「恋愛の悩み相談」誰にする?男子がよく相談する恋愛の悩み8個

今回は「恋愛の悩み相談」について、「男子がよくもつ恋愛の悩み」を『モテ女性になれるLINE恋活』の著者で非モテライターの塚田牧夫さんとともにご紹介していきます。
  • Evernoteに保存

1:恋愛の悩み相談って誰にする?

(1)やっぱり友達?

ーーというわけで、今回は「恋愛の悩み相談」がテーマです。女子は、同性の友達に相談すると思うんですけど、塚田さんのようなモテない男性は誰に相談するんですか?

塚田:そうですね。僕は男友達にもモテないですからね。そういう相談をLINEでするとイヤがられると言うか、既読にしからならないので。ブロックされたんじゃないかとか、いらぬ心配事も増えるので。

ーーでは女友達に?

塚田:女性の場合、女友達というか仕事仲間のはずなのに既読にすらならないですから……。沙耶さん(※小川沙耶)とかブルちゃん(※ナナミ・ブルボンヌ)とか。

ーー(笑)。八方塞がりですね。ではどうするのですか?

塚田:ズバリ、僕の場合はネットの掲示板などで相談してますよっ!

(2)掲示板で悩み相談するメリットは?

ーーほう……。掲示板? SNSではなく?

塚田:SNSだと僕だということがバレているので、結局誰も相談に乗ってくれないんですよ! 唯一頑張ってたTwitterは『LINE恋活』を出したときに担当者に消せと言われてしまったし……。

ーー(笑)それはなぜ?

塚田:「モテ本の著者がモテないとか言わないでください!」って。

ーー存在を完全に否定されてますね(笑)。

塚田:掲示板なら匿名で相談できるし、同じような悩みを抱えている同じような仲間がいて、みんな優しいんです。なので僕は、恋愛の悩み相談には掲示板を利用しますね!

 

2:男子がよくもつ恋愛の悩みって何?8個

ーーそんな掲示板を利用している塚田さんだからこそ、「男子がよくもつ恋愛の悩み」ってたくさん知っていますよね?

塚田:もちろん。身をもって体験していますからね!

ーーそれではさっそく教えていただきましょう。

(1)思っていることを素直に話すとイヤがられる

塚田:まず、女子に「自分が思っていることを素直に話すとイヤがられる」。もうなんか、場の空気が凍りついて、汚いものを見るような目で蔑まれますね。

ーーいったいどんなことを言うんですか?

塚田:普通ですよ、普通! 何がおかしいか自分でわかったら、悩みなんかしないんですよ!

(2)LINE交換してくれない

塚田:続いては「LINE交換してくれない」。せっかく勇気を振り絞ってお願いしているのに、「ヤダ」って。しょうがないので、ほかの人が交換するタイミングでお願いするようにしたら、少しは交換してくれる確率が上がりましたけど。ほとんど返信がないので、交換する意味がない!

ーーそれは切ないですねー。

塚田:この間なんか、ほかの人には教えているのに、僕だけ「ヤダ」って言われましたからね! イジメですよ、イジメ!

ーーもうそういうキャラになっちゃってますよね……。

(3)連絡先が聞けない

塚田:僕はまだそれでも連絡先を聞こうとするからいい方です。「本当はLINEとか交換したいんだけど、絶対に聞けない」という男子も多いですよ。

ーー断られるのが恐いんですかねー。

塚田:それは恐いですよ! 「あんな思いをするくらいなら、聞かないほがマシ」って思ってしまう気持ちはとてもよくわかります。

(4)彼女ができない

塚田:「彼女ができない」って悩む男子も多いですね。「彼女なんか、作って何が楽しいの?」とか「彼女いない俺、勝ち組」とか言っちゃう人たちも含めて。

ーーそういう人たちも彼女が欲しいんですかね?

塚田:彼らの高い理想が実現するなら、欲しいんじゃないですか? まあ、一生実現しないですけどね。

(5)彼女が浮気してるっぽい

塚田:「彼女が浮気してるっぽい」という悩み相談は盛り上がりますね。「やはり女なんて付き合うものじゃない!」と、彼女なんてできたことないような男子たちから、優しいコメントがたくさんきます。

ーー(笑)。それって相談した男性は癒されるんですか?

塚田:「浮気するような彼女でも、彼女がいる俺ってコイツらよりはマシだわ」と、浮気されているような状況でも優越感を感じることができますからね!

(6)女心がわからない

塚田:「こんなふうに言われたんだけど、どういう意味かな?」って悩み相談です。多くの場合、口説かれている感じ。これはもう悩みに見せかけた一種の自慢です。

ーー「女心がわからない」という本気の悩みを、男子がもつことはあるのですか?

塚田:最初からまったくわかってないですからね。5%の勝ち組男子だけですよ。女心を掌握しているのなんて。残り95%の負け組男子は、今さら「わからない」で悩むことはありません。それを悩み始めると、「なぜ男は女心がわからないのだろう?」という、哲学的な悩みになっちゃいますね。恋愛の悩みじゃなくて。

(7)デートがつまらない

塚田:「デートってヤツしてみたけど、クソつまらなかったわ」なんて悩みも、よく男子が周囲に漏らしがちです。これは強がりではなく、本音だと思いますよ。

ーー強がりとか自慢に聞こえますが……。

塚田:デートをおもしろいと思えないから、彼女もできないんですねー!

ーー塚田さんもデートとかつまらないと思う派?

塚田:その前にデートができないですね……。

(8)職場の年上女性に迫られている

塚田:「職場の年上女性に迫られているのだが、どうしたらいいだろう?」という悩み相談も、男子がよくするやつですね!

ーーなんか羨ましくも感じますけど。

塚田:みんな若いですからねー。「俺」と「彼女」の年齢やスペックを教えてくれて、どうすればいいかみんなでワイワイと話し合うわけです。

ーーどんな感じの結論になるんですか?

塚田:「つかまったら終わり」「やめておけ」系が多いですね。あまり「本当に好きなら」みたいな恋愛論にはならないです。うっかり「恋愛に年齢は関係ない」とか正論を吐くと、フルボッコにされることもありますよ。

ーーフルボッコ(笑)。なぜ!?

塚田:「そういうのいらない」という空気がありますね。「彼の幸せを本気で考えているのか?」とか「責任をとれるのか?」とか。とにかく相談者に優しい雰囲気です。

ーーそれは相談者に優しいのかなー……!?

 

3:男子だって恋愛に悩む?

「恋愛の悩み相談」について、男子がよくもつ恋愛の悩みを塚田牧夫さんとともにご紹介しました。いかがでしたか?

塚田さんいわく全体の95%くらい(それは言い過ぎだと思いますが……)いる、こういった普通の男子たちと恋愛するのは至難の技と言えそう。

残りの5%(もうちょっといるだろうけど)を取り合いになる女子たちが、恋愛でさらに悩んでしまうのは、しかたがないのかもしれませんね。