彼氏が喜ぶかわいい甘え方10選!甘え方がわからない女性が上手に甘えるポイント

彼に甘えられます? 人によっては彼氏だとはいっても甘えている姿を見せるのは恥ずかしいと思っている人もいるかもしれません。ですが、男性たちは彼女に甘えられると喜びます。それが可愛い甘え方ならなおさら。ぜひ彼の喜ぶ甘え方を知って、甘えてみてください!
  • Evernoteに保存

1:彼にたくさん甘えてる?

彼にはたくさん甘えていますか? 甘えられないという女性も中にはいると思います。それはプライドの問題でしょうか? それとも彼に負担をかけるのが嫌だから?

もちろん下手な甘え方をしてしまうと彼に負担をかけることにもなりますが、少しは甘えてあげるのも彼にとっては良い負担になることもあります。そう考えると、「甘えたら悪いんじゃ……」なんて不安も減るのでは?

 

2:彼氏が喜ぶ甘え方のポイント7個

ここからは彼が喜ぶ甘え方のポイントを女性たちに聞いてみましょう。

(1)小さなお願い事をする

「甘えるっていっても値段の高いものをねだるとかってことじゃないと思うんですよね。“手をつなぎたいな”って言うのも甘えだと思うし、“ちょっと甘いもの食べたいー”って言うのも甘えだと思うんです。だから、小さなお願い事をたくさんして甘えるのが良いんじゃないかと思っています」(Nさん/26歳)

(2)甘えさせてくれたときには必ずお礼を言う

「甘えることが悪いことだとは思いませんね。逆に甘えて、そのお礼をしっかり伝えると彼はいつも照れたような笑顔を見せてくれるので、喜んでくれてるんじゃないかなって感じます。だからどんなに小さな甘えでも彼が叶えてくれたらお礼を言うのが大事だと思います」(Hさん/28歳)

(3)彼だから甘えていることを強調する

「誰にでも甘えてるって思うと男性って嫉妬するので、彼だからこそこんなお願いができるんだってことを強調しつつ甘えるようにしていますね。それで、甘えさせてもらえたときには、“やっぱり〇〇君は最高だね!”って褒めるのも忘れないようにしています」(Fさん/27歳)

(4)我慢している姿を見せつつ……

「いつも甘えている女性ってあんまり好きじゃないというか、自分の美学から外れるので、普段は我慢している姿を見せるようにしてますかね。もちろんわざと見せるときと、そうでないときがありますけど。

それで、彼がその我慢に気づいてくれて“〇〇する?”って提案してくれたときには“良いの!?”って喜びを最大限に伝えます」(Iさん/29歳)

(5)ピンポイントで甘える

「甘えすぎると彼も喜んでくれなくなると思うので、甘えるときはピンポイントで甘えるって決めた日とかにしていますね。そういう日はデートの前から“今日は仕事でストレスたまってるから、甘えちゃう!”って宣言しちゃうと良いと思います。それなら彼も困惑したりしないと思うので」(Gさん/30歳)

(6)男を頼る甘え方をする

「甘えるなら男の人だからこその甘え方をしてあげると喜ぶんじゃないでしょうか? たとえば力仕事をお願いしたりとか、爪が長くて缶を開けられないのを頼んだりとか。

そうすると女性っぽいひ弱さ? みたいなものも相手に伝えられるので男性は“頼られてる”って気持ちになってくれると思います」(Kさん/28歳)

(7)甘えてもダメな時はすぐに引く

「甘えるときの最大の注意点だと思っているのが引き際です。とりあえず自分がして欲しいこととかを伝えてみて、でもダメならすぐに引く。そうしないとタダのワガママ女になっちゃいますからね」(Oさん/32歳)

 

3:夜も…!ベッドで彼を喜ばせる甘えテク3つ

ここからは夜のベッドで彼を喜ばせる甘えテクニックを紹介していきます。

(1)だっこして

まずは女性が一度はやられてみたいお姫様だっこを要求する甘え方です。お姫様だっこが大変そうなときには、「服、脱がせて」とささやいて相手に体を委ねてしまうのも良いでしょう。

男性はこういうちょっと幼い感じの行動をされると「しょうがないなぁ」といいつつも、キュンとしてしまうことも多いものです。

(2)ギューってして

ベッドでは最大限に寂しさや愛しさを表現することも大事です。エッチの前や後などに「ギューってして」と言いながら抱きついてみるのも良いでしょう。

彼が離れてしまいそうなときに不安そうな表情で彼の体の一部を引っ張って「そばにいて」というのも男性がキュンキュンしてしまうシチュエーションです。

(3)動けないから飲み物とってー

エッチが終わった後には、気持ちが良くて大満足なことを伝えると男性たちは喜びます。そしてそれを間接的に伝えるための甘え方が「のどか沸いたけど、動けないよぉ」と言って「飲み物とってー」とお願いする甘え方です。

「自分でとれよ」などと言われても、「だってー、力が入らないんだもん」と恥ずかしそうに言えば、彼は喜んでくれるでしょう。

 

4:甘えるのも彼へのご褒美!?

甘えることは悪いことだと思っていませんか? 悪いこととまでは思っていなくても、彼に負担をかけたくないと思って甘えられないでいる人もいるかもしれません。

ですが、男性は適度に甘えられた方が喜びを感じることもあるんです。無茶を言わない程度の甘えは彼の愛情をもらうためにも必要な行為。甘えることも彼へのご褒美になるくらいの気持ちで甘えてみてはいかがでしょう?