セックスでいけない…女がセックスでいきやすくなる方法と男がいけない理由

今回は「セックスでいけない」がテーマ。女性がセックスでいきやすくなる方法と、男性がセックスでいけない理由を、『初めてのオーガズム:26人のハツイキ告白』の著者 箱崎キョウコさんとともにご紹介します。

1:セックスでいけない女性は多い? いきやすい体になる方法5つ

ーーというわけで、箱崎キョウコさんです。本日は「セックスでいけない」をテーマにお話していただきます。

箱崎:ついに『Dangdep!』もそこまできましたか!

ーーあまり過激すぎることはやめてください、とのことです。

箱崎:ど、どうすれば!?

ーー気を取り直していってみましょう。まず「女性がセックスでいきやすい体になる方法」を教えてください。

(1)豆を触ってもらう

箱崎:まずですね、外でしかいけない女性が多いですから、そういう人はセックス中に、相手から豆を触ってもらうといいですよ。正常位がやりやすいですね。

ーーそれが下手な男性も多いのではないですか?

箱崎:そういうときは、もう自分で触っちゃいましょう。なかなかエッチな姿になりますので、相手も興奮できますよ。

(2)リズムを一定にしてもらう

ーーでもせっかくのセックスですから、中でいってみたいという女性も多いんじゃないですかね?

箱崎:慣れが重要です。慣れるまでは、彼に腰を動かすリズムを一定にしてもらいましょう。トン、トン、トン、トン……と。変にトン、トン、どーん! トン、トン、どーん!とか、リズムを付けさせない。グラインド(回転)もしない。

テクノやお経のように、一定のリズムを長時間刻んでもらうことが重要です。

ーー相手がもたないんじゃないですか?

(3)長い時間、彼に頑張っってもらう

箱崎:彼にひとりエッチのしかたを変えてもらうといいですね。セックスのような、上下の刺激でいくのをやめさせるんです。先端だけをいじるひとりエッチに慣れると、男性はセックスでいきづらくなります。

ーーそれはそれで困るんじゃないですか? 男性がセックスでいけない理由もあとで語っていただきますが。

箱崎:とりあえず今は、自分がセックスでいくことだけに集中しましょう。彼のことは、また対策がありますから。

(4)いっちゃダメだと思う

箱崎:あとは、心の問題もありますね。「いこう、いこう」とすると、逆に、なかなかいけなくなりますから、「いっちゃダメ」というシチュエーションを、自分の脳内で作るといいですよ。ほかの男性ではいけてたのに、今の彼氏ではいけない……というときには、とくに有効です。

ーーそういうムード作りを、男性がしてくれるとありがたいんですけどね?

箱崎:やっぱりそれができない男性だから、女性のほうも悩んでいるんじゃないでしょうかね。

(5)いってる女性をたくさん見る

箱崎:スポーツでもなんでも、上手な選手のプレイを何度も何度も繰り返して観察し、イメージトレーニングすることが重要です。セックスもそれと同じ。AVなどでたくさん「いってる女性の姿」を見ましょう。

ーー見ることで変わりますかね?

箱崎:変わりますね。やっぱりエッチな動画が好きって女性は、「いき上手」な人が多いです。

ーー単純に、そういう子はエッチだからじゃないですか?

箱崎:「好きこそものの上手なれ」って言うでしょう?

 

2:いけないと辛い?男性がセックスでいけないのは?理由5つ

ーー続いて、「男性がセックスでいけない理由」を教えていただきます。セックスでいってくれないと、女性は不安な気持ちになりますよね?

箱崎:そうですね。これは解消しないといけませんね。

(1)スイッチを押していない

箱崎:男性は、人によって違いますが「いくスイッチ」がどこかにあるんですね。女性よりもはるかにひとりエッチをしている回数が多いので、何かといくがリンクしているんです。ただセックスをするだけでは、そのスイッチが入らない男性は多くいますよ。

ーーいったいどんなスイッチなんですか?

箱崎:ちょっとあまり詳しく、具体的には、さすがに『Dangdep!』では言えないんですけど……。言える範囲で言うと、乳首とか。乳首を触られてないといけないという男性は結構います。

ーーなるほど。セックス中に乳首を触ってあげる必要があると?

箱崎:そうですね。このスイッチは本当に人によってそれぞれなので、彼の癖を探してあげる必要があります。どんな男性でも、絶対にいってしまうスイッチもあるのですが、

ーー……あるのですが?

箱崎:それは『Dangdep!』では言えません(笑)。

(2)ひとりエッチのしかたの問題

箱崎:先ほどの女性編でもお話しましたが、ひとりエッチのときに、どうやっていっているかで、セックスでいけるかどうかが変わります。先端いじりでいっているようだと、なかなか上下運動のセックスではいけません。

ーーこれは変えさせればいいのでしょうか?

(3)ひとりエッチの回数の問題

箱崎:そうですね。その前にます大切なのが、彼のひとりエッチを制限することです。しっかりと性欲を溜めさせなければ、いくことはできません。このとき、ひとりエッチさせるんじゃなくて、セックスをさせることができれば、そのいき方が癖になることもあります。

ーーなるほど。

箱崎:でも、すぐにいつもの習慣に戻ってしまうので、しっかりと回数を制限させてください。そもそもセックスで彼がいけない原因のひとつとして、「ひとりエッチのしすぎ」ということも考えられるからです。

(4)前戯が足りない

箱崎:彼がセックスでいけないのは、彼への前戯不足の可能性もあります。

ーー触られてばかりで、触ってあげない女性も多いですからね。

箱崎:男性はセックスだけでいくもの……と思い込んでいて、セックスの上達に興味がない女性は多いですよ。

(5)自分がいってない

箱崎:先ほどスイッチの話をしましたが、男子の「いくスイッチ」で多いのが、「女性がいく瞬間」です。なぜかというと、AVを見ていても、その瞬間にいくことにしている男性が多いから。癖になっているんですね。

ーーなるほど。

箱崎:なので、自分がセックスでいけるならば、彼もそれと一緒にいける可能性が高いのですが……。

ーーどうすればいいのでしょうか?

箱崎:コツは声の出し方ですね。徐々に声を大きくしていく感じで、盛り上がってきたら、大きな声を出していく。「いきそうっ」とか「い、いくっ……」とか最後に言ってあげれば、彼もいけます。

ーー演技すると言うことですか?

箱崎:いえ、コツは繰り返しなんです。男性がいくときには、1度ではダメで、「いくっ」とか、そういう言葉を繰り返しで聞きたいものなのです。で、そういう言葉を繰り返しで使っていると、自分もなんだかいきそうになることが多いのです。というわけで、演技といえば演技なのですが、これは自分がいくための方法でもあります。

ーーなるほど! ありがとうございました!

 

3:セックスで一緒にいくのは慣れれば簡単?

「セックスでいけない」をテーマに、「女性がセックスでいく方法」と「男性がセックスでいけない理由とその対処法」を箱崎キョウコさんに教えていただきました。

ーー箱崎さん、セックスでいくのは慣れれば簡単ですか?

箱崎:そうですね。1回できたら、あとはもう簡単にできるようになりますよ。そして、彼と同じタイミングでいくことも、結構簡単にできます。

ーーそれはラブラブな感じでいいですねー。

箱崎:一緒にいけると、彼が「この子との相性は最高だな!」と思って、手放せない彼女になれます。なので、ぜひ、この記事を何度も繰り返し読んで、いき上手のセックス上手になっていただければと!

ーーなるほど。ありがとうございました。

 

「毎日イキまくり!?」最高のセックスを楽しむ秘訣|PR

セックスでイクには、より気持ちのよいセックスをすることが大切。相手との相性も大事ですが、いつもとは違う最高のセックスを楽しむことができる簡単な秘訣を教えします。

それは「におい」で相手の嗅覚を刺激し、いつも以上に彼を興奮させること。欲情した彼にこちらも大興奮! 

その時に使用するのが『リビドーロゼ』。他の香水と違い『リビドーロゼ』は、男性の嗅覚を刺激するように開発された香水です。彼のエロいスイッチをONにして、本性をみるためにも、ぜひこの「リビドーロゼ」を使ってみてはいかがでしょうか?

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・恋愛コラムニスト。スポニチで『熟じゅく美魔女対談』を連載していた。現在は、育児にがんばる4児の母。「案ずるより産むが易し」がモットー。趣味はボルダリング。著書に『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』がある。