女のセックス!「女の求めるセックスとは?」赤裸々な体験談で語る

今回のテーマは「女のセックス事情」。女が本当に求めるセックスとは? 男女で異なるセックス観を、体験談を中心にご紹介します。

1:女のセックス事情は今……?

日本人のセックス離れ、とくに若者のセックス離れがメディアで取り上げられるようになって久しいですが、その間にもクラミジアが流行ったり、梅毒が流行ったり。

果たして免疫力が低下しているのか、モラルが低下しているのか。それともコンドームを買う経済力がないのか?(←それはない!) 要素が多すぎて、主たる要因を究明するのは困難ですが、セックスと上手に付き合えなくなっているのかなとも想像できます。

それでは、現代における女性のセックス事情はどうなっているのでしょうか? 真相に迫ります。

 

2:男女で異なる「セックス観の違い」3つ

まずは男女に「セックス観の違い」を浮き彫りにしてみましょう。

男性にとっての「セックス」とは?

1.女性の身体を使ってするひとりエッチ

「セックスとは、女性の体を使ってするひとりエッチ」タツヤ/26歳

ーーなんとも女性に怒られそうな意見です。

「オナホの代わりだろう……」

ーーそれはひどい!

「うちの彼女、マグロだからしかたない……」

2.ゲットゴール!

「セックスとは、ゲットゴール!」ツバサ/28歳

ーーセックスの先にも続く関係はあるでしょう?

「次のセックスまでのドリブル、パス。決めろロングシュート!」

ーーそれは同じ女性のゴールをまた狙うんですか?

「その場合もあるし、次の試合が始まることもありますね。やっぱりゴールまでが楽しいのではないでしょうか?」

3.愛こそがすべて

「セックスの、セックスによる、セックスのための、セックス!」カズ/25歳

ーー「セックスの」じゃないでしょう。あなた、セックスじゃないでしょう!

「愛こそがすべて」

ーーセックスは愛ってことですかね?

「親がセックスして、俺が産まれた。俺がセックスして、子どもが産まれる。その間にあるのはなんだと思います? 愛しかないでしょう」

女性にとっての「セックス」とは?

1.そんなことは語りたくない!

「そんなことを聞くのはセクハラじゃないですか?」ユミ/26歳

ーーいや、真面目なテーマなんです。男女のセックス観の違いを知ろうと思いまして。

「でも、そういうことは、あまり話したくないですよね。女性だったら、みんなそうじゃないかな」

ーーそうですかね?

「そういうことを話せるのは、特別な人だと思う。そして、その意見を載せるなら、それがスタンダードだと思われちゃう危険性もある。よくないことだと思います!」

2.女性の武器

「セックスとは、女性の武器」リサ/27歳

ーー武器になりますか?

「セックスをちらつかせることで、男性ってコントロールできますよね」

ーーなかなかエグいことを言いますね?

「もちろん痛い目にもあったし、それを通じて、うまくかわす術なども身につけていますけど」

3.好きな人との一体感

「セックスとは、好きな人との一体感を感じられるもの!」マナ/25歳

ーーなかなかステキな意見です。

「やっぱり一緒に気持ちよくなると、ひとつになっている感覚があります。ただ気持ちいいだけだったら、ひとりでもなれるけど、相手と一緒に気持ちよくなるのはまた違う快感。だから好きな人としかやる意味はない!」

ーー好きじゃない人とのセックスはどんな感覚ですか?

「好きじゃない人とのセックスは、最低の自己嫌悪!」

 

3:みんなの告白!女がセックスしたくなる瞬間5

続いて女性たちに「セックスしたくなる瞬間」を聞いてみました。

(1)愛情を感じたとき

「愛情を感じたとき。あ、この人、私のこと好きなのかも……?って思った瞬間にムラってくる!」ユナ/24歳

ーーあ、そういう意味? なかなかの肉食系ですね。

「ほかにどんな意味があるんですか?」

ーー彼氏が優しくて愛情を感じたとき……とかかと思いました。

「それはー、どうかなぁ。それもあるけど、なんか好きかどうかわからない関係で、好きって感じたときがいちばんグッとくる!」

(2)近いとき

「なんかのタイミングで、男の人がすごく近くに来て、なんかニオイはしないんだけど、空気がふわっと感じられたとき。ドキドキしちゃう」ユキ/26歳

ーーどんな男性でもですか?

「そんなわけないでしょ。ステキな人だったらですよ」

ーーイケメンにかぎると。

「イケメンじゃなくてもいいの! 私、あまりイケメン好きじゃないし。自分がステキだと思う人」

(3)お酒に酔ったとき

「お酒に酔うとエッチしたくなっちゃう。危険だから、外ではあまり飲まないようにしている(笑)」レイ/26歳

ーー家でもスマホですぐ連絡とれちゃうんじゃないですか? 誰かと。

「でももうスッピンだし、そっちを見られたくないって気持ちと、今からメイクするなんて絶対めんどくさいっていう気持ちのほうが勝つから、変なことはしない。ひとりでしちゃう。これが生活の知恵ですよ!」

(4)ひとりエッチが盛り上がったとき

「ひとりでいろいろ気持ちいいことしていると、だんだん誰かに来て欲しくなる(笑)」マユ/27歳

ーーエロいなぁ。それで本当に誰かに来てもらったことはあるんですか?

「LINEとかしちゃったことはある。でも、やりとりしているうちに、エロい気持ちは冷めていく(笑)」

ーーそっちに集中しちゃうのかもですね。

「それで結局、会いもせずに途中でスルーし、またひとりエッチに戻る。するとまだ来て欲しくなるんだけど、もう相手は怒ってる(笑)」

(5)危ういファッションのとき

「ちょっと頑張って、危ういスカートとかはいているときって、街に出てもドキドキしちゃう。実際にされたらヤダなんだけど、誰かに襲われることを想像して、どんどんドキドキしてくる」ユウコ/24歳

ーーでも実際に襲われたら嫌なんですよね?

「それは絶対にヤダ。考えられない」

ーー彼氏だったらOK?

「彼氏じゃなくても、デートしている相手とかだったら、いいかも。でもその人が変な人だったらヤダかも」

ーー変な人とデートしないでしょう?

「デートしてみたら変な人だったってこと、たくさんありますよー」

 

4:恥ずかしいけど……女がセックスに求めること3つ

続いて、女性たちに「セックスに求めること」を聞いてみました。

(1)適切な時間

「すみません。これは男性全員に言いたいんですけど、いいですか?」カナ/28歳

ーーどうぞ、どうぞ。

「なんであなたたちは、早いか長いかどっちかなの!? ちょうどいいっていうのはできないわけ!?」

ーー(笑)

「ありがとうございました」

(2)もっと話しかけて欲しい

「エッチ中に黙っている人、多すぎ! もっといろいろ話しかけて欲しい。黙々と腰を振られると怖いっ」ナツミ/25歳

ーー集中したいんじゃないですかね?

「私に集中してくれたらいいじゃないですか? それには会話も必要でしょう?」

ーーうーん、そうなのかな。話しかけられるのがイヤって女性もいそうですけど。

「黙々とひとりで頑張っているので、私も目をつぶって、別のエッチな妄想をするしかないんです……」

ーーそれも切ないですね。相手も相手で、別のこと考えているんじゃないですか?

「ひどすぎますよね! ふたりでする意味ないじゃないですか?」

ーーなんとか話し合って改善するしかないですね……。

(3)気持ちよくなりたいっ

「男子はセックスしたがるくせに、セックスが下手っ!」カオリ/30歳

ーー怒ってますねー(笑)。

「自信があるっていう男ほど下手っ!」

ーーそう言って、やりたいだけなんでしょうね。

「嘘つきは許さんっ」

ーー上手い人だって、中にはいるでしょう?

「たまにはね」

ーーそういう人と付き合ったらいいんじゃないですか?

「だいたい彼女がいたり、既婚者だったりですよ……」

ーーやっぱり回数をこなして上手になっているんですかねぇ。

「そうかも」

ーー自分で育てたらどうですか? 人がセックス上手に育てた男を取っちゃダメでしょう!

「頑張りますー」

 

5:2回目はない……女がセックス中にされて嫌だったこと3つ

続いては女性たちに「セックス中にされて嫌だったこと」を聞きました。

(1)フィニッシュが必ず手か口!

「現在進行形で彼氏のセックスでイヤなことでもいいですか?」マナミ/25歳

ーーどーぞ、どーぞ。

「フィニッシュが絶対に手か口なんですよ! なんなんですか? 私の身体じゃ満足できないってことなんですか?」

ーーでもエッチ自体はしているんですよね。

「しているけど、終われないってことですよね。私の身体じゃ?」

ーー彼氏にイヤだって言わないんですか?

「なんとなくは伝えているんですけど、盛り上がってくると絶対に最後はそうするんですよ。そっちのほうが気持ちいいからって」

ーーそういう癖ならしかたないかもしれませんね。

「将来結婚しても、子どもができるか不安ですよ」

(2)ビンタされた!

「初めてのエッチで、“気持ちいいか? オラァーっ!”とビンタされたことがあります。許せません!」シオリ/26歳

ーーそれはひどいですね!

「怖かったですよ。相手の両手首を抑えて、両足で下半身を狙って思いっきりキックしました。下半身には当たらなかったけど、お腹に当たって痛がってました。いい気味です」

ーーそのあと大丈夫でしたか?

「“何すんだ!”って怒ってたけど、こっちも顔を叩かれて頭にきていますから、髪の毛をつかんで、“オマエこそ何すんだ!?”とすごんでやりました。そのまま“傷害だよ!? これ? 警察行く!?”って怒鳴ったら、謝ってくれました」

ーーなかなか壮絶です。

「そのあとエッチしましたけどね。“2回目はないからな!?”と念を押しておいて。そんな状況でもちゃんとエッチできてたから、彼も大したものです(笑)」

ーーなかなかすごい経験ですね……(笑)。

 

6:女のセックス事情は欲求不満気味!?

というわけで「女のセックス事情」について、体験談を元にご紹介してきました。いかがでしたか? みなさん、どうにも不満を抱えているようです。今後、セックス上手な男性がもっと世に増えるように祈りましょう!

 

セックスの欲求不満を解決する方法|PR

女性のセックス事情は「総じて欲求不満気味」と最後に書いてありましたね。彼に対するセックスに満足できない部分は、あなたも多くあるかもしれません。

そんな不満を、とある香水で解決することができるとしたら……? まずは「におい」で彼の嗅覚を刺激し、いつも以上に相手を興奮させるのです。そうすることで満足度の高いセックスを楽しむことができる!

他の香水と違い『リビドーロゼ』は、男性の嗅覚を刺激するように開発された香水です。彼のエロいスイッチをONにして、本性をみるためにも、ぜひこの「リビドーロゼ」を使ってみてはいかがでしょうか?