、姉妹とか、親とかね。近いほどイヤがられる、笑われる。でも、関係の近い人に違和感を与えることって、関係の遠い人から見てセクシーなことだから。これをよく覚えておきましょう。

 

3:既婚者男性が恋に落ちる瞬間5選

ーー続いて、既婚者男性が恋に落ちる瞬間を5選お願いします。

ナナミ:えー。未婚男性と同じ! 以上。

ーー既婚者男性ならではのものをお願いしますよー。

(1)すべてを捨ててもいいレベルの女に会った

ナナミ:妻とか貯金とか地位とか、そういうのを捨ててでも手に入れたい女と会ったとき。

ーーそれはどういう女性なんでしょう?

(2)妻の弱点をカバーする女に会った

ナナミ:だいたいポイントがあるんですよ……。妻の弱点ね。そこをまずカバーする女性。そして……、

ーーそして?

(3)価値の高い、手に入りそうな女に会った

ナナミ:価値の高い女ですね。相手が差し出すものが大きくないと、体や心を許してくれない女。相手が差し出そうと思うためには、「手に入りそう」という部分も見えていないとダメなんだけど。

ーーエッチできそうってことですか?

(4)エッチがうますぎる女に会った

ナナミ:エッチに関してはね、彼からお金を引き出すならば絶対にさせちゃダメ。

ーーそういう話ではないですよ(笑)。

ナナミ:既婚者男性を惚れさす……のであれば、これも妻を遥かに超える実力を見せつける必要があります。妻にできないことを提供することですね。

ーーそれだとエッチだけされて遊ばれちゃう可能性がありませんか?

(5)嫉妬した

ナナミ:なので、嫉妬を使うといいですね。嫉妬は人間の感情の中でもトップレベルで大きいものです。そして、人間の行動のモチベーションとなるのは、感情ですから。

ーー既婚者男性が嫉妬するものなのですか?

ナナミ:既婚者ほど嫉妬しますよ。なので、既婚者男性が好きになったときこそ、どれだけその人のことが好きでも、一途にならずに、ほかの男性ともどんどん遊んでモテることです。それでいて、彼といるときは最高のイイ女になる。妻以上のね。そうすれば、彼は独り占めしようとしてきます。

ーー「既婚者男性を略奪する方法」を聞いたのではないのですよ(笑)。

ナナミ:すみません、熱くなってしまって(笑)! でも、既婚者男性なんて、相手の女性にその気がなかったら、つまり奪おうという気がなかったら、そんな簡単に恋に落ちないっていうことですよ。

ーーそんなもんですかね?

ナナミ:それでいて、「あなたがいるのにひどいわね……」とか言ってのけようとしますからね。泥棒猫女性は。みなさん、気を付けてくださいね。

 

4:恋に落ちた男性の態度は?

ーー恋に落ちた男性の態度を「もうバレバレ!」的な感じで見抜きたいのですが……?

ナナミ:女性だったら、みんなわかるんじゃないですかねぇ。

ーーそうでもないみたいですよ。

ナナミ:たとえば、チラッと見てくるとか、遠くから見てるとか、ガン見してるとか。目線はわかりやすいですよね。

ーー自意識過剰になっていませんか?

ナナミ:「目は口ほどにモノを言う」と言いますけど、やっぱりわかりますよ。「ちげーよ!」とか男性は口では否定するかもだけど。

ーーやっぱり自意識過剰というか、自信過剰なんじゃないですか?

ナナミ:「今見てたでしょ!」と意識させることで、好きになっちゃうっていう一面もありますけどね。

ーー見抜くテクなのか、惚れさせるテクなのか?

ナナミ:うーん。そこは難しいんですけど、「相手が好きかどうか見抜きたい!」って気持ちがあるときって、もうすでに、こちら側は相手に愛情があると思うんですよ。

ーー確かに。

ナナミ:「好き」ってことが上手に伝わると、相手も「好き」と思ってくれると私は思っているのです。だから極論を言うと、「片思いなんか存在しない」って。

ーー「片思いが存在しない」ってことはないでしょう?

ナナミ:「好き」の強さにもよるんですけど、相手のことよりも、まだ自分のことが好きだと、恥ずかしくって、うまく「好き」を伝えられないじゃないですか? 逆にちょっと隠そうとするから、変な態度になっちゃう。

ーー確かにそれはあります。

ナナミ:でも、自分のことよりも、とにかく相手のことが好き……それくらいまで好きになれたら、「目的は手段を正当化する」ことと「自己犠牲」の両方が発動して、相手にとって、すごく魅力的な存在になれるんです。

ーーうーん、なかなか難しいぞ?

ナナミ:簡単に言うと、男性の場合、自分でも「好きかどうか」なんて最後までちゃんとわからないんです。だから、「好き」を教えてあげるということが大切ってこと。

ーー「好き」を教えるって?

ナナミ:「私はあなたを好き」ってことと、「あなたは私を好き」ってこと。両方を「教えてあげる」必要がある。これは本当は女性なら誰でもできると私は思っています。素直な気持ちでいればね。

ーーなるほどー。最後になかなか深いっ!

 

5:男性が恋に落ちる瞬間は女性が作るもの!

ーーというわけで「男性が恋に落ちる瞬間」をテーマに、恋愛ライターのナナミ・ブルボンヌさんにお話を伺いました。ナナミさん、今日はありがとうございました!

ナナミ:ありがとうございました。

ーー結局まとめると、結論は「男性が恋に落ちる瞬間は女性が作るもの」ということですかね?

ナナミ:まあ、そうですね。そこらへんは、いくらでもコントロールできます。

ーー男性を恋に落とすのは簡単だと!

ナナミ:またぁ……(苦笑)。まあでも、男性はなかなか自分で気が付きませんから、気付かせてあげる役目を女性は担っています。「そんなのめんどくさーい」って女性が増えたので、男性は「草食化」とか言われちゃっているんですね。男性自体の性質は変わってないと、私は思いますよ。

ーーそこでいつものセリフをお願いします!

ナナミ:「男子ってみんな積極的で困っちゃうよねー(笑)」

ーーありがとうございました。

ナナミ:ありがとうございましたー。

 

【取材協力】

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。